さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (34)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (39)
観光 (15)
医師 (13)
落語 (12)
区長 (11)
札幌人図鑑

2020年02月18日

第1690回 EverZOne KEIさん・SASUKEさん・HIROKIさん

去年は茨城、福岡、仙台、大阪、千葉、北海道と、単独ライブで初めての全国ツアーができた。年末には15周年のアニバーサリーアルバムもリリースできたし、オンラインサロンも始まった。今後目指すはやっぱり紅白!と力を込めます。今日のゲストは札幌発のアイドルユニット「EverZOne」のKEIさん、HIROKIさん、SASUKEさんです。「大好きな女優さんに会いたくて」「ストリートダンスがやりたくて」「ロックバンドに憧れて」などなど、アイドルになった動機は様々。出会った頃は想像もつかなかったけど、今年は16年目になる。スタート当時からファンという学生さんが、今では子連れでライブに来てくれることも。これからも北海道を拠点に活動を続け、全国のファンを北海道に呼べるようになりたいと語ります。



EverZOne オフィシャルWeb


  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)音楽人

2020年02月17日

第1689回 MENTO LEATHER / 革職人 水野公博さん

流行に左右されない、シンプルでスタンダードなデザイン。その中にさりげなく自分らしい色を加えるなど、遊び心も大切に制作している。オリジナルのオーダーを受けたときはヒヤリングをしっかりと。まだマニアックなブランドだけど、将来は札幌の人がみんな知ってるようなブランドにと力を込めます。今日のゲストは、MENTO LEATHER / 革職人の水野公博さんです。妻が自分の誕生日に買ってくれた革製の財布が1日で壊れた。店に電話すると、交換はできない、修理するなら修理代がかかると言われて唖然。いい値段がしたのに、こんなものかと腹が立った。すると実家近くのお店で「革職人募集」の張り紙を見つける。直感で「これだ!」と思い、弟子入りを申し出たと振り返ります。



MENTO LEATHER Web


  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)専門職手作り

2020年02月11日

第1688回 札幌凧の会 代表 田中光夫さん

毎年正月に干支の連凧を揚げ、今年で43回目。2000年に2000枚の連凧を揚げたのが自身の記録。凧が揚がると感動するし嬉しい。この面白さを自分だけじゃなくみんなで!と力を込めます。今日のゲストは札幌凧の会代表の田中光夫さんです。札幌の高校を卒業後、テイネオリンピア遊園地に就職。仕事はスキー・ゴルフ・遊園地と一年を通して楽しく忙しかった。ある日上司から、イベントの目玉としてタタミ10畳分の大きな凧を揚げるという指令が。どうするといいか途方に暮れつつ、本州から専門家を呼んで制作。不安だったが1回目でみごと成功。これはスゴイ!面白い!と改良を重ね、オリジナルで連凧を作り始めた。その後会社を辞め凧作りに専念。「青雲」のコマーシャルの元ネタになったり、海外から招待されたり。凧と出会って思いがけなく楽しい人生と振り返ります。



札幌凧の会 Twitter


  

Posted by 福津京子 at 09:07Comments(0)ものづくりパフォーマンス

2020年02月10日

第1687回 管理しない管理栄養士 秋山真敏さん

唐揚げ・卵・マヨネーズ。食べちゃいけないと思っていたものが大丈夫だったり、外食の店を選ぶときに感じていたストレスから解放されたり。健康管理にもパーソナルトレーナーをと語ります。今日のゲストは管理しない管理栄養士の秋山真敏さんです。自分自身、小さい頃から入退院や早退ばかり。体調不良を抱えた人生だった。高校時代は陸上部に所属したが、どれだけ練習しても成績が上がらない。見かねた顧問の先生から「おまえは栄養の勉強をしろ」と言われたのをきっかけに栄養士を目指す。大学で学び大学院でも学び卒業後は大学病院に勤め、それまで学んだあらゆる方法を試すが改善されず。毎日昼食代わりに点滴しながら仕事をしていると、ある先生に「あなたは栄養失調だ」と言われ愕然としたと振り返ります。



秋山真敏さん Web

  

Posted by 福津京子 at 09:09Comments(0)サムライ業

2020年02月04日

第1686回 ビットスター株式会社 代表取締役 前田章博さん

仕事は中小企業のホームページから、テレビのニュース速報まで。デザイナーやプログラマーなど様々な業種の社員を100人抱えている。ミッションはITで「困った」を「良かった」にすることだと語ります。今日のゲストはビットスター株式会社代表取締役の前田章博さんです。札幌平岸高校時代は放送部に所属。NHKコンクールに出品する作品の台本作りの際、審査員の印象を良くする狙いで初めてパソコンを使ったのがコンピューターと向き合うきっかけ。25歳で開業し夢中で仕事にのめり込んだが、コンピューターを朝から晩まで触るうちに急に離れたくなる事も。そこで26歳からヨットを始め、小樽マリーナに船を持つように。自力で海外旅行をした事もあると笑います。



ビットスター株式会社

  

Posted by 福津京子 at 10:15Comments(0)IT系

2020年02月03日

第1685回 株式会社インフィニット ループ 代表取締役 松井健太郎さん

システム会社勤務から独立、フリーのプログラマーになると「ブラウザ三国志」が大ヒット!現在主力になったスマホ向けのゲームなどは規模が大きくなり、100人がかりで2年もかけて作る時代。作るのは大変になったが、VRは最後のフロンティアだと語ります。今日のゲストは株式会社インフィニットループ代表取締役の松井健太郎さんです。会社員時代、4〜5人の小さな会社だったので社長業を間近で見られたのはいい経験だった。実は退職してフリーで仕事をするまでの間、お金も時間もあるからとバイクで日本一周の旅に出た。自分の仕事はどこに住んでいてもできる仕事。気にいる場所が見つけられたら移り住んでもいいと思ったけれど、かえって札幌の良さがわかったと振り返ります。



株式会社インフィニットループ

  

Posted by 福津京子 at 08:57Comments(0)IT系

2020年01月28日

第1684回 NPO法人ほっかいどう学推進フォーラム 新保元康さん

たとえば雪をテーマにした授業。雪による恩恵や除排雪などを学び、英語で発表してみてはどうか。ビデオクリップや副読本など、子供達が北海道を学ぶ教材を作りたい。忙しい先生たちのお手伝いにもなるはずと語ります。今日のゲストはNPO法人ほっかいどう学推進フォーラム理事長の新保元康さんです。昨年春まで小学校の校長を11年勤めた。在職中はITを使った学校経営に力を入れてきた。先生たちはめちゃめちゃ忙しいのに、勉強することがたくさん。そんな先生たちに情報を届けるためにはITの力が必要だと思う。誰かが変えていかなくちゃいけない。簡単ではないが道はあると語ります。



NPO法人ほっかいどう学推進フォーラム

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)NPO