さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。現在は札幌の魅力ある人材を動画で毎日配信するのがライフ&ライスワーク。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行っています。 Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。
2015年11月よりJCOM札幌にて番組化されました。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
カテゴリ
NPO (28)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (12)
札幌人図鑑

2016年07月29日

第1180回 北海道・さっぽろ旭山音楽祭 岸田春樹さんと頌子さん

市民手作りで開催して29年。一般公募で集まった歌好きの市民が合唱団を結成。雪の降る頃から練習を重ね、毎年このステージに立つことを生き甲斐にしている方も多数。今年は旭丘高校の合唱団と啓明中学校の吹奏楽部も参加し花を添えてくれる。札幌の夜景と豊平川の花火をバックに歌う姿をぜひ見に来てと語ります。今日のゲストは第29回北海道・さっぽろ旭山音楽祭を主催する「さっぽろ旭山うた祭りの会」岸田春樹さん、頌子さんご夫妻です。プロモーターの春樹さんと声楽家の頌子さんが札幌へ移り住んだ場所は旭山公園のすぐ近くだった。夏のある夜、普段では見られない大勢の人たちがぞろぞろと旭山公園の方へ登っていく。何があるのかとついて行ったら豊平川の花火大会を見に行く人の群れだった。あんなに沢山の人が一緒に花火を見るだけで、帰ってしまうのはもったいない。そこに音楽があれば素晴らしいんじゃないか。そういう頌子さんのアイディアを聞き、春樹さんがプロモートしたと振り返ります。



第29回北海道・さっぽろ旭山音楽祭

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)音楽人まちづくり

2016年07月28日

第1179回 ススキノの小さな呑み屋 ししドア 宍戸和久さん

10人も入ればいっぱいのカウンターだけの呑み屋さん。以前は自分の好きなソウルミュージックをかける事が多かったが、縁あって3年前から風間さんというシンガーソングライターに流し形式でライブをやってもらうように。すると音楽のジャンルも広くなり、お酒と会話と音楽を純粋に楽しめる大人の空間になったと語ります。今日のゲストはススキノの小さな呑み屋「ししドア」マスターの宍戸和久さんです。ススキノ生まれでススキノ育ち。父は床屋だった。営業職のサラリーマンで全国あちこちへ転勤。いつか定年を迎えたら地元へ帰り、ススキノで小さな呑み屋をやりたいと思うように。どうせなら定年と言わず、少しでも元気なうちにと決心したのが48歳。店のやり方なんてわからなかったので、当時すすきの観光協会と札幌市が共同で行っていた地域活性化のカリキュラムに参加。座学に加え2週間の実習があり、紹介された先がBAR一慶だったと振り返ります。



ススキノの小さな呑み屋 ししドア Facebook

関連:第452回 BAR一慶 本間一慶さん

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)飲食店

2016年07月27日

第1178回 ウタウカンパニー株式会社 木野哲也さん

大友良英さんが札幌国際芸術祭(SIAF)2017のゲストディレクターに就任したことを記念して、SIAF2017プレ企画となった「さっぽろ八月祭」。今年は市民のみなさんから「札幌にまつわる言葉・フレーズ」を募集し、それを基に大友さんが作詞・作曲。今年の八月祭で発表する。みんなでつくる、まちのお祭りにふさわしい「さっぽろ八月祭音頭(仮)」が誕生するのでぜひ遊びに来てと語ります。今日のゲストは札幌国際芸術祭2017バンドメンバーで、ウタウカンパニー株式会社代表プロデューサーの木野哲也さんです。日頃はイベント企画や制作・運営の仕事をしている。アートや音楽を絡めたものが多い。中でも TOBIU CAMP は北海道白老町飛生の小さな廃校と周囲の森を舞台とした一夜の物語。地域おこしのイベントに、年々多くの若者が集まってくれるようになったと振り返ります。



SIAF2017プレ企画「さっぽろ八月祭」

TOBIU CAMP


  

2016年07月26日

第1177回 しげぱんオーナー 立原茂さん 

チェダーチーズとハムを挟んだクロックムッシュは「かまやつ」、とんかつを丸ごと1枚使ったカツサンドは「泰徳」など、お客さんのリクエストに答えたユニークな名前のパンが並ぶ。業界の常識を覆す「夜のしげぱん」をオープンすると、ススキノで飲んだ後のお父さんや仕事帰りのお姉さんにも大好評だと語る。今日のゲストは「しげぱん」オーナーの立原茂さんです。パン屋さんの家に生まれ、子供の頃から店を手伝ってきた。高校時代はバンドに夢中。音楽がやりたくてススキノのライブバーで働いた。その延長でカクテル作りを覚え憧れのオーナーの下で働いていたが、ある時期自分を見失い、自分の力を試そうと友人の紹介で上海へ。食べ物と離れた仕事をする中で、現地で人気のパン屋さんのパンを食べ「自分の方がおいしいパンが焼けるのにと感じた」と振り返ります。



しげぱん Web


  

Posted by 福津京子 at 10:20Comments(0)食関係

2016年07月25日

第1176回 アルコール問題対策委員会委員長 新藤 利一さん 

学生主体で委員会を立ち上げ、10060名の署名と要望書を北海道議会へ提出。翌日に議会に掛けられ、2015年に全会一致で「飲酒運転根絶条例」が制定された。きっかけは2014年に小樽で起きた飲酒運転による女性ひき逃げ事件だと振り返る。今日のゲストは北海道大学医学部医学科6年、アルコール問題対策委員会委員長の新藤利一さんです。どうやったら飲酒運転による事故がなくなるだろうと調べていくうちに、大学生で事故を起こす人も多いことを知った。実は自分は下戸なのだが、無茶な飲み方をする学生を見るたびにハラハラ。学校側から規制を呼びかけられてはいるが、学生の中で起きている問題なのだから学生が声を上げるべきだと考えた。強制飲酒で学生が亡くなるという痛ましい事故もあった。酔った人を放置せず、介護法を知っていれば助かったかもしれない。委員会ではそんな啓発活動も行なっていると語ります。



アルコール問題対策委員会 Facebook

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)大学生

2016年07月22日

第1175回 北海道大学 URAステーション 江端 新吾さん

あらゆることをシミュレーションして北大をデザインするのが仕事。他の大学より進んでいると言われているのが、イノベーション人材育成の拠点の構築、設備リユース「設備市場」、試作ソリューション部門など「共用」という点だと語る。今日のゲストは北海道大学URAステーション主任URA、グローバルファシリティーセンター副センター長の江端新吾さんです。大学時代、自分のレポートを教授に酷評され怒り心頭。ギャフンと言わせてやろうと寝ないで研究した結果、「やればできるじゃないか。ドラフト1位だ!」と言われたのがいい思い出。結果を出すまで諦めないという気持ちが強くなったと振り返ります。



北海道大学URAステーション

北海道大学グローバルファシリティーセンター

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)研究者

2016年07月21日

第1174回 国際結婚ママ会代表 蛭川愛絵さん 

国際結婚をして、ハーフの子のいるお母さんのコミュニティーを立ち上げた。フェイスブックに非公開グループでページを作ると全国から260名、札幌は30名が口コミで登録。学校でいじめにあった時「ハーフじゃないからママにはわからないと言われた」など、国際結婚ならではの悩みを打ち明けられると語ります。今日のゲストは国際結婚ママ会代表の蛭川愛絵さんです。夫の就業にまつわるような話から、夫婦両方の母語を話せるように育てるにはといった教育問題まで。ネット上だけではなくバーベキューパーティーやハロウィンパーティー等を企画して、お父さん同士、またハーフの子供同士のコミュニティー作り。札幌に住む外国人は1万人と聞くので、悩める国際結婚ママはもっとたくさんいるはずと語ります。



国際結婚ママ会

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)子育て