さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。現在は札幌の魅力ある人材を動画で毎日配信するのがライフ&ライスワーク。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行っています。(第1211回以降の編集は水上志乃さんが担当しています)2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にて番組化され、現在は月・火・水の放送です。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。
カテゴリ
NPO (30)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (15)
札幌人図鑑

2016年12月07日

第1237回 鳥人間 小水弘大さん

幅30.98m×長さ8.44m、重量…37.5kg。これが日本最北端の鳥人間チームが作り上げた機体。制作メンバーは極寒の中、手袋なしでヤスリがけをするなど過酷な製作環境を乗り越えてきた。パイロットの自分は30度に暖めた室内でウインドブレーカーを着こんでトレーニング、灼熱の琵琶湖対策と体の軽量化を図り、身長171cm体重54kgでコンテストに出場。目標を大きく超える2キロ弱飛行し、5位に入賞したと語ります。今日のゲストは北海道大学人力飛行機製作サークル「ノーザンウイングス」元パイロット、鳥人間の小水弘大さんです。人力だけで飛行機を飛ばす「鳥人間コンテスト」をテレビで見て子供の頃から憧れていた。北大に進学して、鳥人間のサークルがあることを知り即決!アルバイトとトレーニングに明け暮れる毎日がスタートしたと振り返ります。



北大人力飛行機製作サークル「ノーザンウイングス」

鳥人間コンテスト

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(2)大学生スポーツ

2016年12月06日

第1236回 翻訳者 鳥居マグロンヌさん

主にJICAの研修資料や、農業・教育・漁業などのプレゼン資料を翻訳している。専門性が高くなるほど難しく勉強勉強の毎日だけど、もともと勉強が好きだし何歳まででも勉強できるという点も、この仕事の素晴らしいところだと思う。今日のゲストは翻訳者の鳥居マグロンヌさんです。フランスのオヴェールニュ地方出身。大学院でアジアの文化社会経済を専攻し、日本へ留学した。日本に来て最初に驚いたのはトイレのスリッパ。家に帰ったら靴を脱ぎスリッパに履き替えるまでは知っていたけど、トイレのスリッパでうっかりリビングへ戻る失敗も。日本人と結婚して、転勤で札幌へ。テレビでは、とにかく食べる場面が多くびっくり。みんな「おいしい」っていうけど本当かな。フランスでは滅多に褒めないので、美味しいときにも「悪くない」と表現する。以前はピーコさんが映画でもグルメでも辛口コメントを言うので好きだったし参考になった。日本では正直に発言するって難しいのかな?と語ります。



*お問い合わせは札幌人図鑑まで

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)専門職札幌でご活躍の外国人

2016年12月05日

第1235回 北海道鉄道観光資源研究会 代表 永山茂さん

鉄道愛好家歴は50年。この春北海道に新幹線が来たけど、僕にとっては「やっと来たか」という感じ。僕は1964年、5歳の時に東海道新幹線「ひかり」の一番列車を見に行ったことがあると笑います。今日のゲストは北海道鉄道観光資源研究会代表の永山茂さんです。北海道鉄道観光資源研究会は4年前に立ち上げた。きっかけは、失われた線路を旅行会社の観光バスに乗せて案内するという企画「廃線探訪シリーズ」が鉄旅オブザイヤーでルーキー賞を受賞したため。コーディネーターになっていただいた二人と居酒屋でお祝い会をした時、地域に埋もれた歴史を観光資源に!と盛り上がった。今は100名の鉄ちゃん会員がいる。いつか釧網線を世界遺産にと語ります。



北海道鉄道観光資源研究会

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)まちづくり観光

2016年11月30日

第1234回 リプラン編集長 三木奎吾さん

日本の住宅は古典的な工法で高断熱高機密を実現するのがすごい。故きを温ねて新しきを知る。考古学(もの)と、歴史(文献)と、建物(住宅)。この3つで再構築できれば面白いと語ります。今日のゲストは北海道・東北の住宅雑誌Replan(リプラン)編集長の三木奎吾さんです。小1の時に札幌がポートランドと姉妹都市に。子供達が絵を描いて交換しようという企画があり、絵を描いたらグランプリに!どうしたらグランプリを取れるか考え、日本らしいのがいいだろうと相撲の立会の瞬間を描いたのが勝因。相手は何を望んでいるかを考える企画力があったのではないかと思う。小5の時、甲子園で北海高校が準優勝。壁新聞を作り「準優勝旗、津軽の海を渡る」と見出しをつけたら大好評で嬉しかった。中学では編集局に入り、1年で編集長。新聞や雑誌を作ったが、最後に「編集長三木奎吾:岩橋印刷」と、今もお付き合いのある会社の名前があることに驚く。学校の雑誌を作ろうと地域の会社へ勝手に広告を取りに行き、職員室を騒然とさせたと笑います。 



北海道・東北の住宅雑誌Replan(リプラン)

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)メディア人

2016年11月29日

第1233回 Akadama Japan 岩田栄子さん

SNSサイトで外国の方に日本の魅力を伝えたり、困ったことに答えてあげたい。礼儀やマナーが悪い外国から来た男の子をイメージしたキャラクター「ワンくん」。京塚昌子をイメージした日本のお母さん的キャラクター「にゃぱん」。ワンくんの質問ににゃぱんが答えるコーナーが人気と語ります。今日のゲストはAkadama Japan の岩田栄子さんです(途中から熊本さん・田上さんも参加)。夫の転勤で50歳を目前に札幌に戻った。しかし今までの経歴が札幌では全く通用せずもがいていた。そんな時、東京で頑張っているフリーランスのライターやイラストレーターなど、スキルを持った友人たちと、これからも楽しめることをやろう!場がなければ自分たちで作ろう!そんな風に盛り上がり、女三人でプロジェクトを立ち上げたと語ります。



Akadama Japan

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)IT系ライターイラストレーター

2016年11月28日

第1232回 西山製麺株式会社 代表取締役社長 西山隆司さん

札幌の水で作られた麺は、国内のみならずいまや世界22カ国にも輸出されている。海外では「手軽に食べられる和食」というカテゴリーであるラーメン。その国に合わせた創作がしやすいという点は寿司との共通点かもしれない。ハラルもベジタリアンもOKなラーメン。北欧でウケている味噌ラーメンにチーズをかける食べ方はオススメだと語ります。今日のゲストは西山製麺株式会社代表取締役社長の西山隆司さんです。飲食の現場を見てみたくて、大学を出るとすかいらーくに就職した。厨房もホールもやったが教わったことは一つ。お客様からご支持いただけないと長続きしないということ。早番から遅番に異動になるとお客さんから問い合わせが来たほど、自分に会いに来てくれるお客様がいらしたのが自慢。辞める時はお客様に餞別をもらい、店を驚かせた。店を支えるお客さんには3つあると振り返ります。



西山製麺株式会社

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)経営者ラーメン

2016年11月23日

第1231回 江戸前おでん一平 谷木紘士さん

戦前、高級料亭「神楽坂一平荘」が銀座一丁目におでん屋を出すとき、任されたのが父だった。だからうちのおでんも日本料理の流れでやっていて、出汁のあたりの仕方が違う。日本酒は白鹿4段仕込みがお薦め。穏やかな酒で、おでんともよく合うと語ります。今日のゲストは「江戸前おでん一平」大将の谷木紘士さんです。お名前を聞いて「狸小路みたい!」というと「子供の頃からよくからかわれた」と笑う。中3から27歳までフィールドホッケーの選手で、国体で2回優勝している。その関係で後輩に頼まれ、10年前から札幌の女子チームの監督をしている。全国へ進むと店を休んで行くので大変。日本橋にある神茂という手取りはんぺんのお店とは長い付き合い。そのお店の方がお神輿をやっていて、誘われて浅草の三社祭を見に行くと「こんな素敵なことやってるの!?」とびっくり。以来、自分もお神輿を担ぐようになったと振り返ります。



江戸前おでん一平


  

Posted by 福津京子 at 12:04Comments(0)飲食店スポーツ人