さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (20)
観光 (11)
医師 (10)
札幌人図鑑 › 経営者

2017年10月31日

第1374回 SOC株式会社 代表取締役社長 朝倉由紀子さん

新札幌テクノパークで、業務系のシステム開発をしている。創業者である父の代では拡大が社員のやりがいだった。自分の代ではみんな笑顔で100年続く企業を目指すと語ります。今日のゲストはSOC株式会社代表取締役社長の朝倉由紀子さんです。大学を出て銀行に就職。仕事が面白くなってきた頃、父から「会社を手伝って」と言われ家業へ。その後、経営を学ぶため仕事の傍ら小樽商科大の大学院に通いMBAを取得。夫とはそこで出会った。一人目の子が生まれた頃、父から「そろそろ社長に」と言われた。さすがちょっと待ってと頼んだが「どうせすぐ二人目も生まれるでしょ」と押し切られ社長に。現在は3歳と1歳の子育てをしながら、夫と二人三脚で頑張る毎日。父が言う通り、父が元気なうちに引継ぎができて良かったと振り返ります。



SOC株式会社

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)経営者IT系

2017年10月24日

第1370回 中小企業診断士 三浦淳一さん

道内の金融機関からお金を集めベンチャー企業に投資をしている。投資先を探すところから始め、一緒に足りないところを考えながら上場を目指す。上場は今や雲の上の話ではない事を広めたい。「むしろ手の届くアイドルみたいに」と笑います。今日のゲストは北海道ベンチャーキャピタル代表取締役社長で中小企業診断士の三浦淳一さんです。中学の頃、経営コンサルタントのドキュメンタリー番組を見て起業支援に興味を持った。そこで資格を取り地元の会計事務所で働く中、2000年にビズカフェがオープンし「サッポロバレー誕生」の本が出版された。このことに衝撃を受け、これからはベンチャーの支援をしようと決め動き出します。



北海道ベンチャーキャピタル


  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)経営者サムライ業

2017年10月17日

第1368回 平岸ハイヤー株式会社 神代澄子さん

創業者の義父と同じく癌で他界した夫。亡くなる前に病室で「俺みたいに幸せな男はいない」と言ってくれた時は嬉しくて、その言葉を忘れないよう泣きながらトイレでノートに記したと笑います。今日のゲストは平岸ハイヤー株式会社代表取締役社長の神代澄子さんです。夫から「おまえがやらずに誰がやる」と託され専業主婦から社長業へ。あの時、夫を安心させたい一心で「わかった、大丈夫よ!」としか言えなかった。初めて社員と向き合った時には「500の命を預かった」と感じた。様々な厳しい決断もしてきたが、社員の皆さんの頑張りのおかげで業績が一番に。いろいろあったけど、今が一番幸せと振り返ります。



平岸ハイヤー株式会社

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)経営者

2017年10月09日

第1364回 橋谷株式会社 橋谷秀一さん

明治28年に曽祖父が海運業から起した会社で、現在は小麦粉やお砂糖などの卸しや不動産業を営む。札幌の営業所は昭和20年代からだが、いつも初代の偉大さに想いを馳せている。函館では「だいぼしと呼ばれています」と語ります。今日のゲストは橋谷株式会社代表取締役の橋谷秀一さんです。エレキギターが大好きで、高校卒業後は音楽を極めようとアメリカへ留学。バンド活動を続けながら大学を卒業、そのままニューヨークで貿易の会社に就職した。そこで4年間、流通や食に関して世界の最先端を見られた事は、現在の仕事に繋がるいい経験だったと思う。家業を継いだのち、曽祖父が離れにしていた森の中に、貸し別荘「ラ・カシェット」をオープン。ファミリーで長期滞在される海外のお客様に、北海道の「本物」を提供したい。遊休資産を使って地域貢献が出来て良かったと振り返ります。



橋谷株式会社

La Cachette

  

Posted by 福津京子 at 12:11Comments(0)経営者

2017年08月21日

第1343回 有限会社エアーダイブ 田中宏明さん

クリエイティブ事業やコンサルティング事業のほか、北海道で唯一の漫画出版事業を行っている。企画から制作、編集、出版をワンストップで行い、全国的にも類を見ない北海道発のビジネスモデルを確立した。今日のゲストは札幌商工会議所北の起業家表彰で特別賞を受賞、有限会社エアーダイブ代表取締役の田中宏明さんです。人気シリーズ「義男の空」は第10巻を発刊。翻訳され、韓国でも発刊されている。「札幌乙女ごはん」はテレビ放送もスタートした。また、まだ原野であった札幌を「世界一の都にしよう」と決心し、開拓の礎を築きあげた佐賀藩出身の開拓判官の物語「島義勇伝」も、札幌のまちづくりの基礎を分かりやすく魅力的に伝えており非常に意義のある作品だと語ります。
*田中さんは2013年08月07日に続き、2度目のご出演です



有限会社エアーダイブ

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)経営者マンガ北の起業家表彰

2017年08月16日

第1342回 株式会社 Mammy Pro 阿部夕子さん

全国的に見て、大人しいとか野心がないとかいわれがちな北海道女性。本当は色々できるのに、そこに気づけず明文化もできない。そこでキャリアアドバイザーが一人一人ヒアリングをし、シートを記入。働き方の多様性に合わせ、ダイレクトに企業へ紹介している。今日のゲストは札幌商工会議所北の起業家表彰で奨励賞を受賞した、株式会社 Mammy Pro 代表取締役の阿部夕子さんです。見失いがちだが、子育てもキャリアだと思う。企業も今、どこへ行っても人手不足。新入社員をとって育成するだけじゃなく、キャリアを活かして働くメリットを伝えている。お母さんの感覚も企業の感覚も変えていくことが大切と力を込めます。
*阿部夕子さんは、2014年9月9日以来2度目のご出演です



株式会社 Mammy Pro

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)経営者北の起業家表彰

2017年08月15日

第1341回 日本グランデ株式会社 平野雅博さん

天然温泉、フィットネスルーム、シアタールーム。FeliCaカード非接触IC電子錠システムで暮らしを便利に。特にお勧めしたいのは10年前に特許を取得した、空気をきれいにする「炭パワーシステム」だと語ります。今日のゲストは札幌商工会議所北の起業家表彰で奨励賞を受賞した、不動産の総合ディベロッパー、日本グランデ株式会社代表取締役の平野雅博さんです。東京都内での転勤はあったが、最後の赴任地札幌で暮らすと花粉症がすっかり治った。マンションは機密性が高い分、部屋の空気は悪くなる。子供が喘息だったこともあり、部屋の空気にはこだわってきた。豊かな老後のホスピタリティーを考え、自分も住みたくなるようなマンションをイメージ。温泉付きなのも、自分が温泉オタクだったからと笑います。



日本グランデ株式会社

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)経営者北の起業家表彰

2017年08月14日

第1340回 株式会社エヌビィー健康研究所 高山喜好さん

北大北キャンパスの地の利を生かし、世界最先端の技術で北海道発の新薬創出に挑んでいる。夢を叶えるのは札幌の地でと思っていた。今日のゲストは札幌商工会議所北の起業家表彰で奨励賞を受賞した、株式会社エヌビィー健康研究所代表取締役の高山喜好さんです。札幌南高から東大薬学部へ。博士取得後大塚製薬へ就職。13年勤めたが、或る日突然独立し起業するという暴挙に出る。せっかく北大を出ても地元で働くところがないと嘆く知り合いが多い。それなら自分がそんな研究者を地元に留めるような会社を作るのは社会的意義が高いと思った。バイオベンチャーはハイリスクハイリターンである種「宝探し」に近い業界。だけどスタッフも研究が好きな人ばかりだと笑います。



株式会社エヌビィー健康研究所


  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)経営者北の起業家表彰

2017年07月05日

第1324回 ピュアグリーンコーポレーション(株) 代表取締役社長 栗田美鳥さん

すすきのでラウンジ3店舗と和食店1店舗を経営するラジオパーソナリティー。実はすすきので20年の歴史を誇る、マンモスキャバレーエンペラー最後の支配人だった。今日のゲストはピュアグリーンコーポレーション(株)代表取締役社長の栗田美鳥さんです。学生時代から音楽でバイトしており、フォークギター片手に新宿通を行ったり来たり。その後結婚して家庭に入ったが、父が病で会社をたたみ自分も仕事を探すことに。実は新聞広告を見た時、「青木商事」とあったのでボウリング場の支配人と間違えて応募したと笑う。その後、スナックに勤めた経験すらないままホステスさん450人を抱えるマンモスキャバレーの支配人に。インカムをつけてお客様対応、ステージの司会もこなすなど奮闘の毎日だったと語ります。



ピュアグリーンコーポレーション(株)

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(2)経営者

2017年06月13日

第1314回 株式会社ジェニュインバリューコンサルティング 窪田克彦さん

たとえば新卒の学生を採用したいのに人が来てくれないと嘆く地方の歯科医がいる。一方で、勉強に忙しく情報集めもままならないけど、知らない歯医者さんに勤める気にもなれないという学生がいる。それならばとマッチングイベントを開催すると好評。以来毎年開催していると語る。今日のゲストは株式会社ジェニュインバリューコンサルティング代表取締役の窪田克彦さんです。中央大学法学部卒。法律を生かした仕事がしたかったが壁に当たってダメだった。その後、研修会社へ就職。マネジメントの仕事をしていたが、人育てに失敗してしまう。自分の成功体験をそのまま押し付けるのではいけない、自立型人材を育てるにはどうすればいいのか考えるようになったと振り返ります。



株式会社ジェニュインバリューコンサルティング

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)経営者