さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。現在は月曜と火曜、週2回の放送で更新中(水・木・金はバックナンバーの再放送)。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (34)
福祉 (12)
NGO (1)
IT系 (41)
観光 (15)
医師 (13)
落語 (12)
出版 (10)
区長 (11)
札幌人図鑑 › 経営者

2020年09月21日

第1741回 ユナイテッドプロデュース代表取締役 片見祝子さん

ブティックやレストラン、百貨店やホテルなどで、ディスプレイを含めた空間全体をプロディースしてお花を活けている。今年は裏参道に道産食材をふんだんに使ったスイーツを楽しめるカフェ「MaShu」もオープン。ずっとやりたかったのと笑います。今日のゲストはユナイテッドプロデュース代表取締役の片見祝子さんです。子供のころからお花が大好きで、生け花は小学生の頃から。二十歳の時、東京の家元へ弟子入り。住み込みでの修行は辛いものだったが、今の仕事のベースはすべてここで学んだ。母の体調が悪くなり札幌へ戻ってからは、お花繋がりでブライダルドレスの仕事をしたり、インポートの子供服のお店を持ったり。思えば子供の成長に合わせていろんな仕事をしてきたと振り返ります。



ユナイテッドプロデュース facebook

MaShu インスタ

  

Posted by 福津京子 at 19:53Comments(0)経営者

2020年08月24日

第1733回 本田燃料電器 代表取締役社長  本田利博さん

冬は灯油、夏はLPガスボンベの販売をしている。本来は夏祭りやイベントで大忙しの時期だが、今年はコロナで軒並み中止に。学校祭で学生に正しい火の扱いを教え、笑顔で盛り上がる姿を毎年見てきたので残念。しかし今年はキッチンカーなどの需要が高まっている。LPガスボンベを取り扱う道内唯一の企業なので頑張っていきたいと語ります。今日のゲストは有限会社本田燃料電器代表取締役社長の本田利博さんです。今年で創業80年。自分は4代目になる。創業当時は家電も扱っていたらしく、社名が「電器」なのはその名残。豊水ススキノ地区の地元っ子として育ち、学生時代からずっとハンドボールをしている。北海学園大学で17年、現在は社会人のクラブチームで指導。仕事では暑い中、重い燃料を運んだりするが、基本精神は「スポ根」なので大丈夫!仕事は楽業だと笑います。



有限会社本田燃料電器

  

Posted by 福津京子 at 11:32Comments(0)経営者

2020年04月06日

第1703回 株式会社テンフードサービス 代表取締役 西田治さん

ごはんのおかずになるような、ちょっと濃いめの味付けが特徴。ぎょうざのみよしのは昭和42年創業で道内24店舗。そば処信州庵は市内6店舗。本州の方が「ぎょうざにカレー!?」と驚く名物の「カレー」に加え、麻婆豆腐や醤油ラーメンも人気があるので食べてみて!と力を込めます。今日のゲストは株式会社テンフードサービス代表取締役の西田治さんです。大学卒業後、たくぎんへ就職。結婚した妻の父が創業者だった為、家業を継ぐことに。まるで違う業種に飛び込むことへの不安はなかった。銀行勤めの中で「世の中の仕組みはわかった、何でもできる!」と思っていたと振り返ります。



株式会社テンフードサービス

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(1)経営者

2020年03月03日

第1694回 SOCブルーイング株式会社 代表取締役CEO 坂口典正さん

クラフトビールのコンテストで2年連続金賞受賞。5種類のレギュラービールの他、薫化モルトのビールやコリアンダーを使った白いビールなど限定ビールも。近い将来、江別のレンガ倉庫でハルユタカのクラフトビールを作り、農家とコラボした観光拠点にと力を込めます。今日のゲストはSOCブルーイング株式会社代表取締役CEOの坂口典正さんです。栃木県出身。ゴルフ場の副支配人として忙しい日々を過ごしていたが、仲間から誘われクラフトビール製造で起業した。工場をどこに作ろうかと考えた時、迷わず北海道を選択。実はゴルフ場勤務時代、コンペの景品を北海道ゆかりのものにすると参加者がとても喜んだ経験があり、北海道の食のイメージがとにかく良かったと振り返ります。



SOCブルーイング株式会社

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)経営者食関係

2020年02月24日

第1691回 株式会社 道新東札幌販売所 所長 清水哲さん

読者サービスの一環として様々なサービスをしている。森永ミルクのミルクステーション、お年寄りの「困った」に寄り添うまごころサポート、就活セミナー、メルカリ教室、健康教室などなど。道新のブランド力で集客もできるし、読者の固定化にも繋がると語ります。今日のゲストは株式会社道新東札幌販売所所長の清水哲さんです。長野県出身。藻や昆布の研究で北大大学院へ。縁あって札幌の女性と結婚すると妻の実家が新聞販売所だった。妻の父の仕事ぶりを見て引き継ぐことを決めたのは、実は楽な仕事に見えたから。これなら仕事をしながら研究も続けられるとタカをくくった訳だけど、やってみたら研究より楽しかったと笑います。



道新東札幌販売所 Facebook

  

Posted by 福津京子 at 09:02Comments(0)経営者

2019年10月07日

第1655回 株式会社VIRGO JAPAN 代表 奥成真弓さん

仁木町のワイナリーを貸し切って、森の中でウエディングパーティー。信頼できるプランナーの個性的な演出に合わせ、テーブルや椅子などを用意した。この時、当初100人の予定だったゲストが150人に増えたが対応できた。業者と直接顔の見える関係を作る利点はこういう所にあると語ります。今日のゲストは株式会社VIRGO JAPAN 代表の奥成真弓さんです。2年前に国際結婚。自分たちの好きな場所・好きなスタイルでパーティーをしようと準備したが、テーブルや椅子のレンタル業者がなく残念だった。無いなら作ってしまおうと思ったのが起業のきっかけ。思い出の洞爺に土地も購入した。気候も食べ物も自信を持って勧められる北海道のウエディングを、もっとアピールしていきたいと力を込めます。



株式会社VIRGO JAPAN / OBRIGADA WEDDING


  

Posted by 福津京子 at 10:16Comments(0)経営者ディレクター

2019年09月02日

第1640回 株式会社シェアスタック/札幌モデル事務所ジーパーズ 髙田祐匡さん

会社の母体はWEBコンサルティング。WEBを活用して成功出来そうな事業を探し、競合他社が少ないと見込んで2014年にモデル事務所を設立。子供達の「いつもの笑顔」を動画で紹介し、年間のアクセスは15万PV。キッズモデルの所属では道内1位になったと振り返ります。今日のゲストは株式会社シェアスタック/札幌モデル事務所ジーパーズ、代表取締役の髙田祐匡さんです。新卒で全国展開している経営コンサルティング会社に7年勤めた。そこは業界では珍しく料金を明確にすることで業績を伸ばしていた。企業改善にはいろんな方法があるが、人間性なくして専門性は発揮できないと語ります。



株式会社シェアスタック

札幌モデル事務所ジーパーズ

  

Posted by 福津京子 at 10:03Comments(0)経営者

2019年07月29日

第1625回 毎日歌手…時々社長 SASAKI社長

飲む青汁を食べる青汁へと改良。そこへオマケとして社長自らが歌うCDを付けている。広告を狙っての事だが、元気の出るラテン系の音楽で好評だと語ります。今日のゲストは毎日歌手…時々社長のSASAKI社長です。健康のために青汁をお求め頂いた方に、体を動かしてもっと健康になってもらおうと音楽に合わせた「ときめきダンス」を制作。すると日本フォークダンス連盟がテーマ曲に選んでくれた。そこで今年は高齢者対抗・企業対抗・・など5部門で100万円争奪の「ときめきダンス甲子園」を開催。中国・台湾へも輸出を始めた。青汁と共にこのムーブメントを広げ「目指せ!紅白!」と力を込めます。



SASAKI社長 ファンサイト

  

Posted by 福津京子 at 09:56Comments(0)経営者パフォーマンス

2019年07月24日

第1624回 さっぽろトラベル 旅のプロデューサー 森本恵美さん

お得意様の旅の手配を企画からお手伝い。目的に応じて旅に必要な「もの・こと・ひと」をご提案。「知る」をひとつのキーワードに、大切な人とまた行きたくなるツアーをプロデュースしたいと語ります。今日のゲストはさっぽろトラベル・旅のプロデューサーの森本恵美さんです。旅行業で22年。大手代理店の傘下で国内の募集型企画旅行を中心に仕事をしていたが、リーマンショックやパリの自爆テロなど業界の大打撃を何度も経験した。いまはどこで何が起きても不思議じゃない時代。それならもっと地域と人が繋がるような、誰かが輝くお手伝いができるような旅をご提案していきたい。そんな想いが強くなり、2年前に独立を決めたと振り返ります。



森本恵美さん Facebook

  

Posted by 福津京子 at 10:12Comments(0)経営者

2019年07月03日

第1615回 時計台バス株式会社 代表取締役 木村高庸さん

社員旅行や修学旅などの貸切バスや、日帰りバスツアーなどでお馴染みのバス会社。最近は縁あって西表島交通と提携した。バスの運転手がそのまま船を運転したり、三線の演奏を聞きながら水牛に乗ったりとてもユニーク。マングローブの森も美しくオススメだと語ります。今日のゲストは時計台バス株式会社代表取締役の木村高庸さんです。大学卒業後、市内のテレビ局へ就職。英語コンプレックスを中国語でリベンジ出来たのは懐かしい思い出。60歳まで勤めた後に現職。これまでと全く違う業界なので勉強の毎日。バス無線1級、国内・総合旅行業、添乗員資格などなど10以上の資格を取得。資格マニアになっちゃったと笑います。



時計台バス株式会社

  

Posted by 福津京子 at 13:48Comments(0)経営者