さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (37)
観光 (15)
医師 (13)
落語 (11)
札幌人図鑑 › 音楽人

2019年10月15日

第1658回 アイヌシンガー 豊川容子さん

11月1日から上演される舞台「妖怪百歌物語」で、アイヌの子守唄・60のゆりかご(イヨンノッカ)を歌う。現在はユニットとソロの半々で音楽活動をしているが、ポップス中心のライブの際も必ずアイヌの歌をリストに加えていると語ります。今日のゲストはアイヌシンガーの豊川容子さんです。兵庫県の着物屋に就職し、働きながら音楽活動をしていた。ところが着物姿で仕事をしていた反動か、もっと自分らしく働きたい…そうだ大工になろう!と思い立ち、職業訓練校に行くため地元へ帰った。結局大工になれぬまま音楽活動をしてきたが、二十歳の頃に安藤梅子さんの歌声を聴き心が震え、いつか自分も歌えるようになりたいと何度もCDを聴き込み、30歳頃から勇気を出して歌い始めたと振り返ります。



豊川容子さん Facebook


  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)音楽人アイヌ文化

2019年10月14日

第1657回 妖怪シンガー モノノケユースケさん

11月1日から「妖怪百歌物語」という舞台を上演する。アイヌの伝承を織り交ぜたラブストーリーで、台詞もストーリーも歌と生演奏で展開する所がミュージカルとも一味違う。豊川さんというアイヌシンガーの声に惚れ込み、あて書きで書いたと振り返ります。今日のゲストは妖怪シンガーのモノノケユースケさんです。大学時代は社会派で、「一人学生運動」をして浮いてしまった。そんな中、路上ミュージシャンの友人の歌をたくさんの人が聴いてくれるのを見て、真面目に正論を言うよりも歌ったほうが伝わると気づき、二十歳からギターを練習。歌の力ってすごいと語ります。
*動画訂正:パヨヨカムイはパヨカカムイの言い間違えでした*



モノノケユースケ Official WebSite

  

Posted by 福津京子 at 09:38Comments(0)音楽人

2019年08月14日

第1633回 ピアニスト 関治子さん

「樂♪together」というイベントを始めて今年で3年目。「楽しく気楽に音楽を共に楽しみましょう」というコンセプトで、毎年テーマを決めて開催している。例えば40分ものショパンの曲をプロアマ織り交ぜ大勢でマラソン演奏をし、終了後はワインとサンドイッチで観客とパフォーマーが一体となり語らう。これが自分のやりたかった、イギリス的な音楽の楽しみ方だと語ります。今日のゲストはピアニストの関治子さんです。3歳から始めたピアノでプロになることを意識したのは16歳の時。仕事の都合でケンブリッジへ行くことになった父に説得され、高校を休学しイヤイヤ付いて行くことに。ところがイギリスの音楽活動は堅苦しくなく楽しかった。もともと自由に演奏するタイプだった自分のスタイルを評価され、先生から「すぐプロに!」と言われた時は嬉しかった。これからはプロ活動の他に、生涯学習としてのピアノを広めたい。言葉とピアノで日英の橋掛けをしたいと語ります。



樂♪together ツイッター

  

Posted by 福津京子 at 09:26Comments(0)音楽人

2019年08月13日

第1632回 バイオリニスト 板倉竹香さん

先生としては、それぞれの生徒さんに合わせて教えることは大変だけど成長を見られることが嬉しい。演奏家としては営業やマネージメントなど、音楽以外に自分でやらなくてはいけない事が沢山あることを知り奮闘している。先生と演奏家、今はそれぞれの良さと難しさを実感する毎日だと語ります。今日のゲストはバイオリニストの板倉竹香さんです。友人と遊ぶ時間を制限し、恩師の他にも母と二人三脚で練習漬けの少女時代を過ごした。桐朋学園大学音楽学部を卒業後、音楽の都プラハへ留学。目に映る景色は自分の憧れるヨーロッパそのもの。映画「のだめカンタービレ」にソリストとして出演したPavel Eret氏のもとで研鑽を積んだ。いまの目標は札響のコンサートマスター大平まゆみさん。いつか自分も北海道を代表するバイオリニストになりたいと力を込めます。



バイオリニスト板倉竹香さん Web

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)音楽人

2019年07月23日

第1623回 アイリッシュバンド Notes of North

陽気で親しみやすいものから、感情を揺さぶられるようなものまで。アイルランドで昔から演奏されてきたこの音楽は、種類も多く、日本人に馴染み深い曲も多い。ライブやイベントでは観客が独特の掛け声で盛り上げてくれると語ります。今日のゲストはアイリッシュバンド・Notes of Northの(右から)三好淑さん、按田佳央理さん、下野賢臣さんです。2013年、夕張中学校の芸術鑑賞会のテーマだった「世界の音楽」を演奏するために集まったメンバー。世界地図を広げ、左回りで世界各国の音楽を演奏したり、楽器に触ってもらったりして生徒たちに大好評だったと振り返ります。



Notes of North

  

Posted by 福津京子 at 09:03Comments(0)音楽人

2019年06月04日

第1602回 ボヘミアン型シンガーソングライター  なかにしりくさん

カナダでオーロラを見ながら…ボリビアで塩の湖を見ながら…大好きな旅をしながら曲を作り歌ってきた。今日のゲストはボヘミアン型シンガーソングライター・なかにしりくさんです。高校時代は野球部で、ギターは趣味として楽しんでいた。転機となったのは全国科学学芸コンクールで自分の書いた「雨天中止」という詩が審査員特別賞をもらったこと。意気込んでいた野球の試合が雨天中止になった時、悔しい残念な気持ちの一方、思いがけなく休みになってふわっとした気持ちになる。そんな気持ちを七色の虹にたとえて書いた詩だとと笑います。



なかにしりくさんWeb

  

Posted by 福津京子 at 12:00Comments(0)音楽人

2019年05月21日

第1596回 「虹と雪のバラードアレンジコンテスト」で最優秀賞 ぱれっと✖️岩佐亜由美

歌詞を変更せず、メロディーを生かしたアレンジをという条件のもと、古き良き哀愁漂う楽曲をアレンジした。2030年オリパラを札幌で盛り上げたいと力を込めます。今日のゲストは「虹と雪のバラードアレンジコンテスト」で最優秀賞を受賞したぱれっと✖️岩佐亜由美さんです。中3の時、カラオケのコンテストで新人賞になったことをきっかけにシンガーソングライターになった岩佐さんが今回の企画を見つけ、全国的にも珍しいツインギターボーカルのアコースティックユニット「パレット」に提案。面白い!と急遽ユニットを組んだ。「バラード」といいながらもポップな仕上がりになったが、若い世代と札幌オリンピック当時の世代が、音楽で繋がってくれると嬉しいと語ります。
*演奏シーンはカットされています



岩佐亜由美さん ブログ

パレット ツイッター

  

Posted by 福津京子 at 09:02Comments(0)音楽人

2018年11月28日

第1528回 ザ・ビートルズ専門ライブハウス「バットルズ」  Qちゃん(小川悟さん)

日曜以外は毎日5回、生演奏をしている。演奏中にお客さんと乾杯するのが恒例で、常連客はリクエストカードに「ビール×4」と書いてオーダーしてくれると笑います。今日のゲストはザ・ビートルズ専門ライブハウス「バットルズ」の”Qちゃん”こと、小川悟さんです。とにかく音楽がやりたくて、18で深川から札幌に出てきた。ナイトハウスの厨房で働きながらバンド活動を続けたが徐々にライブハウスが少なくなり、働く場所が減ってしまったので自分で作ったような感じ。4年前の火災で最初に作った店「Qchan's BAR」が全焼。店を埋め尽くすほどの楽器やCDなど燃えてしまったものはあまりにも多いけれど、体は少し楽になったかも。ライブハウスと聞くと「懐かしい!まだあるの?」という人が多いので、今も健在なことをラジオ番組でPRしている。楽しいからぜひ遊びに来てねと語ります。



ザ・ビートルズ専門ライブハウス「バットルズ」

  

Posted by 福津京子 at 08:41Comments(0)音楽人飲食店

2018年07月31日

第1479回 ミュージシャン 竹森巧さん

今年は北海道命名150年に合わせて150本のライブを行う。作詞作曲した「北海道の歌」をレバンガ北海道のハーフタイムで歌ったとき、観客が自発的にスマホをペンライトのようにかざしてくれた。会場が光でいっぱいになり感無量だったと振り返る。今日のゲストはミュージシャンの竹森巧さんです。お笑いコンビ「アップダウン」の向かって左、ボケ担当。あるときテレビ番組で先輩から「ぬか漬けの歌を作れ」とムチャ振りされる。ドカンと笑わす歌を作ろうと頑張ったが浮かばず、ちゃんとした歌をつくってしまった。翌週番組で披露すると、案の定の大スベリ。しかし我ながら良い歌ができたと感じ、NHKに送ってみたら「みんなの歌」に採用された。これをきっかけに周りの見方が変わり、お笑いの他にミュージシャンとしての仕事も堂々と出来るようになったと語ります。



アップダウン プロフィール

アップダウン Facebook

竹森巧さん Twitter

  

Posted by 福津京子 at 10:10Comments(0)音楽人

2018年05月07日

第1445回 オカリナ奏者 椎名春奈さん

3オクターブの音が出せるトリプレットオカリナ。山梨の大沢聡先生に師事し、道内唯一の認定講師となった。海外のフェスティバルに参加すると子供の奏者が沢山いて驚く。日本では中高年の愛好者が多いが、小さなお子さんにもお薦めの楽器だと語ります。今日のゲストはオカリナ奏者の椎名春奈さんです。中学から吹奏楽部でフルートを吹いていた。大学卒業後、一度は住宅メーカーに勤務するも中途で高橋水産の吹奏楽団へ。結婚を機に退職し、長男出産後に音楽教室でフルートの先生を始める。すると教室から「オカリナの指導も」と頼まれた。始めて見るととても楽しい。フルートのコンサートでオカリナの曲を入れると、アンコールでもオカリナの演奏をリクエストされるようになったと笑います。



椎名春奈さん Facebook

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)音楽人習い事