さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。現在は月曜と火曜、週2回の放送で更新中(水・木・金はバックナンバーの再放送)。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (34)
福祉 (12)
NGO (1)
IT系 (41)
観光 (15)
医師 (14)
落語 (12)
出版 (10)
区長 (11)
札幌人図鑑 › 専門職

2020年10月27日

第1752回 株式会社北海道インテック 地質調査部 北村繁基さん

社会資本整備の調査・計画・設計・施工管理に係る建設コンサルタントの会社で、地質調査技士、応用理学部門技術士として仕事をしている。山に入って岩盤を調べたり、ボーリングをして地質を調べたり。想定外で炭鉱跡を見つけてしまった事もあると笑います。今日のゲストは株式会社北海道インテック地質調査部の北村繁基さんです。環境系の仕事がしたくて大学を選んだが、今では考えられないような、たった一人で山に籠って地質を調査するような仕事が性に合っていると感じ、専門をシフト。その後、先輩のご縁で北海道へ。環境調査は事前事後に行う大切な仕事。設計の方から、地質屋さんと話をすると三人三様の見解をすると言われるほど、知識はもちろん経験とセンスの必要な仕事と語ります。



株式会社北海道インテック



  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)専門職

2020年10月05日

第1745回 真宗大谷派教願寺 副住職 遠島光顕さん

全国にあるITの苦手なお寺に声をかけ、寺院向けWebサービスを提供する「お寺の窓口」を開設。地域とお寺を繋ぐきっかけづくりのプロデュースもしている。運営する株式会社AVENILでは代表取締役を務め、7つの事業を立ち上げたと語ります。今日のゲストは真宗大谷派教願寺副住職の遠島光顕さんです。次男だったのでお寺を継ぐこともないだろうと大阪の大学へ。学生起業家に憧れ様々な事業にトライ、上手くいったりいかなかったりする中で「あなたにはお坊さんの道もある」という母の勧めで大谷大学へ。学びを深めると様々な課題が見えてきた。自分はお寺に生まれ、お寺で育った。お寺の気持ちが一番わかる経営者になれると思ったと振り返ります。

*来年のNHK 朝ドラの監修が決まりました!



お寺の窓口

  

Posted by 福津京子 at 13:59Comments(0)専門職

2020年09月22日

第1742回 かもめソリューションズ代表 三上淳さん

研修や人材育成のために、ビジネススキルのトレーナーをしている。小樽商科大学MBAホルダーで研究員の仕事も。最近開設したYouTubeチャンネルでは、ルーキーが今すぐ使えるような営業のポイントとビジネスの情報発信をして好評だと語ります。今日のゲストはかもめソリューションズ代表の三上淳さんです。実は4回転職している。商社でマネジメントの実務をしていた頃は、まだ若く血気盛んで人を大切にせず恐い思いをした事も。その後ゲームメーカーに勤めた時は、商社の経験を活かし資格や版権などを担当。しかし仕事がハードすぎて続かなかった。自分みたいな人を増やしちゃいけない、地元へ帰ったら教育に関わる仕事をしよう。そう考えてマネジメントの会社で企画営業を8年。じっくり勉強したことは、大手だけではなく小さな会社にこそ必要と考え、40歳を前に独立したと振り返ります。



かもめソリューションズ

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)専門職

2020年09月15日

第1740回 北海道大学 DEMOLA ファシリテーター 椎名希美さん

学生と企業がチームを組み、業界の慣習や固定概念にとらわれず、2か月かけてビジネスアイデアを考える。フィンランド発祥のDEMOLA(デモーラ)は、10年後20年後を見据えた産官学連携イノベーション創出プラットフォーム。日本では北海道大学が初めて導入し運用を行っており、多くのアイデアが生み出されていると語ります。今日のゲストは北海道大学 DEMOLA ファシリテーターの椎名希美さんです。北海道大学医学部を卒業後、手稲渓仁会病院で放射線技師として勤務の傍ら、小樽商科大学ビジネススクールでMBA取得。病院という狭い空間に疑問を抱き、渓仁会病院を退職後、㈱リクルートキャリアで営業経験を積み、2016年に姉と二人でホスピタル・クッキングのベンチャー企業を立ち上げた。年内に糖質オフのレシピ本も2冊出版予定。新しい知識と経験を求めて、どんどん環境を変えていったと振り返ります。



北海道大学 DEMOLA



  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)専門職

2020年09月14日

第1739回 ひだまり助産院 院長 佐藤真紀子さん

自分の助産師としての経験から、産後の母乳育児相談や性教育などをしている。望まぬ妊娠で傷つく少女、里子に出される可哀そうな赤ちゃん…産婦人科で光と闇をたくさん見てきた。だから性教育は小さいうちから、交通ルールを教えるみたいに行うのがいいと思う。授乳中のおっぱいトラブルで熱が出た時も、地域の助産院で相談してほしい。助産院は、生むだけの場所ではないからと語ります。今日のゲストはひだまり助産院院長の佐藤真紀子さんです。子供のころ、漫画で見た助産師さんに憧れた。命の大切さを教えるような仕事がしたい。その想いは消えることなく、4人の子育てを終えてから助産師学校へ通い、資格を取得したと振り返ります。



ひだまり助産院


  

Posted by 福津京子 at 10:08Comments(0)専門職

2020年07月28日

第1728回 SHIMAUMA DESIGN 那珂隆之さん

コロナ渦の4月中旬、ネットで無料で学べるデザインスクールを立ち上げた。当初、学校を作るならしっかりしたものをという構想があったので、正直思っていた形とは違うのだが、やってみると縛りの一切ないコミュニティーは面白かった。お互い無料にしたことで出来ない所は応援してもらったり、いつも実験しているような感じだと笑います。今日のゲストはSHIMAUMA DESIGNの那珂隆之さんです。会社勤めを経て37歳でフリーに。イベントを立ち上げたりグッズを作ったり、それまでやりたかった事に様々トライした。専門学校で講師をしながら、いつかデザインの学校を作りたいと考えるように。デザインは何とでも絡めるし、やりたいことが加速できる。みんな好きなことができたらいいな。そして自分も好きなことができたらいいなと語ります。



SHIMAUMA DESIGN

  

Posted by 福津京子 at 09:47Comments(0)専門職勉強会

2020年07月21日

第1726回 早稲田大学主任研究員 / 経済アナリスト 佐々木泰行さん

北大卒業後、野村総研を経て証券会社を渡り歩く。当時は「見えるアナリスト」として、メディアに出たり文章を書いたり自分の意見を発表していた。ところがリーマンブラザーズ証券勤務時代に会社が破綻し、野村證券へ移籍。そこからは個別の企業の相談に応じる「見えないアナリスト」として機密事項の多い仕事をしてきた。しかし本来は自分の考えをはっきり発信したい方。そんな中、3年前に通っていた早稲田のビジネススクールの先輩からの声掛けで、この春から主任研究員になることに。若い人の教育に関わる事ができ、嬉しいと語ります。今日のゲストは早稲田大学主任研究員で経済アナリストの佐々木泰行さんです。もともと大人しく気の弱い子だったが、札幌北高の落研に入ったことで人生が開花。大学時代は学習塾で話芸を磨き自信を付けたと振り返ります。



佐々木泰行さんのfacebook

  

Posted by 福津京子 at 10:28Comments(0)専門職経済人

2020年07月14日

第1724回 飛栄建設株式会社 松田順治さん

一般住宅の建設をしているが、あるとき化学物質過敏症の方からの依頼で、化学物質過敏症でも安心して住むことのできる住宅を建設した。すると北大の教授から、半導体を作るために使用するクリーンルームの依頼が。そこで病院のICUほどではないものの、抗酸化工法で安心安全なクリーンルームを安価で開発。先日は市立札幌病院にも設置した。医療崩壊の防止支援に繋がれば嬉しいと語ります。今日のゲストは飛栄建設株式会社代表取締役会長の松田順治さんです。体の健康のためには心の健康も大切。自分は笑いヨガをしたりオンラインで落語をしたりしている。皆さんも笑いの力で心も体も元気に!と力を込めます。



飛栄建設株式会社


  

Posted by 福津京子 at 15:19Comments(0)専門職

2020年06月16日

第1716回 テイクアウト&デリバリー緊急応援サイト「がんばれ飲食店」代表 鶴島暁さん

2月末、緊急事態宣言が発令されると飲食店から一斉に悲鳴が上がった。翌日、タウン誌編集長の妻が何か応援をと、デリバリーを始めたお店の情報を個人で発信。するとあっという間にたくさんの情報が寄せられたので「まとめサイト」を作ることに。しかし奔走する店主以外に心配する常連客からの情報も多かった為、お店に掲載の承認やメニューの確認などをしなければいけない。自分は中小企業のフリーランスのコンサルタントが本業だが、大学の非常勤講師もしている。そこで学生たちに声をかけ手伝ってもらう事に。日頃から学生のうちに様々なチャレンジをと思っていた。サイト運営はいい教材になったと振り返ります。今日のゲストはテイクアウト&デリバリー緊急応援サイト「がんばれ飲食店」代表の鶴島暁さんです。



テイクアウト&デリバリー緊急応援サイト「がんばれ飲食店」

  

Posted by 福津京子 at 10:02Comments(0)専門職

2020年04月28日

第1710回 総務代行 / Office Triangle代表 花澤亜弓さん

経理事務員の代行として領収書や請求書の発行をするばかりではなく、ちょっとしたニュースレターを作ったりお客様へのお礼状を書いたり、情報をデータ化したりと業務の内容は幅広い。少人数の会社ではこのあたりを社長自らやっているケースが多いが、実は苦手な人も多い。これからは小規模企業でもテレワークが進み、組織の形が変わってくると思う。1〜3人規模の会社では全員がプレイヤーな事が多く、経理を含め専門的にやる人が少ない。必要な書類をきちんと整理し担当者が変わっても引き継ぎがスムーズにできる事が重要だが、そういう余力の無い経営者に寄り添い「たのんで安心、話してすっきり」と喜ばれるパートナーになりたいと語ります。今日のゲストは総務代行、Office Triangle代表の花澤亜弓さんです。



Office Triangle Facebook

  

Posted by 福津京子 at 09:23Comments(0)専門職