さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (27)
観光 (13)
医師 (12)
落語 (10)
札幌人図鑑 › 専門職

2018年11月07日

第1519回 靴磨き職人 岡本英弥さん

イタリアの諺で「綺麗な靴はいいところに連れて行ってくれる」というのがある。得意なのは自分の顔が映るほど光る「鏡面磨き」。靴磨きの文化を広めながら大好きな接客も楽しみたいので、新しいスタイルの店舗を企画中だと語ります。今日のゲストは靴磨き職人の岡本英弥さんです。礼文島出身。デザインを学ぶため札幌の専門学校へ。卒業制作のテーマは「自分の好きなこと」だったので、生地を取り寄せジーンズを手作り。そのジーンズに合うブーツも手に入れ、お手入れの仕方をネットで検索。「鏡面磨き」をみつけ、ここまでやってみたいと試行錯誤し腕を磨いた。自分が楽しいだけだったのに、ある時上司の靴も磨いてあげると、仕上がりにとても喜び千円くれて驚いた。いつかこれを仕事にしたいと考えるようになったと振り返ります。



岡本英弥さん Facebook

  

Posted by 福津京子 at 10:58Comments(0)専門職

2018年10月23日

第1512回 アンティーク時計修理専門店 石橋時計店 石橋昭市さん

時計の自動巻をテストをする機械や、時計の固い裏蓋を開ける機械などは自作した。メーカーに無いような古い部品も手作りして修理。91歳になった今も、週に6日は店に立つと胸を張ります。今日のゲストはアンティーク時計修理専門店、石橋時計店の石橋昭市さんです。工業高校時代は勤労動員で町工場の作業員として学びながら働いた。卒業後、先輩からの紹介で就職。精密機械の会社と聞き喜んで行くと小さな時計店だった。ちょっとガッカリしたけれど、工業高校を出ていた事で大事な仕事も任せてもらえた。1960年アメリカ時計学会・公認高級時計師の資格を受験。アメリカから送られてきた壊れた時計を直し時間内に部品を作る。計算問題などペーパー試験も300問答えて見事合格。今も旋盤を回さない日はないと笑います。



アンティーク時計修理専門店 石橋時計店

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)専門職

2018年09月26日

第1501回 FP For You 代表 稲村優貴子さん

ご縁があれば結婚するけど、このまま一人でも大丈夫なようにライフプランをしっかり立てたい。そんな30代40代の女性の相談が増えた。ファイナンシャルプランナーはお金を増やすプロと思う人もいるけど、その人にとってのお金がどういうものか、その人の人生にとって何に使うのがいいかを一緒に考えるのが仕事だと語ります。今日のゲストは FP For You 代表の稲村優貴子さんです。父が銀行員で、子供の頃からお金の管理はきちんとしていた。短大時代から金券ショップを利用したり、懸賞に応募するなどやりくりが大好き。そうやって貯めた「つもり貯金」で家族旅行に行ったことも。ちょっとお茶を飲む程度の小さなお金を「ラテマネー」というが、これがなかなかバカにならないのだと笑います。



FP For You Web

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)専門職

2018年09月24日

第1499回 株式会社シンク 代表取締役 小泉良孝さん

医療用ビデオや企業のインナービデオなど、プランニングを中心とした仕事をしている。現在はモンゴルにも会社があり、中国など海外の仕事が増えてきたと語ります。今日のゲストは株式会社シンク代表取締役の小泉良孝さんです。高校時代、学校の授業で「私は貝になりたい」を見てラジオドラマを作りたいと思った。上京しPAのバイトをしながら、憧れだったオールナイトニッポンの仕事も。ところが腰を痛めて札幌へ帰る事になり、縁あって映像制作会社で働いた。40歳で独立したのは、人に使われるのが嫌だったから。しかしリーマンショックや東日本大震災など、広告業界を揺るがす大きな出来事が起こるたび、同業の仲間に助けられてきたと振り返ります。



株式会社シンク

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)専門職

2018年08月13日

第1484回 色彩療法士 ミリーおばさん

色は人の心を映す鏡。心の声の通訳になる。「9ボックス」は自己認識と他者理解ができる。我が子との関わり方が見えてきたり、企業では人事の適材適所が、コミュニティーなら役割分担がわかってくると語ります。今日のゲストは色彩療法士のミリーおばさんです。子供の頃から自分に自信が持てず自殺願望が強かった。大人になり結婚して4人の子の母となっても、それが変わることはなく長い間苦しんできた。子育てがひと段落した頃、仕事に活かせる資格が欲しくてカラーセラピーの講座を受講。すると1度目で自分を抑圧していたストレスの原因がわかり涙がこぼれた。その後、回を重ねるたびに心が解きほぐされ、気づけば長年付き合っていった安定剤も手放せるほどに。自分には、心から笑う日なんて一生ないと思っていたのにと振り返ります。



ミリーおばさんの色の玉手箱

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)専門職

2018年08月08日

第1483回 整理収納アドバイザー 寺嶋恭子さん

高齢になると買い出しが億劫になり買い込む傾向に。奥のものが探せずダブルで買い込み、探し物でイライラ。もともと綺麗好きな人も、視力が落ちるとくすんで見えなくなり拭き掃除をしなくなる。現在は親の家の片付けサポートの依頼が増えたと語ります。今日のゲストは整理収納アドバイザーの寺嶋恭子さんです。きっかけは母の介護だった。家のことも子供のこともと頑張ったのに家の中がぐちゃぐちゃに。必要な書類探しに何時間もかかり自分は認知症かと悩んだことも。しかし片付けのやり方が違うのではと一念発起。「整理収納」を習い始めたと振り返ります。整理収納コンペティション2014最優秀新人賞受賞。



寺嶋恭子の まいーお片づけ

  

Posted by 福津京子 at 07:07Comments(0)専門職

2018年07月11日

第1474回 引き寄せの法則研究家 歌原ゆかさん

空間環境デザイナーとしてホテルやレストランのコンサルティングやディスプレー、インテリアデザイン、ジュエリーデザインなども手がけている。また現在は北海道倫理法人会で普及拡大委員長を務めている。学びを深める中、自分は本当に人に活かされていると考えるようになったと語ります。今日のゲストは引き寄せの法則研究家の歌原ゆかさんです。もともと母の仕事を手伝うことから入った業界。母と自分を比べ、超えられないことが苦しかった。仕事に夢中になり1年で年商1億を達成するも体はボロボロ。家族にも負担をかけてしまった。理想通りの仕事も家庭も手に入れたくて頑張ってきたけれど、物事をうまく動かそうとするなら、まずは家庭をよくすることだったと振り返ります。



コーディネーションアカデミージャパン

北海道倫理法人会

  

Posted by 福津京子 at 10:35Comments(0)専門職

2018年05月30日

第1456回 札幌夜景ナビゲーター 廣田大さん

ホテルのフロント勤務の傍ら、札幌夜景観光の紹介をしている。夜の観光が少ないと言われる札幌において、夜景はキラーコンテンツ。海の無い札幌が「日本新三大夜景都市」に選ばれたのは貴重。藻岩山からの夜景は、どこまでも遮るものがない石狩平野を埋め尽くす、光の絨毯だと語ります。今日のゲストは札幌夜景ナビゲーターの廣田大さんです。今年は10月に「夜景サミットin札幌」を開催。夜景鑑定士の投票で3年ごとに再認定される。夜景は生き物。地元開催なので今回も是非札幌が選ばれるよう、地元の方にも夜景の魅力を楽しんで欲しいと語ります。



札幌夜景ナビゲーター


  

Posted by 福津京子 at 09:55Comments(0)専門職

2018年05月09日

第1447回 タイマッサージスクール Rakusaa 下山みちよさん

タイマッサージは世界一気持ちの良いマッサージ。とてもリラックス出来て、自閉症などの改善報告があるほど。日本人は働きすぎ。将来は社会貢献として、人の心も癒してあげるられるような活動がしたい。今日のゲストはタイマッサージスクール Rakusaa 代表の下山みちよさんです。司会業や研修トレーナーの仕事を長くしている。そんな中、母の他界など辛いことが重なりメンタルが落ちていた。気晴らしに海外にでも行ってこようとネットで探すと、なぜかタイのマッサージスクールがヒット。短期間で資格の取得ができると知って、9日間のショートコースを受講することに。行ってみると環境が良く、タイマッサージの心のこもった背景を知り見事にハマる。結局、最高の資格まで取得してから帰国したと笑います。



タイマッサージスクール Rakusaa

  

Posted by 福津京子 at 07:56Comments(0)専門職

2018年04月23日

第1439回 英日翻訳者 ランサム川嶋はなさん

*今日は特別編!テキサス・オースティンで開催された音楽と映像とインタラクティブの祭典「SXSW」。ここに今年3月、初参戦した福津が出会った素敵な札幌人をご紹介します♪

翻訳の仕事は場所を選ばないので、同業の夫と一緒にいろんな国で仕事をしてきた。父の体調が悪くなったとき、帰国し富良野で7年暮らしたことも。翻訳は裏方の仕事なので、いつか自分の書いた本を出版するのが夢だと語ります。今日のゲストはテキサス大学オースティン校講師で、英日翻訳者のランサム川嶋はなさんです。父も弟も、親戚もみんな医者という理系一族に生まれたのに、理数系が苦手で自分の居場所がないと感じた。とにかくどこかへ行かなくちゃ。そうだ、得意の英語をやっておけば何処へでも行けると思ったと振り返ります。



テキサス大学オースティン校

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)専門職海外でご活躍の札幌人