さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。現在は札幌の魅力ある人材を動画で毎日配信するのがライフ&ライスワーク。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行っています。(第1211回以降の編集は水上志乃さんが担当しています)2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にて番組化され、現在は月・火・水の放送です。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (17)
観光 (11)
札幌人図鑑 › 専門職

2016年12月06日

第1236回 翻訳者 鳥居マグロンヌさん

主にJICAの研修資料や、農業・教育・漁業などのプレゼン資料を翻訳している。専門性が高くなるほど難しく勉強勉強の毎日だけど、もともと勉強が好きだし何歳まででも勉強できるという点も、この仕事の素晴らしいところだと思う。今日のゲストは翻訳者の鳥居マグロンヌさんです。フランスのオヴェールニュ地方出身。大学院でアジアの文化社会経済を専攻し、日本へ留学した。日本に来て最初に驚いたのはトイレのスリッパ。家に帰ったら靴を脱ぎスリッパに履き替えるまでは知っていたけど、トイレのスリッパでうっかりリビングへ戻る失敗も。日本人と結婚して、転勤で札幌へ。テレビでは、とにかく食べる場面が多くびっくり。みんな「おいしい」っていうけど本当かな。フランスでは滅多に褒めないので、美味しいときにも「悪くない」と表現する。以前はピーコさんが映画でもグルメでも辛口コメントを言うので好きだったし参考になった。日本では正直に発言するって難しいのかな?と語ります。



*お問い合わせは札幌人図鑑まで

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)専門職札幌でご活躍の外国人

2016年11月09日

第1225回 足圧代替療法師 くろせ美奈江さん

足圧(そくあつ)と聞いて、足裏マッサージを連想する方が多いが違う。手のひらより面積も広く力も入る足裏を使って、頭の先から足の先までほぐしていく。プロバスケットチーム・レバンガ北海道の選手は常連で、ホームゲームには全試合同行。骨盤矯正やフェイシャルなど、利用者には女性も多いと語ります。今日のゲストは足圧代替療法師のくろせ美奈江さんです。OLをしながら友人と手作り品の販売をしていた。OLは性に合わず、独立を夢見ていたがなかなか商売にならず。ある時イベントで隣り合わせたマッサージのブースを見て、材料費もかからず在庫も持たない理想的な仕事だと思った。でも自分は人一倍、手に力がないし…。そんな中、知り合いが足圧を始め「(手にではなく)足に職をつけませんか?」と誘われたと振り返ります。



一般社団法人全国足圧協会

足圧スクール ほぐしま笑!

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(4)専門職

2016年08月16日

第1192回 ふぁいん住まいる代表 永井友子さん

古い不要なモノに新しい価値(ストーリー)を付け生まれ変わらせることを目指し、8月22日〜28日「Cleaning Day Sapporo」を開催。素敵な不用品を持ち合って”ブツブツ交換”を行う。モノと対話し、自分とモノとの関係を楽しみながら見直すきっかけにしてほしいと語ります。今日のゲストは整理収納アドバイザー、ふぁいん住まいる代表の永井友子さんです。講座を行うと、不要なものがゴミになるのが気になっていた。そんな中「365日のシンプルライフ」という映画と出会う。倉庫に全ての「モノ」を詰めて、1日1つずつしか出せないと決めて生活する主人公の姿に目からウロコ。札幌で自主上映をしたと振り返ります。



ふぁいん住まいる

Cleaning Day Sapporo

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)専門職

2016年06月13日

第1146回 GOOD ? WORKSHOP 溝渕清彦さん

北大教養部の頃、中国語や中国文学に興味を持ち「語学留学」と称して中国放浪の旅をした。当時も中国は開発真っ只中。あっという間に高速道路が完成したり、真っ黒な水の流れる川を見た。日本の戦後復興期もこんな感じだったかもしれないと感じ、帰国後は環境を意識するように。卒論も環境倫理学だったと語ります。今日のゲストは「GOOD ? WORKSHOP」の溝渕清彦さんです。現在は環境省の事業を担当しつつ、研修やワークショップの企画・運営をしている。自然を守りたい人も自然を使いたい人も一緒に話し合い「自分で考えて自分で判断して自分で行動できる社会になるといいな」と語ります。 



溝渕清彦さんのFacebook

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)専門職

2016年06月10日

第1145回 エナエナももいろ相談室 小友由美さん

妊娠の心配を抱える方や、避妊について、性感染症について、婦人科を受診する前に少し相談をしたいけれど、どこに相談していいかわからない、そんな、女性の性にまつわる悩みを中心とした相談窓口を開設している。婦人科へ行く事を親に知られたくないという若い女性のニーズを想定していたが、今現在望んでいない妊娠の不安に悩む大人の女性の相談も多い。今日のゲストはエナエナももいろ相談室助産師の小友由美さんです。勤めながら助産師の学校へ通い、念願の免許を取得。2009年からピル外来を担当し、昨年12月よりエナエナももいろ相談室を開設。ももいろ相談室は保険証を必要としないので、ちょっと保健室に相談に行くような感覚で気軽に利用して欲しい。また、多くの方に、避妊に失敗した、避妊をしなかった性交渉後72時間以内に服用すると高い確率で妊娠を回避することができる「アフターピル」について知ってほしいと語ります。



エナエナももいろ相談室 小友由美さん

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)専門職

2016年06月06日

第1141回 マジック・コンシェルジュ スペンサートリックスさん

クロースアップからステージまでマジック全般のパフォーマンスを行うほか、マジックイベントのプロデュースから、プロマジシャン向けのDVDもリリース。最近は、マジックに役立てようと身に付けた催眠術で、モチベーションを上げる企業研修の仕事も増えたと語ります。今日のゲストはマジック・コンシェルジュのスペンサートリックスさんです。7歳の時、今はなきSOGOデパートで迷子になる。これ幸いとおもちゃ売り場をぶらついた帰りにエスカレーター横で実演をしていたマジックを見て釘付けに。その時に見た「おばけハンカチ」という手品セットが、その時持っていた全財産とたまたま同じ金額だったので思い切って購入。しかし家に帰ってタネを知るとあまりにくだらなくてフテ寝してしまう。翌朝、昨日は確かに奇跡に見えたと思い直し、ゴミ箱から拾いなおしたと振り返ります。



スペンサートリックスさん Web

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)専門職

2016年05月09日

第1121回 野本貴金属加工所代表取締役社長 野本政夫さん

創業85年。貴金属加工では道内で一番の歴史を誇る。祖父の代から使っている作業場は今も当時のまま。加工した時に出る金属の粉もきれいに集められるように、そば打ちのような大きな丸い器を抱え、作務衣姿であぐらをかいて作業。見学に来たお客様は、皆一様に驚くと笑います。今日のゲストは野本貴金属加工所代表取締役社長の野本政夫さんです。ペット用迷子札に住所や電話番号が書いてあると個人情報が保護できないということで、フリーダイヤルとIDを入れる事が多くなった。最近はこのスタイルで作った指輪の提案をしている。ID入りの指輪を身に付けることで、認知症による徘徊があっても迷子にならないと評判。しかし指輪の内側に文字を刻むのは、高い技術が必要なのだと語ります。



野本貴金属加工所


貴金属装身具製作作業一級技能士
技能士番号[01-065-01-0001]
1997 北海道優良勤労青少年顕彰授与
2001 貴金属装身具製作作業一級技能士取得  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)専門職

2016年04月22日

第1110回 株式会社きれい屋 岡田丈さん

主婦業って本当に大変だ。今は様々なサービスを外注できるのに、お掃除を外注する人が増えないのは、小さな罪悪感が拭えない事もあるが、何より価格だと思う。そんなお母さん達にハイクオリティーなサービスをリーズナブルに提供し、喜ばせるより驚かせたいと語ります。今日のゲストは株式会社きれい屋代表取締役の岡田丈さんです。勤めていた会社が倒産し、ネットでフランチャイズ情報をチェックした。上位にランクインした職種の中から「清掃業」を選び、研修しながら様々な経営者に出会う。電話帳を見れば沢山の同業者が載っていても翌年には3分の2が入れ替わっていることに気づく。上手くいく人いかない人、違いはなにか考えたと振り返ります。



株式会社きれい屋 Web

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)専門職

2016年04月06日

第1098回 スターダストカラーセラピー代表 工藤奈穂子さん

生命保険会社に勤めていたが、退職を決めた時に上司に呼ばれカラーセラピーの先生を紹介された。はじめはいぶかしく聞いていたが話はとても面白く、帰りに本屋へ立ち寄り何冊も本を買って読んだと振り返ります。今日のゲストはスターダストカラーセラピー代表の工藤奈穂子さんです。母が編み物の先生で、家にある毛糸の「色見本」を見るのが大好きだった。色を学んでいくうち数字との共通点を面白いと感じ、色と数字のマリアージュでカラーセラピーをしている。最近は起業を目指す女性にアドバイスする機会が多い。自分に自信が持てないと、できない理由を探してしまう。生きていくことが大変なこの時代、夢を叶える力が人間を成長させてくれると感じている。これからは夢を叶えるために学びを必要とする人たちを繋ぎ、大人の専門学校のような事ができればと語ります。



スターダストカラーセラピーWeb

  

Posted by 福津京子 at 09:46Comments(0)専門職

2016年02月26日

第1070回 女性のハンティングネットワークTWIN代表  松浦友紀子さん

鹿を資源として活用しながら、きちんとした知識を持つ人を増やしたい。30〜40代の女性を中心に集まり、自分たちで獲物を捕って食べている。今日のゲストは女性のハンティングネットワークTWIN代表で一般社団法人エゾシカ協会理事の松浦友紀子さんです。千葉県出身。北大農学部へ進学し、十勝で鹿の行動学を学んでいた。そんな中で出会った地元ハンターのおじさん達が楽しそうに猟をする姿を見て、自分でもやってみたいと思ったのがきっかけ。当然、銃を持つのは許可が厳しい。筆記・実技のほか身辺調査もあり、警察から千葉の実家に確認の電話が入った。両親は「女の子の一人暮らしだし、護身にもなっていい」と答えたと笑います。



女性のハンティングネットワークTWIN代表

一般社団法人エゾシカ協会

  

Posted by 福津京子 at 11:31Comments(0)専門職エゾシカ