さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。現在は札幌の魅力ある人材を動画で毎日配信するのがライフ&ライスワーク。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行っています。(第1211回以降の編集は水上志乃さんが担当しています)2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にて番組化され、現在は月・火・水の放送です。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (32)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (17)
観光 (11)
札幌人図鑑 › 企業人

2016年01月20日

第1043回 札幌丘珠空港ビル株式会社 菅原直樹さん

せっかく市内にあるのに、機会がなく行ったことのない市民がほとんどで残念。そこで歴史探求セミナーやイベント・コンサートなどを企画して遊びに来てもらうことで、まずは知ってもらう所からと語ります。今日のゲストは札幌丘珠空港ビル株式会社の菅原直樹さんです。札幌啓成高校ハンドボール部出身。国体に行くほどのめり込んだハンドボールは社会人になった今でも現役。ジャンプしてシュートする時の時間が止まって見える瞬間が大好き。仕事に煮詰まった時は仕事を俯瞰して幅広く見ると心にゆとりができる。ハンドボールの経験が生かされているかなと笑います。



札幌丘珠空港

1月31日もイベントがあります!♪


  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)企業人

2015年02月15日

第960回 株式会社日本旅行北海道 落合周次さん

お陰さまで今年創業110周年。ご愛顧頂いた皆様にHAPPYがえしをしたい。「食と観光」というテーマでは、北海道はまだまだ出来る事があると思う。株式会社あぐりツーリズムネットの他ホテルやバスツアーの会社もあるので、道内観光の可能性をトータルで提案していきたいと語ります。今日のゲストは株式会社日本旅行北海道代表取締役社長の落合周次さんです。学生時代、バイトして日本旅行でヨーロッパへ。「お金を貰って海外旅行が出来る」と期待に胸膨らませ同社へ入社。新人研修の後「3年で帰すから」と言われ、北海道へ赴任して早38年。始めの頃は東京へ戻してもらうまでのジンクスとして大好きなスキーにも行かなかったが「そのうち子どもが大きくなって、ついに一緒に行くようになった」と振り返る。国内も海外も仕事でたくさん行ったので、家族旅行はもっぱら温泉と笑います。

1、110周年のHAPPYがえし
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 13:52Comments(0)企業人ホテル観光

2015年02月12日

第957回 札幌証券取引所 湯浅祐一郎さん

証券取引所で上場企業を発掘するのが仕事。東京に比べIPO(自社株を初めて売り出すこと)が圧倒的に少ないので、証券会社や監査法人の協力を得ながら啓蒙している。業務内容や将来性もさることながら社長の人柄が大切。上場会社を増やして北海道を元気にしたいと語ります。今日のゲストは札幌証券取引所総務部長 兼 上場推進部長の湯浅祐一郎さんです。機械が好きで車の整備士をしていたが22歳でIT業界へ転職。プログラマーとして京都の証券取引所に派遣され、システム完了後職員として採用された。その後、京都と大阪の合併を機に離職。違う仕事をしていたが、縁あって札幌証券取引所へ。初めは躊躇したが、京都時代に何か忘れ物をしたような気がしてと振り返ります。

1、札幌はいい人が多い
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 13:16Comments(0)企業人

2015年02月07日

第952回 札幌競馬場 植田克己さん

心地よい風に吹かれながら観戦できる「もいわテラス」。家族連れも嬉しい充実したキッズランドやフードコート。都心に近いこの場所で親しまれてきた札幌競馬場を、市民に愛される新名所にしたいと語ります。今日のゲストは昨年夏にグランドオープンした札幌競馬場場長の植田克己さんです。昨年9月から現職。それまで33年間の本部勤務中、25年間は馬券の販売や企画を担当。特に印象的なのはITを駆使したマークカードへの変換期。オグリキャップや武豊人気で大行列のできる券売所へ行き、一人一人にマークカードの説明をした。あの「人力」がなければ、スムーズな移行は出来なかったと振り返る。「壊れたテープレコーダーみたい」と言われたけれどと笑います。

1、グランドオープンに感謝✖️3
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 09:00Comments(0)企業人

2015年01月28日

第942回 北海道エアシステム客室乗務員 蒔田美菜さん

フライトの他に地上業務も大切な仕事。飛行機から空港までの動線に立って、雪の中で乗客を誘導する事も。HACは道内出張などのリピーターが多い。なので「行ってきます」「また来週」と声をかけられるほど、アットホームな雰囲気も魅力だと思う。今日のゲストは株式会社北海道エアシステム客室乗務員の蒔田美菜さんです。大学卒業後、塾の講師や他社のグランドスタッフなどをしていたがずっとCAになりたかった。HACの募集を知り晴れてCAになれたのは25歳の時。客室乗務員は一人体制での勤務なので機内のムード作りが重要。新人・ベテラン関係なく自分でフライトを作り上げられる所にやりがいを感じる。会社が小さなぶん仕事を任せてもらえるので、頑張れば他社より早く教官やチェッカーになるチャンスもあると瞳を輝かせます。

1、「行ってきます」「また来週」
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 13:13Comments(0)企業人

2014年10月07日

第829回 Sapporo Wood Repainters 宮川多恵さん

大通公園の木のベンチ。花壇はいつもキレイに手入れされているのに、ベンチは塗装がはがれて可愛そう。そこで「好きです。さっぽろ(個人的に。)運営委員会」が札幌の景観色で塗り替えようというプロジェクトを発足。10月19日にまずは4丁目のベンチを塗り替えるので是非ご参加をと呼びかける。今日のゲストは Sapporo Wood Repainters 和信化学工業株式会社の宮川多恵さんです。子供時代を過ごした北海道で暮らしたいと、東京からスキー三昧できるニセコへ二十歳で移住。その後、子育てのため札幌へ居を移し色彩の勉強をした。そのスキルを生かして入社したのが塗料会社。CSRとして函館の古民家塗り替えに塗料を提供し、市民の手で塗り替えた実績を生かし、大通公園のベンチもきれいにしたいと語ります。

1、大通公園のベンチをキレイにしよう
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 13:49Comments(0)企業人イベント

2014年05月12日

第711回 株式会社コムズワ-ク 高野由美さん

朝9時に出社。パソコン仕事を終えてから農場へ向かい畑の様子をチェック。車で片道300キロの出張をこなし「週末はチャンス」と農場へ。ゆっくり雑草取りが出来るので嬉しいと笑う。今日のゲストは株式会社コムズワ-ク・プロジェクトマネージャー/株式会社コムズファ-ム・ゼネラルマネ-ジャ-の高野由美さんです。街づくりのコンサル会社が2013年、農業生産法人を作って石狩で農場を経営。コンサルと農業が半々ではなく、どこかで融合する事でハイブリッドなス-パ-マルチ農家を提案していきたいと語ります。

1、もともとコンサル
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 13:24Comments(0)企業人食関係

2014年04月04日

第673回 株式会社土屋ホーム 川本譲さん

レジェンド葛西さんの冬季五輪最多出場がギネス記録に認定。喜びに沸く中、ソチに向かう直前に彼と交わした言葉やスキー部を立ち上げた頃の想いを語ります。今日のゲストは株式会社土屋ホーム副会長の川本譲さんです。現場監督から土屋ホームへ。社長就任や会社の上場などを経験し「たくさんの方に支えられた」と振り返りつつ「ここからは自分探しもしたい」と語る。実はギター小僧だった学生時代のエピソードや愛読書についても伺いました。

1、2001年にスキー部を立ち上げました
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 09:45Comments(0)企業人

2014年02月27日

第637回 株式会社じょうてつ 山口哲生さん

バスや不動産・レンタカーなどグループ企業の業種は多岐にわたり、おいしいお米や農作物も「それ、じょうてつにしませんか。」とPR。昭和の初期に電車を走らせた先駆的な会社として北海道の魅力を発信していきたいと語る。今日のゲストは株式会社じょうてつ代表取締役社長の山口哲生さんです。渋谷勤務が長かったが、55歳で札幌へ単身赴任。ひょんな事から札響とのご縁ができ、東急会の新年会で一緒に演奏をしたエピソードを披露。かつての東京の仲間に「北の大地で凄い事する」と羨ましがられたと笑います。

1、明るいムードを作るのが自分の仕事
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 12:00Comments(0)企業人

2014年02月26日

第636回 JTB北海道 古田和吉さん

昨年発足した「北海道の観光を考えるみんなの会」会長に就任 。前の勤務地である沖縄を例にあげ、北海道を訪れた観光客には、期待を上回る満足や感動が感じられるような交流を提案したいと語る。今日のゲストは、株式会社JTB北海道代表取締役社長の古田和吉さんです。ノー残業デーである水曜日に「居酒屋ふる田」として社長室を開放。ポケットマネーでお酒やおつまみを用意し部下と交流、本音で語る場づくりをしている。仕事は楽しく。明日が楽しみで待ちきれないくらいの気持ちで仕事が出来ると最高でしょ!と笑います。

1、 総合旅行産業から 交流文化事業へ
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 19:23Comments(0)企業人観光