さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。現在は札幌の魅力ある人材を動画で毎日配信するのがライフ&ライスワーク。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行っています。(第1211回以降の編集は水上志乃さんが担当しています)2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にて番組化され、現在は月・火・水の放送です。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (32)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (17)
観光 (11)
札幌人図鑑 › ドリノキ

2014年02月16日

第626回  つくるひと、たべるひと。 みやちゆかさん

グラフィックデザイナーの企画するイベントはお洒落でワクワク独創的。今日のゲストはuna casita miyachi design lab の、みやちゆかさんです。スペイン語でちっちゃなおうちを意味する una casita。「ウナカシータ」という音の響きが「おなかすいた」に聞こえて可愛いと屋号に。飲食店の名刺やポップ・看板デザイン等を手がける事が多く、自らの職業を「 つくるひと、たべるひと。」と表現。パティシエだった父と一緒にカフェを開き、自分の企画するイベントを常設するのが夢と語ります。

1、つくるひと、たべるひと。
  続きを読む

2014年02月12日

第622回 グラフィックデザイナー 白山勇一さん

子供の頃から絵を描くのが大好き。高校時代、進路の先生にグラフィックデザイナーを勧められたがその気になれず。しかし適性検査を受けると97%適性という結果で驚いた。今日のゲストはグラフィックデザイナーの白山勇一さんです。売りたいもの・伝えたい事があるお客さんに自分のデザインを見せた時「そうよ、そこなのよ」と言われると、通訳ができたようで嬉しい。最近面白かったのは自分の作ったお弁当が「みんなのOh!Bento」という本に載った事。今年は新たな展開もありそうと笑います。

1、適性検査の結果

  続きを読む

2013年11月24日

第542回 寿珈琲 柴田寿治さん

二条市場の北向いに店を構えつつ、マチナカにある話題のカフェの立ち上げも手伝った。今日のゲストは「寿珈琲」店主で、シバタグラム株式会社代表取締役の柴田寿治さんです。学生時代からネクタイを締めて会社勤めをするイメージが湧かなく、大好きなCLUBの真上にあるカフェに勤めたのがこの業界に入ったきっかけ。30歳で独立したが、それまでの仲間のツテだけで特に営業をする事もなく商売をして来た。人と人の繋がりを大切にして異業種とのコラボイベントを成功させると、この街のために何ができるかを考えるようになったと語ります。

1、カフェ目線で札幌の魅力発信
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 13:53Comments(0)ドリノキ

2013年09月13日

第470回 株式会社ときめきサプリ 岩館空さん

29歳のクリスマスに彼氏と別れ「寿退社」の夢破れる。これからは仕事に生きると干物女の大逆襲が始まった。今日のゲストは、株式会社ときめきサプリ代表取締役の岩館空さんです。イケメン店員の書店に通いちょっとした胸キュンを楽しんでいる自分に気付き、「イケメン店員マップ」を考案。会社の社長に「私はトキメキが欲しい!」と直談判し、一人部署で開発を進める。1年経ちアイディアは評判が良かったものの事業にはなれず、一念発起して起業。「胸キュン」は、全国へ拡散中!

1、イケメン見たらイケメンマップ
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 10:47Comments(0)ドリノキ

2013年04月05日

第340回 ゼロクルー・エンタテインメント 三浦宏一さん

運動神経抜群の少年時代。特に空手では全国区の力を見せ、千葉の国際武道大学へ推薦入学。しかし喜んで上京したのは、武道とは別の目的だった。今日のゲストは、XERO KREW ENTERTAINMENT 代表の三浦宏一さんです。中学高校と音楽三昧。「音楽が出来る!」と張り切って入った大学は当然ながら運動一色。しかし授業とサークルでクタクタになりながらアルバイトも頑張った。行きたいライブが沢山あったから。札幌に戻り「ホワイトスネーク」を見て感動。音楽をプロモートする側の仕事をしようと考えYAMAHAに電話、直談判します。

1、小6の頃、ボロボロのギターを拾う
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(2)ドリノキ

2013年03月05日

第309回 NPO法人北海道冒険芸術出版 堀直人さん

広告会社でデザインの基礎を学び、仕事を転々としながらバイクに乗って全国各地マニアックな旅を楽しむ。「お金の為に」始めた添乗員の仕事は意外に楽しかった。定番の観光ツアーの魅力を知る事が出来たから。今日のゲストはNPO法人北海道冒険芸術出版代表理事の堀直人さんです。念願だった本を作る団体を立ち上げ活動する中、コメンテーターとして参加したイベントで「埼玉県鷲宮神社の土師祭と観光・他者との交流」がテーマの話しを聞き、本にしたいと思い立ちます。

1、アニメの聖地巡礼で現代社会を斬る!
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 09:03Comments(0)ドリノキ

2013年01月20日

第265回 ナップザック 太田宜志さん

今日はドリノキ入居者で定山渓一泊、新年会を行った「ぶんぶんの湯」からお送りします。おいしい食事といいお湯で、すっかりご機嫌な中インタビューさせていただきました。ゲストはナップザックの太田宜志さん。ソフトエンジニアです。小学校の頃から将来はこの仕事と決め「仕事の為に」パソコンに向かっていたと話します。昨年末で脱サラ。1月から独立した太田さんに新規事業に向けた熱い想いを伺いました。

1、色んな物を詰め込んで
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)ドリノキ

2012年11月22日

第206回 HRM企画事務所 森下智さん

「脱出ゲーム」・・それは、ボーリングやカラオケにつぐ大人が夢中になってできるゲーミフィケーション(造語)。現実世界で謎解きしながら進むこのゲームは、楽しいから集中出来る、集中出来るから学べるという、知的感性がくすぐられる大人のゲームです。今日のゲストはHRM企画事務所の森下智さん。たとえば・ということで「その1」でクイズを出してもらっています。さぁ、みんなで考えよう〜!

1、人狼村からの脱出
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(4)ドリノキ

2012年10月05日

第158回 コピーライター 大阪匡史さん

今日のゲストはコピーライターの大阪匡史さんです。北大建築工学科在学中、東京で流行っていたインディーズ雑誌に衝撃を受けて雑誌の世界へ。現在発行しているフリーペーパー“The Aphtha”(アフタ)では、明日へのたたき台としての絵と文を紹介。ポテンシャルの高い若者の、発芽のきっかけとなれば嬉しいと語ります。

1、インディーズ雑誌に心惹かれて


  続きを読む

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)ドリノキ

2012年09月17日

第140回 Neeth 株式会社 石井宏和さん

自分はどんな仕事をして生きていこうか悩んでいる時に、「面白い」と思える大人との出会いは本当にラッキー。社名は、North・Needs・With の造語なのだと想いを語る、Neeth 株式会社代表取締役・札幌ビズカフェ理事の石井宏和さんが今日のゲスト。未来に必要な誰かと未来に必要な何かを一緒に考え実現するお仕事です。

1    一刀三礼の仏像彫師


  続きを読む

Posted by 福津京子 at 07:17Comments(0)ドリノキ