さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (23)
観光 (12)
医師 (11)
札幌人図鑑 › 子育て

2016年05月04日

第1118回 kodomo no mikata 主宰 まつもとなおこさん

ファッションデザイナーだった前職を生かして、子育てママのファッション教室を開催。合わせて天然のホホバオイルで行う赤ちゃんマッサージをお母さんたちに指導。弟が生まれ一番甘えたい時に甘えられなかった自身の体験を例に「ぬくもりは記憶に残る」と伝えている。今日のゲストはkodomo no mikata 主宰のまつもとなおこさんです。洋裁が得意な母の手作りの洋服を着て育ち、小さい頃からデザイナーになると決めていた。東京で夢を叶えて仕事をし、結婚を機に帰札。ところが妊娠すると酷いつわりに苦しんだ。24時間船酔いのような辛い毎日。妊娠なんてしなければよかったと思ってしまった。つわりが落ち着くと、その「思ってしまった」ことを激しく後悔。お腹の赤ちゃんに申し訳ない気持ちでいっぱいの中、ベビーマッサージに出会ったと語ります。



kodomo no mikata(コドモのミカタ)Web

  

Posted by 福津京子 at 09:32Comments(0)子育てファッション

2016年03月18日

第1085回 にじ色こども食堂 安田香織さん

「こども食堂」といってもこどもしかダメなわけじゃない。サザエさんの食卓のように、老若男女ワイワイとテーブルを囲めるのが理想。「こどもの貧困」解消のためと思われることが多いが、こども食堂に来ることで「貧困」の烙印を押されるようでは本末転倒。だからいつでも入ってこられるように、オープンな雰囲気作りに気を配ると語る。今日のゲストは豊平区にあるにじ色こども食堂の安田香織さんです。短大を出てアパレル業界で勤務。華やかに着飾り楽しく仕事をしていたが、とびきり美しく着飾ったお客様の言動にショックを受け、人間の外見ではなく内面に気持ちが向くように。路上生活者の見回りや炊き出しなど様々なボランティアを続ける中、ある児童養護施設の女の子と文通を始めたと振り返ります。



にじ色こども食堂

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)子育てまちづくり

2015年11月30日

第1016回 結び屋ゆいく 智田さくらさん

生後一ヶ月の赤ちゃんも、風呂敷を使ってまあるく「おひな巻き」に。子宮の中にいる時のかっこうに似ていてリラックスできるせいか、驚くほどよく寝てくれると語る。今日のゲストは結び屋ゆいく代表の智田さくらさんです。祖母も母も着物好き・和風好きな家庭で育った。そして子育てでは先輩の妹が、毎日の暮らしに風呂敷を取り入れ上手に節約しているのを見て感心。自分も風呂敷を便利に使って、子育てを可愛くコンパクトに。ところが夫の転勤で札幌へ来ると、風呂敷を持っている人が少なくて驚いたと語ります。





結び屋ゆいくFacebook  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)子育て習い事

2015年11月25日

第1013回 えぞ父子ネット代表 上田隆樹さん

一人娘が4歳のとき、妻と死別し突然父子家庭に。ネットで検索しても父子家庭向けの情報はなく、勇気を出してママさんネットワークに入りみんなに助けてもらった。その後、シングルパパのネットワークも必要と考え「えぞ父子ネット」を立ち上げる。今日のゲストは「えぞ父子ネット」代表で、札幌おやじネットワーク広報の上田隆樹さんです。ある日娘が「明日は粘土なのでスモックを持ってきて下さい」というお便りを持って帰った。しかしスモックとは何かがわからず、翌朝早く園に行き園長に尋ねたと振り返ります。






上田さんのブログ

北海道シングルパパ支援ネットワーク
「えぞ父子ネット」


上田さんのFacebook  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)PTA活動子育て

2014年10月20日

第842回 DJ TAMAさん

音楽をかけてみんなを楽しませるだけじゃない。音楽も音楽を楽しむイベントもプロデュース。選曲センスとテクニックで、スクラッチのDJバトル全国チャンピオンになった。今日のゲストはDJ TAMAさんです。自分と同じように、ヒップホップで育った世代もだんだん結婚して子供をもつように。そこで「S.L.A.M&KIDS’DISCO」を開催。音楽やダンスを親子で楽しむ場所をつくると、子育て中でもはじけたいママや、週末はジャスコしか行くところがなかったパパにも大好評だった。DJとしての活躍の場は全国、海外へと広がって来た。ヒップホップのおかげで世界中に友達が出来た事が嬉しい。ヒップホップはユニバーサルランゲージだと語ります。

1、DJバトル 全国チャンピオンです
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 10:22Comments(0)音楽人子育て

2014年09月09日

第801回 株式会社 Mammy Pro 阿部夕子さん

子育ては楽しいけれど辛い事もいっぱい。そこで健やかな子育てに役立つ情報を、ウエブとフリーペーパーで展開。イベントを開催しリアルな繋がりを応援したり、市内の小学校と連携して不審者情報などを共有した。今日のゲストは株式会社 Mammy Pro 代表取締役の阿部夕子さんです。前職はパソコン教室だった。そこでフリーペーパーを作る事になり広告の営業に歩くと、「これからはウエブでしょ」と口々に。当時はSNSも盛んではなく、ウエブの子育て情報も東京中心。雪国札幌には札幌独自の子育て情報が必要と起業を考え、ママ友と作戦を立てたと語ります。

1、当事者同士の横の繋がりを作る
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 10:00Comments(0)経営者メディア人子育て

2014年09月03日

第795回 札幌トモエ幼稚園 木村仁さん

壁がなく天井が吹き抜けの広い園舎。園児の他に乳幼児から祖父母までが自由に集い、都心から離れた自然林の緑の中でのびのびと過ごしている。今日のゲストは南区北丿沢にある札幌トモエ幼稚園 園長の木村仁さんです。自身は東京の下町で地域社会に見守られながら育った。中学の頃から映画が教科書で、人間とは何か、人生とは何かを考えるように。二十歳でクリスチャンとなり、神学校へ進み牧師となる。十勝の教会幼稚園で園長をしたのがきっかけで幼児教育の世界へ。母親の精神衛生が良くみんなが助け合って生きる生活の中で、子供の気持ちは安定し問題を自分で解決する力を付けると語ります。

1、30年前ビニールハウスでスタート
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 16:25Comments(0)子育て

2014年01月28日

第607回 来mamaルーム 越後久美子さん

一人目の子供を出産の際、こだわっていた母乳育児がうまくいかず困っている時に相談する人がいて助かった。3人目を子育て中の今、自宅の一室を「住み開き」してママたちの居場所をつくった事で、自宅に居ながらにしていろんな出会いがあり楽しいと笑う。今日のゲストは「来mamaルーム」代表の越後久美子さんです。北海道新聞の「読者の声」に採用された子育てにまつわる投稿を集めた「子育てはキャリアでしょ!」を発行し話題に。子連れで気軽に出かけられる場所が増えると、子育てはもっと楽しくなると語ります。

1、原体験はおっぱいです

  続きを読む

Posted by 福津京子 at 14:16Comments(0)子育て

2013年11月29日

第547回 enjoy育児「ニコニコ会」中島聖子さん

長女出産の際も里帰りせず、ご近所の方に見守られながらアクティブに子育て。ママ友と準備・企画した「ニコニコまつり」では、ママ達が自分の特技を生かしお店を出して大好評。今日のゲストはenjoy育児「ニコニコ会」代表の中島聖子さんです。スノーボードが大好き。地元静岡は雪が降らずゲレンデへは何時間もかかる。そこで11月末には車に布団を積んでフェリーで札幌へ。ゴールデンウイークまでほとんど毎日スノボを楽しみ、夏の間は静岡に戻りバイト三昧。お金を貯めてまた札幌へという生活を何年もするうちに、縁あって札幌の男性と結婚し札幌人になったと笑います。

1、去年4月「ニコニコ会」発足
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 16:59Comments(0)子育てまちづくり

2013年08月28日

第454回 アトリエいろのたび 菅原ゆうきさん

アトリエには絵の具や廃材などの道具が一式準備され、子供達はのびのびと創作に没頭出来る。今日のゲストは、アトリエいろのたび・チャイルドアートカウンセラーの菅原ゆうきさん。出身は鹿児島で、OLの傍らバンド活動をしていた。コンサートのたびにテーマカラーを決めるようになり色に興味を持つ。その後、仕事の関係でプレゼンと色彩を学べる講座を受講。色彩の学びを深めて行くなか、夫の転勤で札幌へ。3.11以降、自分の身につけた色彩学で「人」を元気にしたいと立ち上がります。

1、テーマはその日、自分が決める
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 09:22Comments(0)子育て