さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (20)
観光 (11)
医師 (10)
札幌人図鑑 › 札幌でご活躍の外国人

2017年03月15日

第1276回 観光コーディネーター  プーワナット スパープクンさん

札幌国際大学に留学し、大学院で観光を学んだ。テーマは「北海道におけるタイ人の観光客の誘致と受け入れ」。当時まだタイでは北海道ブームというほどでもなかった。しかしちょうど直行便ができて急に北海道ブームが来た。だから研究もやりやすかったし、講師として話す機会もたくさんあったと語ります。今日のゲストは合同会社Staylink 観光コーディネーターのプーワナット スパープクンさんです。札幌のロータリークラブから奨学金をもらえることになり、留学できると喜んだのもつかの間、保証人が必要だとわかった。日本に知り合いもいないので諦めかけたとき、ロータリーの方が保証人になってくれて留学の夢が叶った。働き方として目指す方向が同じ仲間にも出会い、卒業後も札幌へ残ることができた。札幌への恩返しはこれからと語ります。



合同会社Staylink


  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)札幌でご活躍の外国人観光

2017年03月13日

第1274回 銘酒の裕多加 取締役常務  熊田架凜さん

日本酒専門店の長女と結婚し、将来は店を継げるよう勉強の毎日。大好きな日本酒について英語での説明が必要なシーンは多く、国内のみならず海外のイベントにも呼ばれるように。日本酒の案内はちゃんとしないと売り上げに響く。海外向けのチラシなど、変な英語の文章を見つけるとがっかりすると語ります。今日のゲストは日本酒をこよなく愛するアメリカ人、銘酒の裕多加 取締役常務の熊田架凜(カリン)さんです。10年前、バックパッカーで日本一周。ヒッチハイクで道内を移動中、仲良くなった男性の家に居候をしながら地域を観光。後輩だと紹介された女性(妻)は「外国人に日本酒を飲ませる」ことをミッションとし自分で商売をしていた。そこで勧められた日本酒は、過去にアメリカの日本料理屋で飲んだ味とは全く違う美味しさで驚いたと振り返ります。



銘酒の裕多加

  

Posted by 福津京子 at 15:00Comments(0)札幌でご活躍の外国人食関係

2016年12月06日

第1236回 翻訳者 鳥居マグロンヌさん

主にJICAの研修資料や、農業・教育・漁業などのプレゼン資料を翻訳している。専門性が高くなるほど難しく勉強勉強の毎日だけど、もともと勉強が好きだし何歳まででも勉強できるという点も、この仕事の素晴らしいところだと思う。今日のゲストは翻訳者の鳥居マグロンヌさんです。フランスのオヴェールニュ地方出身。大学院でアジアの文化社会経済を専攻し、日本へ留学した。日本に来て最初に驚いたのはトイレのスリッパ。家に帰ったら靴を脱ぎスリッパに履き替えるまでは知っていたけど、トイレのスリッパでうっかりリビングへ戻る失敗も。日本人と結婚して、転勤で札幌へ。テレビでは、とにかく食べる場面が多くびっくり。みんな「おいしい」っていうけど本当かな。フランスでは滅多に褒めないので、美味しいときにも「悪くない」と表現する。以前はピーコさんが映画でもグルメでも辛口コメントを言うので好きだったし参考になった。日本では正直に発言するって難しいのかな?と語ります。



*お問い合わせは札幌人図鑑まで

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)専門職札幌でご活躍の外国人

2016年10月18日

第1215回 plan ➕ Sapporo 陰泳畯さん 

札幌を訪れる観光客が自分で立てた旅のプランに、もう1つプラスしてもらうイメージ。定山渓の湯守さんや大倉山でのカウントダウンイベントなど、地元の人もあまり知らない魅力的な情報を集め取材して本にした。「文章も写真も編集もぜーんぶ自分でね」と笑います。今日のゲストは札幌の観光ガイドブック「plan ➕ Sapporo」を発行した、株式会社プランプラス代表取締役社長の陰泳畯(ウンヨンジュン)さんです。韓国ソウル出身。北大大学院へ留学をきっかけに日本へ。ところが授業を受ける中で、重症ではないものの「難読症」という障害が発覚。研究者への道は諦めた。しかし今後は色んなことにトライしたいと、観光ガイドブックを制作。日韓関係って良くなったり悪くなったり。でも、日本に良くない感情のある人は、日本に来たことがない場合が多いと思う。だから日本に来たくなるような魅力を韓国人である自分が伝えて一度でも来てもらうことができれば、将来的にもっと良い関係ができるのでは?と考えたのがきっかけ。でも本当にやりたいことは、まだまだあると語ります。



陰泳畯さんFacebook

  

2014年11月17日

第870回 環境カウンセラー ビアンカ・フュルストさん

ドイツからの国際交流員として18年前に札幌へ。当時、環境先進国として意見を聞かれる事が多く「レジ袋は有料化」「エコバック持参で買い物を」と提案すると、「日本では無理」と一蹴され、環境大臣をもじって「環境外人」と呼ばれたと笑う。今日のゲストは環境カウンセラーのビアンカ・フュルストさんです。八剣山で果樹園を営む男性と結婚、3人の子供を授かった。今は豊かな自然に囲まれた果樹園に小屋を造り、自家発電やソーラークッキングなどで楽しく環境教育をしている。3.11以降は特に注目を集め、海外からエコツーリズムの団体を受け入れる事も。ドイツには自然エネルギーで自立し豊かに暮らす村が200以上ある。今後も自分の出来る事を試し、北海道でもこんな事が出来ると見せていきたいと語ります。

1、ニックネームは環境外人
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 20:48Comments(0)札幌でご活躍の外国人環境

2014年09月25日

第817回 映像作家 ニール・ハートマンさん

まだ誰も見ていないような景色、誰も足を踏み入れていないような場所。そんな場所を追い求め車中泊で旅を続けたある日、駐車場に並んだ車を見て仲間が「車団地みたいだ」と言った。スノーボードDVD「CAR DANCHI」シリーズはそうやって誕生したと笑う。今日のゲストは One Films 映像作家のニール・ハートマンさんです。スノーボードとの出会いは中学の時。初めてルスツで滑った時の感激は今も忘れない。その後、縁あって札幌のラジオパーソナリティーとして活躍。自分は本当は映像志望だと口にした時、話し手の先輩から「まず写真を撮れ」とカメラをプレゼントされ夢中になった。このカメラが僕をどこにでも連れて行ってくれたと語ります。

1、雪山の静けさと美しさ
  続きを読む

2014年08月05日

第766回 Beer Inn 麦酒停オーナー Phred Kaufman さん

世界のビール300種を楽しめる店内には天井までびっしりの空き瓶、その数5000種。北海道生まれの地ビール・蝦夷麦酒を楽しむため、道外海外のビール好きも訪れる。今日のゲストは Beer Inn 麦酒停オーナーの Phred Kaufman さんです。日本文化を学ぶため早稲田大学へ。学生時代に旅した北海道が気に入り、店を構えて35年。今週末は澄川にあるインターナショナルスクールでチャリティービアフェスティバルを行う。売り上げの一部はアフリカやバングラデシュ等の外国人が留学する為の奨学金に。ミュージシャンを呼び、フードも充実しているので、ぜひ楽しんで参加して欲しいと呼びかけます。

1、札幌に店を構えて35年
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 10:31Comments(0)飲食店札幌でご活躍の外国人

2014年07月20日

第750回 ハラルフードアドバイザー 須見ウィディアさん

今日のゲストはハラル料理店ワルンジャワ オーナーの須見ウィディアさんです。インドネシアで北海道の男性と出会い、4年の遠距離恋愛を経て結婚。初めは言葉の問題でナーバスになったが、親の反対を押し切って結婚したので弱音を吐かず頑張ったと振り返る。専業主婦より仕事をする方が好きなので、札幌に来て早々このお店を開いたと語ります。ナシゴレンなど定番メニューの他、最近人気なのは「ハラルラーメン」。豚骨や豚肉、ラードやみりん等を一切使用せず、さっぱりと頂けるウィディアさんの手作り。ハラルフードアドバイザーの他、ツアーコーディネート、グルメレポーター、モデルなど大活躍です。

1、ツアーコーディネートからモデルまで
  続きを読む

2014年07月06日

第736回 イタリア大好きドットコム ウッケッドゥ ダビデさん

イタリア旅行で人気なのは、グルメ、アート、そしてサッカー!ツアーの予約と同時にセリエAのチケットも手配して宿泊先のホテルに届けるサービスは、郵送トラブルが回避出来ると好評だ。今日のゲストはジェイ・アイ・エクスチェンジ株式会社代表取締役のウッケッドゥ ダビデさんです。子供の頃から日本のアニメが大好き。ほとんど日本語が出来ないまま語学留学で札幌へ。まず最初に訪れたのは富良野高校。「キャプテン翼」で見た雪上サッカーが本当に行われていると知り驚いたと笑います。日本人と結婚し子供にも恵まれた。ライフスタイルや子育てについて、イタリアと日本、両方の良さを取り入れたPTA活動をしてみたいと語ります。

1、セリエAのチケットも現地で!
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 10:00Comments(0)札幌でご活躍の外国人

2014年04月01日

第670回 八剣山ワイン・ラベルデザイン  ビアンカさん

2013八剣山ワイン・ラベルデザインコンペティションでグランプリに輝いたのは、モチーフである“八剣山”と“羅針盤”がバランスよく配置された美しいデザイン。今日のゲストは東海大学国際文化学部デザイン文化学科2年生のビアンカさん、香港からの留学生です。論文を書くほど大好きだったKAT-TUNの影響で日本に興味を持つ。叔父が札幌の語学学校で学んだ事や雪への憧れ、大都会より地方都市で勉強に集中したいとの想いで札幌の大学を選んだ。学友とよさこいや地域のまちづくり活動に参加する中、将来はブランディングを仕事にしたいと語ります。

1、八剣山ワイナリーのラベルをデザインしました
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 21:42Comments(0)札幌でご活躍の外国人