さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。現在は月曜と火曜、週2回の放送で更新中(水・木・金はバックナンバーの再放送)。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (34)
福祉 (12)
NGO (1)
IT系 (41)
観光 (15)
医師 (15)
落語 (12)
出版 (10)
区長 (11)
札幌人図鑑 › パフォーマンス

2015年03月07日

第980回 メイクスマイルアーティスト 横山美和さん

ピンクの大きなフレームを担ぎ、メイクで世界を旅してきた。従来のメイクアップアーティストの枠を超え、トークやダンスを交えたエンターテイメントとしてメイクを表現。初音ミクとのコラボイベントでは600人のファンが「スノーミクメイク」を体験し笑顔になった。今日のゲストはメイクスマイルアーティストの横山美和さんです。ファッションと音楽が大好きだった。専門学校でメイクを学び、大好きな古着屋さんにメイクイベントを提案。続けるうちに注目を集め、クラブイベント等から声がかかるように。最近は海外メディアへの露出も増えてきた。いま描いている世界観を追い続け、世界をメイクで笑顔にしたいと瞳を輝かせます。

1、キャッチコピーは ミワンダフル♪
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 14:35Comments(0)専門職パフォーマンス

2015年01月19日

第933回 サプライズ怪人 マスクドエックスさん

忍者姿で振り回したヌンチャクを一瞬で和傘に。オリエンタルなおもしろ外人として2014年フロリダ州マジックコンベンションで準優勝。現在は磨きあげたマジックに強靭な身体能力を生かしたパフォーマンスを交え、札幌の娯楽文化に革命を起こしたいと意気込む。今日のゲストはサプライズ怪人のマスクドエックスさんです。ジャッキーチェンに憧れ上京。スタントマンの練習場に通った。その後帰札し小さなアクションショーを始める。演出で使う壊れやすいコップや小道具を探すなかマジックの道具を見つけ興味を持った。マジックはそうやって始めたが、もともと好きなのはアクション。メキシコでプロレスを見た時、覆面レスラーが格好よく輝いて見えた。以来自分も、覆面姿でマジックをするようなったと語ります。

1、ジャングルジムで鯉のぼり
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 10:49Comments(0)パフォーマンスイベント

2015年01月05日

第919回 西崎流舞踊家 西崎鼓美さん

母が日本舞踊の先生で、小さい頃から体を動かす事は日舞しか許されなかった。大人になってからは日舞に加え、憧れだったバレエほか様々なスポーツにトライ。現在は日舞を取り入れた和のエクササイズを提案している。今日のゲストは西崎流舞踊家の西崎鼓美さんです。熱心さが買われエアロビクスのインストラクターをしていた頃、レッスンの後生徒さんに「健康になった」「痩せた」とお礼を言われるようになり、自分のスキルを恥ずかしく思うように。そこで本格的に運動学や栄養学・解剖学などを学ぶと、その理論が日舞の動きとぴったり重なる事を発見。勉強がどんどん楽しくなったと振り返ります。

1、好きじゃないけど辞めずにいよう
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 10:05Comments(0)パフォーマンスダンサー

2014年12月10日

第893回 フリーのマジシャン 堂本秋次さん

パーティーや結婚式のサプライズとしてカードマジックを披露している。時にはお客さんに紛れ込み、客として事件を起こしそのままマジックに持って行く事も。今日のゲストはフリーの翻訳家でフリーの奇術家の堂本秋次さんです。小樽商科大学の演劇サークル「演劇戦線」で座長を2年務めた。思いがけない顛末の脚本を書いたり、お客さんを引っ掛けるような演出をするのが得意だった。心理学が好きで独学で学んだ事も役に立っていると思う。翻訳の仕事をしている為、最近は英語でのマジックを依頼される事が多い。海外の方は楽しみ方が上手なのでとても盛り上がると笑います。

1、パーティーのサプライズで
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 12:32Comments(0)専門職パフォーマンス

2014年07月09日

第739回 祭の妖精 祭太郎さん

ウサギを模した和柄のマスクと前掛け姿。ただひたすらに「受け身」をとり続けるパフォーマンスは、強靱な魅力と面白さを持つ。今日のゲストは、万歳をデリバリーして札幌国際芸術祭2014を勝手に応援している祭の妖精・祭太郎さんです。子供の頃からプロレスが大好き。中学2年の時、学校祭の出し物で「ひとりプロレスがしたい」と申し出るも却下。デザインを学ぶため札幌の専門学校へ通う中、現代アートに傾倒。路上で「受け身」をしたり、壁に描いた絵と戦ったり。師匠がハンブルクで個展を開く際に同行し現地でパフォーマンスをする事になり、ウサギの被り物をしたのがきっかけと語ります。

1、うさぎのかぶり物でハンブルグへ
  続きを読む

2014年04月05日

第674回 パントマイム 中村太一さん

パントマイムの楽しさ素晴らしさを普及すべく、商業施設でのイベントの他、舞台を企画したり教室で教えたり。今ではお弟子さんのどさんこパフォーマーも30名になった。10月15日、このメンバーと時計台ホールにて「時計台サーカス」の開催が決定。今日のゲストは吉田明美パントマイム企画札幌支部代表の中村太一さんです。最近は紙切り・太神楽・曲独楽など和装での寄席芸も人気。二十歳の頃、フランスのパントマイムの映像に感銘を受けこの世界へ。実はマルセルマルソーと誕生日が一緒なのだと笑います。

1、札幌に来て4年目です
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 11:45Comments(0)パフォーマンス

2014年03月26日

第664回 アコーディオン弾き よっちゃん

アコーディオンの音色にのせて青春時代の懐かしいあの歌この歌、さぁ皆さんご一緒に!今日のゲストはアコーディオン弾きの「よっちゃん」こと、うたごえ便よりみち代表の石澤佳子さんです。自分でお店を持つ事なく、アコーディオン持参で歌声喫茶を出前している。起業支援のコンペで入賞。助成金を頂いたので勤めを辞めて一人で始めた。最初は苦労したものの、出向いた先で「介護予防になる」「次はうちの地域にも来て」と声をかけられ少しづつ依頼が増えた。経費節約で特に宣伝も出来なかったのに「70代の口コミはすごい!」と笑います。
*6月29日プラニスホールにて出前500回達成記念「うたごえゴーゴー」を開催します

1、出前歌声喫茶です
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 10:00Comments(0)福祉パフォーマンス応援する人

2014年02月13日

第623回 札幌円山カレー黒岩 黒岩孝康さん

中学時代の面白いのが集まってワイワイやっていたら、テレビやラジオのお仕事も出来るように。仕事で会ったハリウッド俳優に「ナイスボイス」と褒められた武勇伝を持つ。今日のゲストは札幌スーパーギャグメッセンジャーズのタレントで、「札幌円山カレー黒岩」オーナーの黒岩孝康さんです。料理好きが高じてスープカレーの店をやっていた。その後、毎日の朝ご飯をSNSにアップすると「いいね!」がたくさん集まり定食屋を開く。そして現在円山で営業しているのはルーカレーのお店。休みの日も家でカレーを作るくらいカレーが大好きと語ります。

1、休みの日でもカレー作ってます

  続きを読む

Posted by 福津京子 at 10:00Comments(0)パフォーマンススープカレー

2013年11月12日

第530回 NorthRopes 日高龍太郎さん

二本の長縄を巧みに操りパフォーマンス。大通公園やチカホで観客を沸かせます。今日のゲストは、札幌ダブルダッチチーム「NorthRopes」リーダーの日高龍太郎さん。宮崎生まれの東京育ち。中学卒業後、高校は「面白そうだ」とスイスの日本人学校へ進学。そこで数学の先生からダブルダッチを教えてもらい夢中に。大学は当然東京と思っていた両親を横目に「体がすっかり寒冷地仕様になっていて」、東京の夏は無理と酪農学園大学へ。大学で仲間を募りサークルを立ち上げ、社会人になった今も楽しんでいると語ります。

1、社会人パフォーマーです
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 10:18Comments(0)パフォーマンス