さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (20)
観光 (11)
医師 (10)
札幌人図鑑 › イベント

2017年06月20日

第1317回 さっぽろ青少年女性活動協会 石井一彦さん

野外キャンプやイベントなど、子供や青年を巻き込みながら年間50本ものまちづくり系のイベントを受託。中でも雪まつりさとらんど会場の雪の迷路と大滑り台は、たくさんの市民が力を合わせて製作する大仕事と語ります。今日のゲストは公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会企画事業部部長の石井一彦さんです。親が公務員で転勤が多かった。ずっと内陸ばかり転校していたが、中学に上がるころ余市へ。目の前に海が広がる家に初めて住み、イカダを作ったり釣りをしたり泳いだり。そのうち近所の漁師に小舟をもらうほど毎日遊んでいたが、刻々と表情を変える海はどんなに遊んでも飽きなかった。思えば今の仕事につながることは、ぜんぶ余市の海が教えてくれたと振り返ります。



公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会


  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)まちづくりイベント

2017年06月05日

第1310回 TEDxSapporoスピーカーチームリーダー  田中邦彦さん

「広める価値のあるアイディア」を共有するためにライブトークを聞くイベント「TEDxSapporo」。その登壇者のスピーチの内容を一緒に考え、独自に経験してきた事やアイディアを引き出すお手伝いをしている。活動のきっかけを伺うと、思ったより純粋で単純である事が多いと語ります。今日のゲストはTEDxSapporoスピーカーチームリーダーの田中邦彦さんです。二十歳からSEとして働いていたが、何年かするとこれが本当に自分のやりたい事かと悩むように。そんな中、朝から晩まで楽しそうに仕事をしている男と出会う。なぜそんなに楽しそうなの?ときくと「これが自分の好きな事だから」との答え。それなら自分もと、ずっと興味のあった心理学の勉強を通信で始めた。毎朝4時に起き、レポートを提出してから会社へ向かう日々。難しい事も多かったけど、楽しくて充実した4年間だったと振り返ります。



TEDxSapporo

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)イベント

2017年05月08日

第1298回 子どもイベント「スエニョ」代表 日向洋喜さん

学校や普段の生活ではやらない事を体験したり遊んだり。そんな未知の体験をすることで子どもが夢を広げられるようなイベントを開催している。今日のゲストは子どもイベント「スエニョ(スペイン語で夢)」代表の日向洋喜さんです。大学2年が終わった時、1年休学してピースボートに乗った。23カ国を訪問し、船の中で異年齢の様々な背景の人と活動したり現地の若者と交流したり。そんな中、あなたの夢はなんですか?と聞いて回り、旅の記念にと書いてもらった「夢ノート」。ページを開きながら「夢」について考え始めたと振り返ります。



子どもイベント スエニョ Web


  

Posted by 福津京子 at 12:41Comments(0)子育てイベント

2017年02月21日

第1266回 北海道アイススターホテル実行委員会 小林正典さん

真っ白な雪原の中にたたずむ氷の建物で、滞在体験がかなう。氷のベッドに毛皮を敷いて極寒用のパワフルな寝袋にくるまれば、自然な暖かさに包まれる特別な夜がはじまる。別棟のアイスバーはスツールもテーブルも、グラスまでも氷で作られていると語ります。今日のゲストは北海道アイススターホテル実行委員会企画制作ディレクター、株式会社I-PRO ゼネラルマネージャー営業企画部部長、札幌特区映像撮影コーディネーターの小林正典さんです。将来何をやりたいかよくわからなかった大学時代。イベントスタッフとしてテレビ局でアルバイトをしていると「就職決まったか?」と局の方に声をかけられた。その時に紹介された人が今の社長。思えば、自分の意思より周りの手助けで、川の流れに身をまかせる感じで今日までやってきたと振り返ります。



北海道アイススターホテル

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)イベントディレクター

2016年10月25日

第1218回 カジノパラダイス 高橋伴人さん

ポーカー、バカラ、ルーレット、ブラックジャック…。イベントやパーティーで気軽に楽しむのもいいけれど、海外のカジノに行っても遊べるくらいルールやマナーを身につければもっと楽しいと語ります。今日のゲストは、ディーラーで、カジノ・ポーカー用品のレンタル・販売もしている、カジノパラダイス代表の高橋伴人さんです。友人と遊びに行ったラスベガスで、とてもカジュアルに合法的にポーカーを楽しみカルチャーショックを受ける。帰国後、東京にディーラーになるためのカルチャースクールがあることを知り上京。折しも東京カジノ構想が話題になった頃だった。テクニックを身につけると、縁あって客船のカジノで勤めることに。世界一周クルーズでディーラーとしてのキャリアを積んだと振り返ります。



CASINO PARADISE

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)イベントアミューズメント

2016年10月12日

第1213回 想ふ映画館 館長 廣野聡美さん

プロジェクターとスクリーンがあれば、どこでも映画館。自分で吟味した映画を上映し、終わった後は感想をシェアする「Gift」の時間。みんなでお酒を飲みながらワイワイと語らう時間は気づきも多く本当に楽しいと笑います。今日のゲストは「想ふ映画館」館長の廣野聡美さんです。東京勤務時代、ちょっとマニアックな映画を探してみるのが好きだった。ところが名古屋に転勤するとミニシアターが少なく残念。それならばと自分で企画してみたことがきっかけ。やってみると楽しくて、本業の傍ら定期的に行っている。無類の映画好きではないけれど、心のボーダーを外す旅のできる映画の力はすごいなとつくづく思う。今年札幌に転勤になった。北海道生活は12年ぶりなので、また新しいコミュニティーをつくりたいと語ります。



想ふ映画館 Facebook


  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)イベント

2016年09月06日

第1207回 Your edge traveler 早坂武志さん

ピースフルな想いを伝えよう。世界平和について語り合おう。カフェを会場に音楽を通して「豊かさってなんだろう?」という想いを発信したい。今日のゲストは Your edge traveler の早坂武志さんです。根室出身。いつか自分の店を持ちたい、社長になってビッグになりたいと札幌の調理師専門学校へ。卒業してホテルに就職するも「やっぱり社長になりたい」と、早々に退職。しかし自分で商売を始めても上手くはいかず、焦って自分を見失い友人や先輩に見放されてしまう。そんな時、路上詩人に文字を書いてもらって感動。自分もやってみようと路上詩人に。見知らぬ人と話しながら文字を書くうち、やるべきことが見えてきたと振り返ります。



早坂武志さんのFacebook

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)イベント

2016年08月25日

第1199回 TEDxSapporo 鈴木卓真さん

世界を変えるきっかけとなるような『広げる価値のあるアイディアや物語』を発信し、分かち合いたい。今日のゲストはTEDxSapporo代表の鈴木卓真さんです。大学院で博士をとった2003年、Web系システム開発の会社を作り、結婚した。人生のビックイベントを、この年に全て経験したと思う。とはいえ起業したばかりの頃は何から手をつけるといいのかわからず、異業種交流会に参加したり、産学官の勉強会へ行ったり。気づけば本業の傍らボランティアで、主催者側の手伝いをするようになっていた。そんな働き方を10年続けた頃、ある異業種交流会で親しくなった方がTEDxSapporoで登壇することになり観客として参加。すると自分の想像とは全く違う、それまでの価値観にはなかったようなプレゼンを目の当たりにし、衝撃を受けたと振り返ります。



TEDxSapporo

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)IT系イベント

2016年08月10日

第1188回 働くママのグループ スマイル☆ワーママ 香川美由紀さん

働くママたちのグループを立ち上げて3年。メンバーは470人に上る。9月3日に仕事と育児の両立のヒントがいっぱいのイベント「スマイル☆ワ−ママ感謝祭」を開催する。高いスキルを持つママメンバーの力を借りて企画も準備も広報もすいすい進み、イベントを重ねるごとに楽しさが増すと笑います。今日のゲストは働くママのグループ スマイル☆ワーママ 代表の香川美由紀さんです。フルタイムで働いていたが、出産に伴い1年間の育休を取った。初めての育児は得意だった時間管理ができなくなったことに強いストレス。大人と会話をしたいという欲求も募り、産後鬱状態に。しかし子供が生後半年を過ぎた頃からママイベントに参加すると、そこで会ったママたちとのおしゃべりがとても楽しく、自分と同じように働き方のスタイルを模索している人が多いと感じた。1年の育休が終わりに近づくと、ママ仲間から「会えなくなるね」と言われ、ママイベントが平日に多いことに気づく。それならばとフルタイムで働くママも楽しめる週末イベントを立ち上げたと語ります。



働くママのグループ スマイル☆ワーママのブログ

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)子育てイベント

2016年07月20日

第1173回 顔マラソン/フェイサー 杉田勇一さん

北海道マラソンと同じ日に、違うルートの42キロを走っている。それはGPSを利用して作ったオリジナルコースで、札幌の地図をなぞるとメガネをかけたオジさんに見える。○条○丁目信号から右へ曲がる・とか、ガソリンスタンドまでしばらく直進・などの細かい「指示書」は、東京在住のマラソン仲間、浜ちゃんがストリートビューを駆使し、実際に走ることなく制作。5月5日には全国一斉顔マラソンで盛り上がったと笑います。今日のゲストはフェイサー(顔マラソンで走る人)の杉田勇一さんです。20代の頃は水泳が好きだった。その後、妻の好きなロードバイクも楽しむように。すると友人から「あと、マラソンができればトライアスロンにも出られるね」と言われたが、走るのだけは嫌だった。なのにひょんなことから、マラソン大会に参加するハメに。案の定、散々な成績で恥ずかしい悔しい想いをしたと振り返ります。



顔マラソンWeb

チームねねすけ Facebook

  

Posted by 福津京子 at 09:15Comments(0)スポーツ人イベント