さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (37)
観光 (14)
医師 (13)
落語 (11)
札幌人図鑑 › イベント

2019年06月18日

第1608回 株式会社大人 代表取締役 五十嵐慎一郎さん

東大で建築を学び、不動産会社勤務を経て銀座でコワーキングスペースを経営していた。名前は「the SNACK」。「ちょっと銀座のスナックに行ってくる」と言わせたかっただけと笑う。この春、札幌の中心部に新しいコワーキングスペース「大人座」をオープン。カンパイ⭐️ファンディングというユニークな取り組みを始めたので是非ご利用をと語ります。今日のゲストは株式会社大人代表取締役の五十嵐慎一郎さんです。高校卒業後、もっと世の中を見たくてインド・ネパールへ。様々な価値観と出会い帰国すると日本はW杯真っ只中。世界規模のイベントがよくわからない経済で動いていて、あまりのギャップに違和感を感じ、頭を抱えてしまったと振り返ります。



株式会社大人

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)コワーキングイベント

2019年05月13日

第1592回 グラフィックレコーダー 木村あゆみさん

人のお話を絵と文字で可視化する。最先端で活動している人や、想いがあって何かをしている人の話を聞くのが好き。自分は見える化変換装置となって、とてつもないエモーションを伝える黒子になりたいと語ります。今日のゲストはグラフィックレコーダーの木村あゆみさんです。去年の夏にニコニコ動画で「日本の最先端の活動している方を集めて課題を前向きに解決していこう」という番組で見たグラフィックレコーディングにビビビ!ときた。学ぶ方法を検索し続けたが道内では見つからない。すると秋頃行われたNoMapsに第一人者のタムラカイさんが登場!懇親の場で「こちらに来て教えて」と直談判すると「10人集めてくれたらやるよ」といわれ、声をかけて10人集めたら急遽NoMapsの公式ワークショップになったと振り返ります。



木村あゆみさん Facebook

  

Posted by 福津京子 at 08:44Comments(0)イベント

2018年12月24日

第1538回 PLUSTAGE 代表 谷口美和子さん

第1回マッスルKING&QUEENコンテスト同時開催の『筋肉祭2018~1st~』を企画・プロデュースした。本来9月6日予定だったものが延期になり、一時は開催を迷ったが思い切って開催して良かった。今後はヘルスケア産業事業に携わる仕事をメインにと語ります。今日のゲストはPLUSTAGE代表の谷口美和子さんです。子供の頃から習い事が大好き。どんどん増えても淘汰されることなく、ピアノ教師やヨガインストラクターなどいろんな資格も手に入れた。子育て中、ヨガや骨盤矯正に興味がありながら、子供を抱えながらは行けない、高額だと行けないというママ友が多く、自分の人脈を駆使し子連れで気軽に参加できるイベントを企画。札幌子育て支援団体『mamatea』を立ち上げる切っ掛けになったと振り返ります。



谷口美和子さん Facebook

  

Posted by 福津京子 at 09:34Comments(0)イベント

2018年09月11日

第1497回 札幌地域クラウド交流会 実行委員長 濱内勇一さん

参加者全員で本気のラジオ体操をしたら準備はOK。札幌もしくは近郊で活動し、創業して5年未満もしくは創業準備中の起業家5名が、各々3分間のプレゼンをリレー方式で行い、終わったらすぐに集計タイム。札幌は全国一の集客を誇っていると語ります。今日のゲストは札幌地域クラウド交流会実行委員長の濱内勇一さんです。東京でIT企業に勤めていたが、体調を崩し札幌へUターン。現在は独立してITのシステム開発やウエブ製作を手がける。そんな中、サイボウズが地域創生でやっている「地域クラウド交流会」の存在を知る。北海道では第1回となる交流会が釧路で開催されると聞き参加すると、面白い人がたくさんいて盛り上がった。これは是非、札幌でもやってほしい!でも、誰がやる?・・・そりゃやっぱり僕でしょうと手を挙げたと笑います。



札幌地域クラウド交流会

  

Posted by 福津京子 at 12:05Comments(0)IT系イベント

2018年08月15日

第1486回 世界一楽しいゴミ拾い隊長 中田源さん

札幌の夏の風物詩としてすっかり定着した「モエレ沼芸術花火」。お客様のマナーはとてもいいのだけれど、花火は広範囲に燃え殻が落ちるので翌日の掃除が大変。美しいモエレ沼公園を1秒でも早くきれいにしたい。それも宝探しやクイズをしながらみんなで楽しくと語ります。今日のゲストは世界一楽しいゴミ拾い隊長で、LIGHT UP NIPPON HOKKAIDO実行委員長の中田源さんです。東日本大震災の後、ボランティアをした陸前高田で花火大会を見た。ちりぢりになった人々が再会を喜び合い、こども達は瞳を輝かせた。この時の感動が忘れられず、風化しないよう全国に伝えたいと募金を募り、花火大会を行ったのがライトアップニッポンの始まり。昨年から有料化し、南区滝野のキャンプ場で開催するようになった。花火は19時半からだけど、入場は昼の12時。いろんなイベントを用意するので、ゆっくり夏祭りを楽しんでと語ります。



世界一楽しいゴミ拾い

LIGHT UP NIPPON HOKKAIDO

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)まちづくりイベントボランティア

2017年06月20日

第1317回 さっぽろ青少年女性活動協会 石井一彦さん

野外キャンプやイベントなど、子供や青年を巻き込みながら年間50本ものまちづくり系のイベントを受託。中でも雪まつりさとらんど会場の雪の迷路と大滑り台は、たくさんの市民が力を合わせて製作する大仕事と語ります。今日のゲストは公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会企画事業部部長の石井一彦さんです。親が公務員で転勤が多かった。ずっと内陸ばかり転校していたが、中学に上がるころ余市へ。目の前に海が広がる家に初めて住み、イカダを作ったり釣りをしたり泳いだり。そのうち近所の漁師に小舟をもらうほど毎日遊んでいたが、刻々と表情を変える海はどんなに遊んでも飽きなかった。思えば今の仕事につながることは、ぜんぶ余市の海が教えてくれたと振り返ります。



公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会


  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)まちづくりイベント

2017年06月05日

第1310回 TEDxSapporoスピーカーチームリーダー  田中邦彦さん

「広める価値のあるアイディア」を共有するためにライブトークを聞くイベント「TEDxSapporo」。その登壇者のスピーチの内容を一緒に考え、独自に経験してきた事やアイディアを引き出すお手伝いをしている。活動のきっかけを伺うと、思ったより純粋で単純である事が多いと語ります。今日のゲストはTEDxSapporoスピーカーチームリーダーの田中邦彦さんです。二十歳からSEとして働いていたが、何年かするとこれが本当に自分のやりたい事かと悩むように。そんな中、朝から晩まで楽しそうに仕事をしている男と出会う。なぜそんなに楽しそうなの?ときくと「これが自分の好きな事だから」との答え。それなら自分もと、ずっと興味のあった心理学の勉強を通信で始めた。毎朝4時に起き、レポートを提出してから会社へ向かう日々。難しい事も多かったけど、楽しくて充実した4年間だったと振り返ります。



TEDxSapporo

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)イベント

2017年05月08日

第1298回 子どもイベント「スエニョ」代表 日向洋喜さん

学校や普段の生活ではやらない事を体験したり遊んだり。そんな未知の体験をすることで子どもが夢を広げられるようなイベントを開催している。今日のゲストは子どもイベント「スエニョ(スペイン語で夢)」代表の日向洋喜さんです。大学2年が終わった時、1年休学してピースボートに乗った。23カ国を訪問し、船の中で異年齢の様々な背景の人と活動したり現地の若者と交流したり。そんな中、あなたの夢はなんですか?と聞いて回り、旅の記念にと書いてもらった「夢ノート」。ページを開きながら「夢」について考え始めたと振り返ります。



子どもイベント スエニョ Web


  

Posted by 福津京子 at 12:41Comments(0)子育てイベント

2017年02月21日

第1266回 北海道アイススターホテル実行委員会 小林正典さん

真っ白な雪原の中にたたずむ氷の建物で、滞在体験がかなう。氷のベッドに毛皮を敷いて極寒用のパワフルな寝袋にくるまれば、自然な暖かさに包まれる特別な夜がはじまる。別棟のアイスバーはスツールもテーブルも、グラスまでも氷で作られていると語ります。今日のゲストは北海道アイススターホテル実行委員会企画制作ディレクター、株式会社I-PRO ゼネラルマネージャー営業企画部部長、札幌特区映像撮影コーディネーターの小林正典さんです。将来何をやりたいかよくわからなかった大学時代。イベントスタッフとしてテレビ局でアルバイトをしていると「就職決まったか?」と局の方に声をかけられた。その時に紹介された人が今の社長。思えば、自分の意思より周りの手助けで、川の流れに身をまかせる感じで今日までやってきたと振り返ります。



北海道アイススターホテル

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)イベントディレクター

2016年10月25日

第1218回 カジノパラダイス 高橋伴人さん

ポーカー、バカラ、ルーレット、ブラックジャック…。イベントやパーティーで気軽に楽しむのもいいけれど、海外のカジノに行っても遊べるくらいルールやマナーを身につければもっと楽しいと語ります。今日のゲストは、ディーラーで、カジノ・ポーカー用品のレンタル・販売もしている、カジノパラダイス代表の高橋伴人さんです。友人と遊びに行ったラスベガスで、とてもカジュアルに合法的にポーカーを楽しみカルチャーショックを受ける。帰国後、東京にディーラーになるためのカルチャースクールがあることを知り上京。折しも東京カジノ構想が話題になった頃だった。テクニックを身につけると、縁あって客船のカジノで勤めることに。世界一周クルーズでディーラーとしてのキャリアを積んだと振り返ります。



CASINO PARADISE

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)イベントアミューズメント