さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。現在は月曜と火曜、週2回の放送で更新中(水・木・金はバックナンバーの再放送)。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (34)
福祉 (12)
NGO (1)
IT系 (41)
観光 (15)
医師 (15)
落語 (12)
出版 (10)
区長 (11)
札幌人図鑑 › 観光

2014年04月18日

第687回 鶴雅グループ 大西希さん

北海道が誇る最上級クラスの和風旅館「あかん鶴雅別荘鄙の座」をはじめ、道内各地に話題の旅館を多数保有。北海道観光を牽引している。今日のゲストは鶴雅グループ取締役の大西希さんです。中3の時に母が交通事故で他界。塞ぎ込む父を励ましたい一心で「女将を継ぐ」と宣言した。大学ではアイヌ文化を学ぼうと人類学を専攻。卒業後すぐに家業に入るが「これからの為に外の世界を見たい」と、海外の旅行会社や国内のホテルで勤務。アジアの中での北海道の位置づけや、本当に喜ばれるサービスについて学びが多かったと語ります。

1、女将を継いで 父を励まそうと思った
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 09:00Comments(0)観光アイヌ文化

2014年02月26日

第636回 JTB北海道 古田和吉さん

昨年発足した「北海道の観光を考えるみんなの会」会長に就任 。前の勤務地である沖縄を例にあげ、北海道を訪れた観光客には、期待を上回る満足や感動が感じられるような交流を提案したいと語る。今日のゲストは、株式会社JTB北海道代表取締役社長の古田和吉さんです。ノー残業デーである水曜日に「居酒屋ふる田」として社長室を開放。ポケットマネーでお酒やおつまみを用意し部下と交流、本音で語る場づくりをしている。仕事は楽しく。明日が楽しみで待ちきれないくらいの気持ちで仕事が出来ると最高でしょ!と笑います。

1、 総合旅行産業から 交流文化事業へ
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 19:23Comments(0)企業人観光

2014年01月09日

第588回 株式会社セントラルプロモーション 三島敬子さん

網走市の行者菜や池田町のつくねいもなど地域の食をホテルのシェフがプロの腕で紹介すると、札幌のお客さんが地元を懐かしがって来てくれた。今日のゲストは株式会社セントラルプロモーション代表取締役の三島敬子さん。食と観光で活性化するブランド開発や企業プロモーションなど、地域活性化のお手伝いをしている。1988年広尾町の十勝海洋博覧会に携わり、地域は人によって変わると実感した。この業界で走り続けて40年。やっとコーディネーターとして自信が持てるようになったと振り返ります。

1、子供が目をキラキラさせていた 
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 10:24Comments(0)食関係観光

2013年12月15日

第563回 サイクリングフロンティア北海道 石塚裕也さん

ロードバイクでゆっくり走ると「風きり音」が消える瞬間がある。五感が研ぎ澄まされ、風景も匂いもまるで変わってしまうと目を輝かせます。今日のゲストは、サイクリングフロンティア北海道代表の石塚裕也さん。中2の時、自転車で単独道内を一周。途中ユニフォームを身に着けたロードバイクの集団に抜かれ「これだ!」と思った。藻岩高校で自転車競技部を立ち上げ、大学ではイタリアのチームに2年間留学。現在は自転車で観光ガイドをしているが、どこまでも舗装された道、ヨーロッパ並みの夏の気候、治安も良く海鮮が美味しい北海道は海外のお客様も大絶賛。近い将来、サイクリング観光は北海道に革命を起こすと語ります。

1、中2の夏、峠でロードレーサーに抜かれ 以来、自転車一筋!
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 11:51Comments(0)スポーツ自転車観光

2013年12月14日

第562回 ZERO PLANNING 増井浄美さん

狸小路6丁目に外国人の方が休憩や飲食で使える無料サロンがオープン。イスラム教徒らを対象とした礼拝堂もあり、全国でも珍しい本格的「ウドゥー」が併設され話題に。今日のゲストは海外からの観光客を主に受け入れる旅行会社・株式会社ZERO PLANNING代表取締役社長の増井浄美さんです。マレーシアやインドネシアなどイスラム教徒の観光客も多い。豚肉とアルコールは禁じられているが海鮮やジンギスカンはOKの為、北海道観光は喜ばれている。様々な宗教や文化に触れ理解を深める為にも、地元の方にもサロンを利用頂き交流の場にして欲しいと語ります。

1、全国でも珍しい 本格的ウドゥーを併設 


  続きを読む

Posted by 福津京子 at 14:27Comments(0)観光