さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。現在は札幌の魅力ある人材を動画で毎日配信するのがライフ&ライスワーク。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行っています。(第1211回以降の編集は水上志乃さんが担当しています)2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にて番組化され、現在は月・火・水の放送です。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (17)
観光 (11)
札幌人図鑑 › カウンセラー

2017年03月08日

第1273回 Touria代表/パーソナル・メンタルトレーナー  山屋俊恵さん

経営者と幹部と社員。異文化並みに感性の違う人たちとマンツーマンで話し、状況を見ながらオーダーに合わせたオリジナルプログラムを作る。新しい時代の新しいリーダーシップを育てる結び手となり、若い世代の力になりたいと語ります。今日のゲストはTouria代表/パーソナル・メンタルトレーナーの山屋俊恵さんです。思えば子供の頃からメンタルにこだわり、周囲を俯瞰してみていた。ホテル業界に就職すると人間関係で悩み退職を考えたが、自分を変えたくて社員500名の名前を覚えた事をきっかけに状況が逆転。その後、仕事の場を観光から教育へ移す。学生と向き合いながら社会を見たり、バブル世代が直面する問題に触れるうち、世代間の通訳になりたいと動き出します。。



Touria Web

  

Posted by 福津京子 at 09:16Comments(0)専門職カウンセラー

2017年02月08日

第1261回 離婚カウンセラー 田中洋子さん

離婚の相談を受けていると、「こんな私でも離婚できますか?」「我慢しないといけないの?」と聞いてくる方がいる。背中を押して欲しい方の背中を、押すことはしない。「離婚していいですか?」くらいじゃしちゃいけない。離婚修復専門のカウンセラーも多いが、自分は違う。離婚を決めた方に寄り添い作戦会議をする感じだと語ります。今日のゲストは離婚カウンセラーの田中洋子さんです。自身も2度の離婚を経験。1度目は若かったし、子育てにも自信があり不安はなかった。しかし2度目は子供も思春期で、2度も離婚なんて私は変なのか?と悩んだ。相談先を探すうち「離婚カウンセラー」の存在を知り、講座を受けると勉強になり悩まずスパッと離婚できたと振り返ります。



札幌の離婚カウンセラー 田中洋子さんのWeb

  

Posted by 福津京子 at 08:57Comments(0)カウンセラー

2014年07月11日

第741回 心理カウンセラー 神田裕子さん

婚活が上手くいかなくて悩んでいる方には、自分を見つめ自分を好きになれるカウンセリングを。年配の方には、結婚という形にとらわれないパートナー探しの為のカウンセリングを(注:不倫の勧めじゃありません)。今日のゲストはオフィスレアリーゼ代表・心理カウンセラーの神田裕子さんです。カウンセラーの育成や講演など夢中で駆け抜けた30代。42歳で出産を経験してからは、ワークライフバランスを考えるように。育成に力を入れ、優秀な部下が増えてきた。この春、長く経営してきた会社を部下に譲渡。そうすると、もっとやりたい事が見えてきた。今後も会社とかオフィスとか、作っては譲渡したいと語ります。

1、恋愛スキルアップセミナー
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 11:40Comments(0)カウンセラー

2013年12月25日

第573回 ふんわりセラピスト&ライター  古賀里香さん

催眠療法とサウンドヒーリング、そしてふんわりとした声かけで心と体を緩めていく。今日のゲストはふんわりセラピストでライターの古賀里香さんです。仕事に行き詰まり、これまでのキャリアを生かして将来何が出来るだろうと悩んでいた頃、新聞広告の「カウンセラー養成」の文字に目が止まる。参加して見るとそこは、催眠療法を教える所だった。一方、フリーのライター業と同時に札幌経済新聞の記者活動も。街を歩いてネタを拾い飛び込みの取材もする。2つとも人のお話をじっくり聞く仕事。だからセラピストとライターの仕事は繋がっていると語ります。

1、催眠療法で体を緩める

  続きを読む

Posted by 福津京子 at 09:00Comments(0)カウンセラーライター