さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (37)
観光 (15)
医師 (13)
落語 (11)
札幌人図鑑 › 率いる人

2019年11月11日

第1665回 株式会社AIRDO 代表取締役社長 草野晋さん

お陰様で、昨年末で20周年。たった1機だった航空機も現在は14機となり、道内の6都市と本州内の4都市を結ぶ10路線で1日60便運航している。「人を育てる」「自然を大切にする」「社会に貢献する」の3つの柱を掲げCSR活動を展開。「北海道の翼」として地域とともに発展していきたいと語ります。今日のゲストは株式会社AIRDO代表取締役社長の草野晋さんです。日本政策投資銀行でプロジェクトファイナンスや都市開発を担当し、取締役も務めた。15年よりAIRDO副社長に転じ企画や営業を統括、今年6月より現職。実は自分の祖父も妻の祖父も、北海道の灯台守だった。祖父たちが灯台長、副灯台長を務めた根室の落石岬をはじめ道内の灯台へは、鉄道の周遊券を買い学生時代から何度も訪れている。北海道との縁を感じると振り返ります。



株式会社AIRDO

  

Posted by 福津京子 at 11:25Comments(0)率いる人

2019年05月29日

第1600回 北海道知事 鈴木直道さん

お陰様で札幌人図鑑は1600回になりました。これを記念してお迎えした今日のゲストは北海道知事の鈴木直道さんです。高校卒業後、昼は都庁に勤め夜は法政大学で学んだ。「部活に入れば体育の単位が取れる」と先輩に口説かれ、単位欲しさにボクシング部に入部。授業の終わる夜9時から11時まで毎日通い片付けを手伝うと監督から「今時珍しい努力家の学生だ」と見込まれ、望まぬまま試合に出る羽目になったと笑う。財政破綻した夕張を立て直すべく、東京都から夕張市に派遣されたのは平成20年1月。極寒の夕張市役所へ初出勤すると5時に暖房が消されてしまう。それでも全員防寒着に着替え、仕事を続ける姿に衝撃を受けた。都庁を退職し、全国最年少の30歳1カ月で夕張市長に初当選したのは平成23年。多くの方の助けをいただきながら、ピンチをチャンスに変えることばかり考えてきたと振り返ります。



北海道庁



  

Posted by 福津京子 at 09:31Comments(0)率いる人

2019年01月15日

第1542回 西区長 粟崎寿也さん

「さんかくやまべェ体操」は介護予防の為のゆったりした体操。300人の普及員が各地域で指導している。区内にある11の連合町内会ではコンサイレブンがそれぞれ応援大使を担当。夏祭りなどを盛り上げていると語ります。今日のゲストは西区長の粟崎寿也さんです。清掃関係で9年勤めた。大型ごみの有料化から始まり、瓶缶プラスチックの分別などご負担が増えるたびに、分かり易く伝えることの難しさと大切さを痛感。地域へ出向き膝詰めで話し合い厳しい意見ももらったが「地域を綺麗にしたい」という想いはひとつ。そこに気づいてからはスムーズだったと振り返ります。



札幌市西区役所

  

Posted by 福津京子 at 09:31Comments(0)公務員率いる人

2019年01月14日

第1541回 清田区長 小角武嗣さん

ここで育った子が大人になり、結婚して子供ができるとまたここに戻ってくるケースが増えている。緑豊かで住環境に優れ、子育て・子育ちしやすい点をもっとアピールしていきたい。今日のゲストは清田区長の小角武嗣さんです。大学では造園を学んでおり、市街地を拡大している札幌なら公園づくりが出来ると思い札幌市役所へ。ところが配属先は経済局の農政部。当時はまだ、電気はきてるが水道が通っていないような小金湯を担当。その後はまちづくりの仕事が長く自分の専門はなかなか出来なかったが、変化に富んだ仕事ができて良かったと振り返ります。



札幌市清田区役所

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)公務員率いる人

2018年12月03日

第1529回 毎日新聞社 北海道支社長 吉野理佳さん

北大法学部出身だが、当時はまだまだ女子大生の就職先が少ない時代。それでも地元大手流通業に内定をもらい、研修でお歳暮の担当をすることに。しかし「接客」が辛くて辛くて内定を取り消してしまった。新聞社へは1年就職浪人をして入る事ができたと振り返ります。今日のゲストは毎日新聞社北海道支社長の吉野理佳さんです。夜回り朝駆け20年。事件事故、裁判、行政関係など、事実関係をきっちり正確にという仕事が多かった。ある年の選挙で、オール与党が押している本命とは違う候補者が、世論の盛り上がりを受け逆転勝利。無党派の当打ちを肌で感じたと語ります。



毎日新聞社北海道支社

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)メディア人率いる人

2018年11月13日

第1521回 株式会社LIXIL 北海道支社 支社長 佐藤肇さん

水汚れにも油汚れにも強い、特殊加工の最新トイレは大好評。しかしその他にも災害時に通常の5分の1で流せるトイレを開発したり、途上国に安全で衛生的な簡易トイレを広める活動をしたり、地域の小学生に水の大切さを出前授業していると語ります。今日のゲストは株式会社LIXIL 北海道支社 支社長の佐藤肇さんです。横浜出身だが全国を転勤で周っており、実は札幌は2度目。30年前に初めて赴任した札幌の暮らしは魅力的で忘れられなかった。食べ物が美味しく、通勤が楽。日の長い夏の早朝も、雪の中呑みに行くススキノも好き。金曜の夜になると先輩と毎週のようにスキーのナイターに行くのが楽しみだった。札幌の人と結婚もしたし、最後に住むのは札幌と決めていたと笑います。



株式会社LIXIL 北海道支社

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)率いる人

2018年10月10日

第1507回 住友林業株式会社札幌支店長 田村彰宏さん

永く暮らせる「木の家」を、木造注文住宅というカタチでトータルにご提案。2年前、札幌市西区二十四軒にロードサイド店をオープンした。豊富な商品ラインナップをぜひご覧いただきたいと語ります。今日のゲストは住友林業株式会社札幌支店長の田村彰宏さんです。911の時、お得意様をツアーに招待するためLAにいた。ニューヨークからは離れていても、空港が閉鎖され帰国できない。動揺するお客様のために急遽専用ラウンジを用意し、日本の新聞・寅さんなど明るい気持ちになれるビデオ・日本のカップラーメンを提供するなど、思いつく限りのサービスをした。この時の経験も生かし、「人財の育成」を基本テーマに業務推進していると振り返ります。



住友林業株式会社札幌支店


  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)率いる人

2018年07月18日

第1477回 Century Royal Hotel 総支配人 桶川昌幸さん

地元資本のホテルとして開業し、今年は45周年。美味しい朝食ホテルランキングでは堂々の全国3位に輝いた。人気の回転レストランも今では京都と札幌の2つだけ。札幌の景観を360度楽しみながら、美味しい洋食を楽しんでほしいと語ります。今日のゲストは札幌国際観光株式会社代表取締役で Century Royal Hotel 総支配人の桶川昌幸さんです。総支配人として札幌へ着任したのが2010年8月。ところが翌年3月、東日本大震災が発生し大打撃を受けてしまう。非常事態を経験したが、振り返ればみんなの努力で回復は早かったと思う。今はインバウンドで業績は急激なV字回復をしているが、札幌だけが良ければいいやではいけない。北海道全体、日本全体の観光が増えていかないと手詰まりになると語ります。



Century Royal Hotel

  

Posted by 福津京子 at 09:42Comments(0)率いる人

2018年04月09日

第1433回 株式会社東急百貨店執行役員 札幌店長  萩原正統さん

今年は開店45周年。4月26日には東急ハンズも移転してくる。改装は2回に分けて行うので下半期にも期待して欲しい。昨年は全国で初めて、従業員のための保育園を店内に作り話題に。これからもまだまだ進化を続けますと力を込める。今日のゲストは株式会社東急百貨店執行役員 札幌店長の萩原正統さんです。かつては紺ブレにボタンダウンのアイビーファッションひと筋だった。ところがある日、柄物のシャツに柄物のネクタイといったお洒落な部下が入ってきた。みんなの人気も独り占め。こりゃいかんとアイビーを捨て、どんどん個性的なファッションに変化。今では「100m先から見てもわかるように」がこだわりだと笑います。



株式会社東急百貨店 札幌店

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)率いる人

2018年03月13日

第1422回 札幌三越店長 羽山ひの木さん

2014年、札幌三越初の女性店長となった。女性目線の女性組織で企画した、Myカフェ、Myクローゼットなど「MYシリーズ」が好評。昨年はこのMyシリーズで開発した商品がお中元でヒットし話題を呼んだ。これからは女性の管理職も、もっと増やしていきたいと語ります。今日のゲストは株式会社札幌丸井三越執行役員、札幌三越店長の羽山ひの木さんです。バスケの名門・香蘭女子学園高等学校(現・山手高校)へ特待生で入学。卒業後は三越の実業団に入った。仕事が終わると残業免除でバスケの練習。試合や合宿も仕事として行っていた。4年目に怪我をしてバスケを引退。帯広への転勤辞令が出た時は大きな転機だったと振り返ります。



札幌三越 Web

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)率いる人