さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (25)
観光 (12)
医師 (11)
札幌人図鑑 › 率いる人

2015年03月13日

第986回 レバンガ北海道 折茂武彦さん

スピーディーでエキサイティングな試合展開。ファンとの距離が近く、試合終了時間が決まっているのも観戦しやすい特徴だと思う。今日のゲストはプロバスケットボールチーム、レバンガ北海道代表取締役の折茂武彦さんです。選手でありながら代表取締役を務めるという前例のない形でスタートしたのが4年前。社長になっても現役選手である以上「選手の査定はしない」と公言。もう一つの約束は「嘘をつかない」こと。経営の問題やチームの状況などを選手はもちろん、熱く応援を頂いているファンにもオープンにしていると語る。企業チームでもプロチームでもプレイしてきた経験から、プロである以上地域密着が何より大切と力を込めます。

1、スピーディーでエキサイティング
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 11:58Comments(0)スポーツ人率いる人

2015年02月27日

第972回 北海道大学総長 山口佳三さん

札幌農学校からの創基150周年となる2026年に向けた「北海道大学近未来戦略150」を策定。昨年9月には、文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援(SGU)」事業トップ型13校の1校として「Hokkaidoユニバーサルキャンパス・イニシアチブ」構想が採択された。社会と共に教育し社会と共に研究する大学を目指すと語ります。今日のゲストは北海道大学総長の山口佳三さんです。東京で下宿生活を送る二人の兄に自分も続こうと夢見ていたのに、学生紛争でその年だけ入試がなくなり地元京大理学部へ。その後数学者となり家族と一緒に渡米。論文を書いて帰国したら、大学の体制が変わる端境期になっていた。この2つのターニングポイントは自分では不可抗力で、時代の波に巻き込まれた感があると振り返ります。

1、不可抗力だった 2つのターニングポイント
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 13:53Comments(0)率いる人

2015年02月24日

第969回 北海道警察 室城信之さん

交通の仕事が長かった。昨年の道内交通事故死者数は169人。前年度より15人少ないとはいえ、遺族や加害者、その家族の事を思うと大きな数字。人の命を守るのが仕事の基本。スーパーマンは夢物語だがスーパーチームは実現可能なので、組織の力で職務を全うしたいと語ります。今日のゲストは北海道警察本部長の室城信之さんです。東大陸上部ではキャプテンだった。400メートルリレーでアンカーを務めた時、一人一人のタイムはライバル京大に及ばない。しかし走ってみると、第3走者は京大より早くバトンを渡してくれた。残念ながら京大のアンカーがとびきり速くゴール前で抜かれてしまったが、それでも2位という成績は東大として最高の記録。皆の心がひとつになれば、1+1+1+1は4ではなく5にも6にもなるんだと実感した出来事だったと振り返ります。

1、個人の力と組織の力
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 10:00Comments(0)公務員率いる人

2015年01月11日

第925回 札幌ドーム代表取締役社長 長沼修さん

昨年末「嵐」のコンサートは3日で15万人の集客。野球・サッカーの他にもイベント盛り沢山の札幌ドーム。今日のゲストは株式会社札幌ドーム代表取締役社長の長沼修さんです。札幌西高3年の時、全市の高校生に呼びかけて合同オーケストラを開催。安保闘争の時代で高校生といえど学生が集まるのを嫌がる風潮があったが、恩師の理解もあり大成功だった。北大でもオーケストラに所属。卒業後はテレビ局に就職し「東芝日曜劇場」など40年でドラマを100本作った。音楽好きが生かされて良かったと思う。音楽と、もう一つ大好きなのはゴルフ。昨年人生最高のスコアを出したがその後事件が・・。現在本を執筆中で、ドラマ制作の裏話も含めその辺りのエピソードも紹介したいと笑います。

1、テレビ時代にドラマを100本
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 13:16Comments(3)率いる人

2015年01月01日

第915回 北海道銀行 堰八義博さん

今年は年男で還暦を迎える。思えば48歳で国内最年少の頭取になり、ちょうど干支が一回りしたと振り返ります。今日のゲストは北海道銀行代表取締役頭取の堰八義博さんです。ソチオリンピックで日本中を熱くしたカーリング。北海道銀行との縁は深く、チームを持つのも悲願だった。短い時間でオリンピック出場を果たした彼女達を素晴らしいと思う。パーティー会場へも練習着で現れる彼女達に、昨年制服をあつらえた。一緒に百貨店へ出向き選んだ制服はストレッチ素材のパンツスーツで、首には華やかなスカーフを。夏のトレーニングを終えると、冬服がワンサイズ大きくなる。それほど練習を積んでいる彼女達が3月に行われる世界選手権に進めるよう、2月予選の応援をよろしくと語ります。

1、年男でございます
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 00:01Comments(0)率いる人経済人

2014年12月17日

第900回 日本銀行札幌支店長 曽我野秀彦さん

北海道は人口500万人の中で札幌に200万人が集中しているが、札幌=北海道ではない。札幌だけ見ていると見間違えてしまうので、道内あちこちへ出向き沢山の方にお話を聞いている。今日のゲストは日本銀行札幌支店長の曽我野秀彦さんです。幼稚舎からずっと慶応だったので、いわゆる受験用の勉強をしたことがない。魅力的な先生によるユニークな授業の中から自分の好きな事を見つけていった。ピーク時には8カ国語を同時に学ぶほど「言葉」が好きだったが、慶応大学には言語学がなかったので経済学部へ進む。1年の時はあまり興味の持てなかった経済学。しかし2年の時にある一冊の本に出会い、生活が一変したと語ります。

1、幼稚舎からずっと慶応
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 11:51Comments(3)率いる人経済人

2014年11月16日

第869回 テレビ北海道 関口尚之さん

おかげさまで開局25周年。今年は初めての試みとしてPMFの生中継を行った。稚内の中継局が開発され放送エリアの拡大も果たせたと語ります。今日のゲストは株式会社テレビ北海道代表取締役社長の関口尚之さんです。前職は日本経済新聞。31年の記者歴の中で札幌勤務は6年。道内の経済を様々追いかけてきたが、印象に残っているのは北炭夕張新炭鉱ガス突出事故。孤軍奮闘で取材し原稿を書き続けた。現場をリアルに伝える為に、道内のほとんどの炭鉱跡地は中までもぐったと振り返る。TVhは道内の経済人が北海道経済を盛り上げようと結集し誕生したテレビ局。今後も経済を得意とする局として、どんどん外へ出て情報を集め発信していくのでご期待下さいと語ります。

1、今年開局25周年です
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 12:20Comments(0)メディア人率いる人

2014年05月01日

第700回 北海道テレビ放送 樋泉実さん

北海道観光の紹介番組「ラブ・北海道」がアジアで大人気。番組を見て北海道を訪れたと語る観光客が多数を占め、映像の持つ力を感じている。今日のゲストはHTB北海道テレビ放送代表取締役社長の樋泉実さんです。地質や天文に興味を持った高校時代を経て、大学では中国語を学ぶ。国交回復前の71年に中国を訪れたのは貴重な経験だったと振り返る。グローバルはイコールローカル。アジアに際立つ北海道の中で、夢見る力を応援する広場を作りたいと語ります。

1、ユメミル、チカラを 応援する広場

  続きを読む

Posted by 福津京子 at 10:00Comments(0)メディア人率いる人

2014年02月10日

第620回 コンサドーレ札幌 野々村芳和さん

もと日本代表MF小野伸二選手の加入が決まり大きな話題に。今日のゲストは株式会社北海道フットボールクラブ代表取締役社長の野々村芳和さんです。実はもう一人、富良野出身でコンサに入り日本代表で活躍した漫画「キャプテン翼」の人気キャラクター松山光が加入。彼のような技術とメンタリティーを兼ね備え、日本を代表する選手を育成しチーム強化することが目的で、誰もがプロジェクトパートナーとして参加出来る。リアルとバーチャルという違いはあっても二人とも世界的選手。今年もコンサの応援をよろしくと力を込めます。

1、社長就任1年
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 10:00Comments(0)経営者スポーツ人率いる人

2014年01月02日

第581回 北海道日本ハムファイターズ 栗山英樹さん

今日のゲストは道民の元気の源、北海道日本ハムファイターズ監督の栗山英樹さんです。1年中、考える事は野球の事ばかりという監督から新春のご挨拶。栗山に住んで15年。毎年大晦日には学問の神様が祀られる栗山神社に行き、合格祈願の受験生と一緒に必勝祈願をする。その後、栗山の仲間とワイワイ過ごす場所には雪国ならではの工夫が。真っ白に降り積もった雪は真っ白なキャンバスに見え、ここに今年は何を描くのか問われている気がすると語ります。144の試合の前に必ず食べているものとは。

1、明けましておめでとうございます
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 06:00Comments(0)スポーツ人率いる人