さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。現在は月曜と火曜、週2回の放送で更新中(水・木・金はバックナンバーの再放送)。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (34)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (39)
観光 (15)
医師 (13)
落語 (12)
区長 (11)
札幌人図鑑 › 伝統芸能

2019年12月23日

第1677回 噺家 三遊亭金八さん

自分は船が好きだから、豪華客船での仕事もしている。耳の肥えたアッパークラスのお客様なので、毒のある演目や下品な演目は避ける。たまに男性のお客さんから「ちょっと色っぽいのやって」と言われるけれど、真に受けちゃダメ。悲惨な状況が待っていると笑います。今日のゲストは噺家の三遊亭金八さんです。北方領土・島民2世として根室で育った。子供の頃から笑い好きだったが、バラエティーより笑点が好きだったのはライブ感が良かったのだと思う。高校卒業後に勤めたガソリンスタンドは「油を売って」1年でクビに。その後、縁あって古今亭志ん朝師匠に弟子入りした。寄席の他に「かっぽれ」を踊るのが自分のスタイル。芸を2つやるってなかなか大変でジレンマもあるけど、お客様が喜んでくれるので両方やりたいと語ります。



三遊亭金八さん プロフィール

  

Posted by 福津京子 at 10:30Comments(0)落語伝統芸能

2018年04月02日

第1430回 すすきの演芸場 林家とんでん平さん

寄席を見た後、呑みに行けるようなイメージ。だから場所は「すすきの」と決めていた。今年の正月は1日から5日まで毎日寄席をやった。驚く人もいるけれど、東京ではそういう文化。1年を笑いで過ごせるようにという縁起物だと語ります。今日のゲストはすすきの演芸場を主宰する、落語家の林家とんでん平さんです。林家三平最後の弟子。札幌で師匠の落語を見て衝撃を受けた。何とか弟子にして欲しいと考え、熱意を伝えようと東京までリヤカーを引き門を叩いた。手話落語を始めたのは、寄席に来て全然笑わなかったお客さんが聴覚障害のある方だと知ったのがきっかけ。独学で手話落語を身につけると海外から呼ばれることが増えた。これがなかなかウケがいいのよと笑います。



林家とんでん平さん Web

  

Posted by 福津京子 at 09:18Comments(0)伝統芸能

2014年07月27日

第757回 さっぽろお多福連 長尾ゆみさん

阿波踊りを継承する団体は札幌に6つある。駅前通りの歩行者天国に鳴りものが響くと、華やかな阿波踊りは沿道の客を大きく沸かせた。今日のゲストは、さっぽろお多福連の長尾ゆみさんです。もともと札幌のよさこいチームで踊っていたが、笛もできたらいいな思うように。ところが友人にお願いして紹介されたのは阿波踊りの連(グループ)だった。笛の練習と共に、もともと踊りも好きという事で阿波踊りの練習も。しかしシンプルに見えたこの踊り、間口は広いが奥行きは半端なかったと笑います。連に入ってからは毎年徳島へも通うように。現地の祭で見たものとは。

1、阿波踊りってなんですか?
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 12:03Comments(0)伝統芸能