さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。現在は札幌の魅力ある人材を動画で毎日配信するのがライフ&ライスワーク。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行っています。(第1211回以降の編集は水上志乃さんが担当しています)2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にて番組化され、現在は月・火・水の放送です。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (17)
観光 (11)
札幌人図鑑 › ゲストハウス

2016年05月18日

第1128回 UNTAPPED HOSTEL 神輝哉さん

大学時代に海外のゲストハウスを利用して楽しい思い出がたくさんできた。ホテルでは得られない人との交流や地元ならではの情報を得ることができるのが魅力。寝るためだけではもったいないので共有部分を広く取ったと語ります。今日のゲストは北大エリアのゲストハウス「UNTAPPED HOSTEL」代表の神輝哉さんです。これからは朝食の美味い宿がいいと紹介され、1階におばんざい「はるや」さんが入ってくれた。内装や運営には小中学校時代の幼馴染を総動員。いい仲間に恵まれたと思う。「UNTAPPED」と名付けた通りここはまだ未完成な場所。拡大志向はないけれど好奇心と良心で前に進めるイメージで、いつかアジア圏にもゲストハウスを持つのが夢と語ります。



UNTAPPED HOSTEL

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)ゲストハウス

2015年02月23日

第968回 SOCIAL HOSTEL 365 佐々木壮一さん

ここに泊まった旅人に語学や料理など自由にイベントを開いてもらい、その収益で宿泊費(一泊3千円)を払ってもらうのも面白いんじゃないか。イベントに参加した人は札幌に居ながらにして旅人気分を味わえるし、旅人は札幌に友達が出来る事でまた札幌を訪れたくなるはずと語ります。今日のゲストは SOCIAL HOSTEL 365 オーナーの佐々木壮一さんです。音楽がしたくて高校を中退し上京するも挫折。しかしそのまま札幌に帰らずにバックパックでアジアを旅する。旅の数が増えるにつれ、輸入のバイヤーとか旅行系のライターとか「旅」に関する仕事を模索していた。そんな中、カフェとゲストハウスの両方を経営する男と出会いバイトを始める。毎日毎日、様々な国の人がチェックインしてくるのが本当に楽しかったと振り返ります。

1、特別な時間が365日
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 20:59Comments(0)ゲストハウス

2015年02月20日

第965回 SappoLodge 奈良亘さん

小学生の頃お年玉を注ぎ込み、青春18きっぷで道内の国鉄全路線を制覇した。週末ごとに同級生を誘って旅をしたので、思えばその頃からガイドをしていたかもと笑います。今日のゲストは札幌のゲストハウスSappoLodgeオーナーで、株式会社 GOOD VIBES 代表取締役の奈良亘さんです。大きくなるにつれ旅の範囲がどんどん広がると、途中から山登りにもハマり気づけば山岳ガイドに。大学卒業後、旅行会社へ就職。14年間、山岳と秘境ばかりガイドしていた。越冬隊のガイドとして1年半、南極で生活した事も。40年間札幌を拠点に世界中を旅して、改めて札幌の魅力に気づいた。そして今、10年来念願だったゲストハウスを市内中心部にオープン。これからは若者に旅の楽しさを伝えたい。毎日、いろんな国の旅人が訪れるので、今はここが自分にとっての旅と語ります。

1、教科書の間に 時刻表を挟んで
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 10:00Comments(0)ゲストハウス

2014年10月28日

第850回 ゲストハウス waya 河嶋峻さん

就活が近くなり、就職か公務員か起業かを悩んだ。たまたま周りに起業して夢を叶えたロールモデルが多く、自分も卒業後すぐに起業すると決めたまでは良かったが、やりたいことがはっきりしている訳ではなかったと振り返る。今日のゲストはゲストハウス waya 代表の河嶋峻さんです。地元の別海町へ東京の学生を連れ遊びに行くツアーを計画。「ジモトリップ」と名付け別海と東京の同世代が交流する時間を設け大好評だった。「いつか子供ができたら、また遊びに来る」とやりとりをしているのを見て、自分がやりたいのは場所作りじゃない、交流だと気付いたと語ります。

1、自分のやりたいことは何だろう?
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 15:19Comments(0)ゲストハウス

2012年12月12日

第226回 WORLD BOOK CAFE 平野仁さん

学生時代はバックパッカーの旅が大好きで、訪れた国は40カ国以上。宿泊には積極的にゲストハウスを利用し、行く先々で沢山の出会いを体験しました。転勤で来た札幌が気に入り退職。ゲストハウスを始めます。居心地の良い空間を手に入れた時、そんな空間をマチナカで再現しようとカフェ経営を考えます。場所は旅人が立ち寄る事の多い「大通近辺」と決めていました。今日のゲストは WORLD BOOK CAFE 店主の平野仁さんです。

1  ゲストハウスありきだったんです
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)ゲストハウス