さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。現在は札幌の魅力ある人材を動画で毎日配信するのがライフ&ライスワーク。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行っています。(第1211回以降の編集は水上志乃さんが担当しています)2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にて番組化され、現在は月・火・水の放送です。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (17)
観光 (11)
札幌人図鑑 › 2017年01月

2017年01月31日

第1257回 こども學舎理事 河村泰孝さん

待機児童問題がクローズアップされ、保育園は増えてきたけど保育士はまだ足りていない。そこで、大学・短大・専門学校じゃなくても学べる場を、働きながら学べるNPOとして開講。昨年末にできた「保育士修学資金貸付金」は、卒業後5年以上保育園で勤務すれば返済は免除。シングルマザーの為のサポートなど、知ってほしい新しい制度がたくさんある。今日のゲストは、全国で初めてのNPOによる保育士養成施設「こども學舎」理事の河村泰孝さんです。もともと父が作った学校。広告代理店に勤務しながら自分を見失っていた頃、熱く夢を語る尊敬する父に声をかけられ手伝うように。父は病で他界したが、父のやってきたことがやっと世間から評価されるところまで来た。出生率が全国一低い札幌。解決しなければいけない事がたくさんあると語ります。



保育士養成施設「こども學舎」

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)教育者NPO

2017年01月30日

第1256回 清田区長 高橋彰さん

役所に入って最初に配属されたのが水道局で、清田配水池に向かう送水管を埋設する現場を担当。その後、街路事業に関わり、青葉平岡通や札幌新道などの整備事業を担当。清田の街の劇的な変化を目の当たりにしてきた。清田とは縁があると思う。今日のゲストは清田区長の高橋彰さんです。清田は音楽が盛んで、地元の小中高校が一堂に会して開催される演奏会「音楽の広場」は28回を数える。区長自身も北大合唱団から札幌放送合唱団へ、合唱活動は30年以上にわたる。「きよたマルシェ」では歌詞を一部オリジナルに変え歌声を披露したことも。清田はスイーツも有名で、平成25年からスタンプラリーをしているほど沢山あるから遊びに来てと語ります。



札幌市 清田区

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)区長

2017年01月25日

第1255回 東区長 木下淳嗣さん

江戸幕府の時代から幕臣として札幌村(今の東区)に入った大友亀太郎。2016年は着任150年の節目の年として記念行事も多く行われた。札幌村郷土記念館には今の創成川の元となった大友堀の歴史などもご覧いただけるので是非訪れてほしい。今日のゲストは東区長の木下淳嗣さんです。東区には4つの北海道遺産がある。また「さとらんど」や「つどーむ」の他、世界的にも有名な彫刻家イサムノグチが基本設計を行った大規模公園「モエレ沼」も。ここにはモエレ山という山があり、今年で7回目になる「爆走そり大会」が行われる。段ボールで作ったソリで山頂から滑り降りるレースだが、ゴールするのが難しいほどの張りぼてソリが多く大変盛り上がる。2月1日から雪まつりが始まるが、さとらんどは大通に先駆け1日から開場。雪遊びの広場があるので是非遊びに来てと語ります。



札幌市 東区役所


  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)区長

2017年01月24日

第1254回 豊平区長 三井一敏さん

豊平といえば、りんごのイメージ。環状通りのりんご並木はお馴染みながら、今ではりんご農家も無いのに何故だろうと思っていた。しかし「美園りんご会」など、地域の歴史を大切にされている方に多く出会って納得。「アップルスマイルバッチ」はサッポロスマイルにりんごのデザインを加えて大好評。売り上げの一部は花ランド事業へ。おもてなしに一役買っている。今日のゲストは豊平区長の三井一敏さんです。アジア大会に向け「おもてなしの木」と名付けたボードを設置。区民の皆さんの応援メッセージを集めて掲示している。緑小学校の子供達が「ひんめり」や「折り鶴」を作り受付の飾りを準備してくれたり、地元商店街が月寒競技場を雪像やアイスキャンドルで飾ってくれている。アジア大会を応援しながら、おもてなしの楽しさも体験してほしいと語ります。



札幌市 豊平区役所


  

Posted by 福津京子 at 09:00Comments(0)区長

2017年01月23日

第1253回 白石区長 可児敏章さん

昨年移転し地下鉄直結になった白石区役所。移転が決まった頃から区民検討会が立ち上がり、区民アンケートやワークショップで検討を重ね、区民みなさんの意見を反映して設計された。保健センターや区民センターも同じ建物に入り移動が便利に。また区民共同スペースを増やそうという意見があり、地下2階には「まちづくりイベント広場」がつくられたのでぜひ活用をと語ります。今日のゲストは白石区長の可児敏章さんです。白石区の歴史を語る上で片倉小十郎の話は外せない。昨年の大河ドラマ「真田幸村」の物語に絡め、「ふるさと祭」で毎年披露される片岡鉄砲隊の紹介も。



札幌市 白石区役所

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)区長

2017年01月18日

第1252回 西区長 浦屋謙さん

西区で非常に大切な観光資源の一つに「白い恋人パーク」がある。しかし観光客の方などから、地下鉄宮の沢駅の近くなのに探しづらいとの声が上がった。そこで標識を作り、駅から白い恋人パークまで地下道を含めて案内を貼り、地下にはWi-Fiを完備して情報を取れるようにした。便利になったので是非試してみてほしい。今日のゲストは西区長の浦屋謙さんです。西区のキャラクターは三角山の妖怪「さんかくやまベェ」。イベントなどで大活躍だが、特に「エコロコ!やまベェ誰でも体操」は高齢者の健康増進、転倒防止、介護予防に良いと好評。DVDにして地域の皆さんにご利用いただいていると語ります。 



札幌市 西区役所

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)区長

2017年01月17日

第1251回 厚別区長 平木浩昭さん

新札幌周辺の都会的な雰囲気と、野幌森林公園を中心とした豊かな自然、両方を併せ持つ地域。市内でいちばん小さな区ながら、JR・地下鉄・バスターミナル・国道12号線も通っており、交通網が恵まれている。現在、駅周辺の土地を提案型の売却に向け民間から公募中。ますます魅力的な地域になるので期待してほしい。今日のゲストは厚別区長の平木浩昭さんです。広報さっぽろで区内の水遊びができる公園を紹介の際、子育て中の若い世代が使いやすいようQRコードを付け好評だった。逆にウォーキングイベントを紹介する際は、年配の方を意識して紙面を削ってでも地図を掲載。区民感覚を大切にと語ります。



札幌市 厚別区役所

  

Posted by 福津京子 at 10:00Comments(0)区長

2017年01月16日

第1250回 南区長 高野馨さん

南北に37.6km、東西に33.2kmの広がりを持ち、全市域の約60%となる面積657.48㎢を誇る広大な区。東海大学と札幌市立大学、2つの大学があるのも特徴の一つ。人口減は進んでいるが、昨年はお見合いパーティーで盛り上がり、108人参加が参加して37組のカップルが成立した。今日のゲストは南区長の高野馨さんです。早生まれのせいか勉強が苦手だった子供時代。すっかり積極的になったのは役所に入ってからで、我ながら信じられない。実は夢のような施策はいっぱいあると語ります。



札幌市 南区役所


  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)区長

2017年01月05日

お知らせ

明けましておめでとうございます。
札幌人図鑑は現在、デジタル11ch J:COM札幌にて月・火・水の週に3回放送しています(木・金は再放送)。同じ動画をこのWebへ、J:COM放送の一週間後に掲載しております。

新年の放送は1月9日(月)スタートですので、Webの更新は16日が今年の初回更新日となります。ちょっと、ややこしいですね…すいません。たまに自分でも混乱しています(笑)。

そんなわけで新年早々、しばしのお休みです。2017年も札幌人図鑑を、どうぞご贔屓に!

             札幌人図鑑 福津京子


  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)

2017年01月04日

第1249回 株式会社WONDER CREW 渡邊智紀さん

北海道の食材で安く豪快に盛付ける、北海道イタリアン居酒屋「エゾバルバンバン」は道外へも出店。他にもうおっと驚く鮮度と価格、海鮮居酒屋「うおっと」や、がっつり楽しめる大衆肉酒場「がつり」などなど14店舗を展開。名前やコンセプトを考えるのが好きだと笑います。今日のゲストは株式会社WONDER CREW代表取締役社長の渡邊智紀さんです。大学卒業後、東京のアパレル会社に勤務。すると北大近くでお好み焼き屋を営む親から「店を閉める」と連絡がありびっくり。自分が継ぐと申し出たが断られてしまう。それなら自分でやってみようと独学で経営を学び、札幌へ戻って飲食店を次々とオープン。これからの飲食業は、飲食とデザインを融合させクリエイティブにと語ります。



株式会社WONDER CREW

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)経営者飲食店

2017年01月03日

第1248回 有限会社ボイスオブサッポロ 橋本登代子さん

札幌テレビ放送にアナウンサーとして入社。1988年退社後はフリーアナウンサーとして活動。シンポジウムやフォーラムの司会、コーディネーターをつとめている。今日のゲストは有限会社ボイスオブサッポロ代表取締役社長の橋本登代子さんです。トンちゃんの愛称で親しまれラジオの仕事も長い。「ほっかいどうの宝物」という番組では様々なゲストを迎え、その内容を本にまとめた。探偵事務所で電話相談を受ける人にアドバイスをするうち、ピュアで真面目な仕事ぶりが心に響いて事務所のキャラクターを引き受けたことも。若手育成のために会社を立ち上げた事で、自らも成長できたと語ります。



有限会社ボイスオブサッポロ

  

Posted by 福津京子 at 09:18Comments(0)メディア人

2017年01月02日

第1247回 株式会社木の城たいせつ 専務取締役 吉村直巳さん

新築戸建からリフォームまで。旧・木の城たいせつのもったいない精神や、道産材100%の家づくり「地産地消」を継承。余った材料も無駄にせずウッドデッキや離れを提案、家具も好評だと語ります。今日のゲストは、株式会社木の城たいせつ専務取締役の吉村直巳さんです。実家は関西でデベロッパーの会社を経営。しかし自分は3人兄弟の次男で住宅をする気はなく、数字が好きで会計学を学びベンチャー企業へ就職。その後、働きながら大学院で学び友人との起業を夢見ていたが、木の城の再建を決めた父からの要望で2010年に北海道へ。建て方も売り方も経営の仕方も本州と違い戸惑いもあったが、時間をかけて話し合いを重ね、自分自身も勉強しながら今日に至ると語ります。



株式会社木の城たいせつ

  

Posted by 福津京子 at 10:45Comments(0)建築・デザイン