さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。現在は札幌の魅力ある人材を動画で毎日配信するのがライフ&ライスワーク。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行っています。(第1211回以降の編集は水上志乃さんが担当しています)2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にて番組化され、現在は月・火・水の放送です。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。
カテゴリ
NPO (32)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (15)
札幌人図鑑 › 2017年02月

2017年02月20日

第1265回 滝本食品株式会社常務取締役 中居香織さん

札幌市役所の地下食堂を経営。安くてボリュームがあり体にもお財布にも優しいランチを提供している。道産食材を使ったメニューを考え、マルシェを開催するなどして近郊の農家を応援している。実は料理研究家になりたくて、学生時代からメニューを考えては料理コンテストに出しまくっていたと笑います。今日のゲストは滝本食品株式会社常務取締役で管理栄養士の中居香織さんです。会社は創業67年。市役所で食堂を始めたのは昭和27年から。製麺業だった祖父母は戦後、リヤカーを引いて蕎麦やうどんを売っていた。その麺を市役所に納めるようになった頃、市役所で食堂をやらないかと当時の市長から誘われて始めたのがきっかけと振り返ります。



滝本食品株式会社

札幌市役所地下食堂

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)料理人経営者サムライ業

2017年02月15日

第1264回 こしばきこうさん 劇作家・演出家

1997年に劇団旗揚げ。コンセプトは既成のものではないアングラな芝居。裸で白塗りがアングラじゃない。既成のものを権威も含めて否定して反抗しようという、ノーバディーノーホエアな寺山版ミュージカルだと語ります。今日のゲストは実験演劇集団「風蝕異人街」主宰、劇作家で演出家の、こしばきこうさんです。学生時代は絵ばかり描いて、将来は絵描きになるのが夢だった。油絵を描き始めたのは小5の時。芝居の書き割りも描いていた。19歳で寺山修司と出会い、いつも隣に座って芝居を見ていた。しかし演劇としてすごいと思ったのはずっと後だったと振り返ります。
*札幌演劇シーズン2017冬
 実験演劇集団「風蝕異人街公演 「邪宗門」




実験演劇集団「風蝕異人街」

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)演劇人

2017年02月14日

第1263回 アートディレクター 中鉢貴啓さん

ガス会社に勤務していた頃、友人に誘われパソコンのデザイン学校へ。時代がよくデザインも面白く、23歳でデザイン事務所へ。ブライダル雑誌を作っていたが、ひょんなことから女性誌フェミイの編集長に。創刊にあたり、雑誌の方向性を考えるため「10万円あったら何に使う?」というアンケートを集めると、男女にはっきりと違いが出たと振り返ります。今日のゲストはアートディレクターの中鉢貴啓さんです。その後「澄空」「海空」などフリーペーパーを作ったり、セレクトショップを経営したのち独立。一眼レフで写真を撮るように映像を撮り始め、小樽のショートフィルムセッションでは「夕泣き」で最優秀賞を受賞します。



中鉢貴啓さんのFacebook


  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)映画人アート出版

2017年02月13日

第1262回 脚本・演出家 川尻恵太さん

高校時代に友人とお笑いコンビを組んだが、いつも廊下で練習だったので舞台が使える部活が欲しくて演劇部に入った。しかし、決まりの多い高校演劇に反発、だんだんお笑いに傾倒していくが劇団 and を見て「こんなに自由でいいんだ!」と開眼。「劇団逆ギレ」を立ち上げた。今日のゲストは、脚本・演出家の川尻恵太さんです。旗揚げ公演後、2度目はマリアテアトロで、3度目はブロックのこけら落としで公演。その後、集客が厳しくなり劇団は無期限活動休止にし、活動はお笑いだけに。その頃「ラーメンズ」と出会い、札幌へ来た際の手伝いをしていたら、「大喜利のライブをやるから、明日の昼までにお題を20問送って」と連絡が来たと笑います。



*札幌演劇シーズン2017
 NEXTAGE 公演「LaundryRoom No.5」


川尻恵太さん Facebook

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)演劇人

2017年02月08日

第1261回 離婚カウンセラー 田中洋子さん

離婚の相談を受けていると、「こんな私でも離婚できますか?」「我慢しないといけないの?」と聞いてくる方がいる。背中を押して欲しい方の背中を、押すことはしない。「離婚していいですか?」くらいじゃしちゃいけない。離婚修復専門のカウンセラーも多いが、自分は違う。離婚を決めた方に寄り添い作戦会議をする感じだと語ります。今日のゲストは離婚カウンセラーの田中洋子さんです。自身も2度の離婚を経験。1度目は若かったし、子育てにも自信があり不安はなかった。しかし2度目は子供も思春期で、2度も離婚なんて私は変なのか?と悩んだ。相談先を探すうち「離婚カウンセラー」の存在を知り、講座を受けると勉強になり悩まずスパッと離婚できたと振り返ります。



札幌の離婚カウンセラー 田中洋子さんのWeb

  

Posted by 福津京子 at 08:57Comments(0)カウンセラー

2017年02月07日

第1260回 古書店トロニカ店主 広川啓規さん

暮しの手帖・anan ・ポパイ…ものすごく個性的で美しく丁寧な古い雑誌が好きだった。東京に住んでいた頃は神保町の古書店街へ通い集めていたが、札幌ではそういう雑誌を扱う店がなくて買えなかった。いつか自分でやってみたい。やるなら他にあまりないものをと考え、アートブックや自費出版のミニコミ誌、映画のポスターやパンフレットも扱うように。今日のゲストは古書店トロニカ店主の広川啓規さんです。以前は音楽関係の仕事をしていた。小さなCDショップの手助けをすることも多く、そんな中で「自分でやるとしたら」というアイディアが溜まっていったと振り返ります。



古書店トロニカ

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)書店

2017年02月06日

第1259回 株式会社柏艪舎 代表取締役 山本光伸さん

英語圏の新人作家から直接送られた原稿を翻訳し出版デビューさせたり、北海道及び全国の作家のオリジナル作品や写真集を出版している。 今日のゲストは株式会社柏艪舎代表取締役の山本光伸さんです。若い頃は翻訳家としてゴッドファーザーやトップガンなど、ベストセラーの翻訳を手掛けた。札幌で翻訳を教えたこともあるが、バブルがはじけせっかく翻訳家を育てても東京にしか仕事がない。それなら地元に出版社をと思い、作ったのが「柏艪舎」。30代で自律神経失調症に。閉所恐怖症で飛行機には乗れなかったけどバイクは大丈夫だった。北海道へ降り立ち、牧草ロールや地平線を見て感動。ここで仕事をしようと思ったと振り返ります。



株式会社柏艪舎


  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)経営者出版

2017年02月01日

第1258回 鉄道写楽家 矢野友宏さん

大好きだった「急行はまなす」。新幹線開通にあたり青函トンネルを通れなくなり運転が終わった。運転終了までの5年間、毎日欠かさず同じ時間に撮影してから会社へ向かった。「朝練はまなす。今日の成果です」とフェイスブックに投稿すると鉄道ファンからの反響が大きく、NHKの密着取材も受けたと笑います。今日のゲストは鉄道写楽家の矢野友宏さんです。小5の頃から撮り鉄一筋。一週間撮れないと禁断症状が出てイライラするほど。季節感を大切にした鉄道のある風景が大好き。北海道の赤い電車が全部引退して無くなったのをご存知だろうか。これが残念で記念に残そうとカレンダーを作り、カフェとタイアップで写真展をした。すると「鯉のぼりと赤い電車」の写真が好評で、北海道新聞社から写真集を出すことになったと語ります。



矢野友宏さん Facebook


  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)○○○評論家