さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (20)
観光 (11)
医師 (10)
札幌人図鑑 › 2017年11月

2017年11月22日

第1384回 株式会社グリーンライトアソシエイツ五十嵐雄祐さん

家を建てるとき、ヒヤリングにはとことん時間をかけている。たとえば子供の進学に合わせてとか資金繰りができたからという事で、急いで建てるものではない。もっと事前から、軽い気持ちでご相談いただきたいと語ります。今日のゲストは株式会社グリーンライトアソシエイツ代表取締役の五十嵐雄祐さんです。40歳までの若手建築家を集めたユニット「UN40」では代表を務めている。現在この「UN40」と学生グループで、2026年冬季オリンピックパラリンピックを創る札幌らしい若いアイディアを集めている。学生が大人になったとき、遺産になるのか負の遺産になるのかは僕ら次第だからと力を込めます。



株式会社グリーンライトアソシエイツ

UN40

  

Posted by 福津京子 at 09:11Comments(0)建築・デザイン

2017年11月21日

第1383回 常盤倶楽部 主宰 神谷憲一さん

南区常盤の町内会館で 親子で楽しむ謎解き・ボードゲームの会を主催している。月一で開催して3年目になるが、毎週遊びに来てくれる親子の姿も多くなった。将棋などと違い、大人も子供も同じ土俵で戦えるのが魅力だと語ります。今日のゲストは常盤倶楽部主宰、かみやパパこと神谷憲一さんです。たまたまテレビで「いまボードゲームが熱い!」という特集を見て、自分も子供時代に好きだったことを思い出す。それで人気のゲームを買い求め、家に帰って子供と妻と4人で遊ぶと、これが楽しい!すっかりハマってもう一つもう一つと買い求めるうちに数も増え、地域のみんなと楽しむように。ゲームに慣れてきた親子はあえて離して、別の親子と遊ぶようにコーディネート。最近は、ゲームの紹介やルール説明を子供がしてくれるようになったと笑います。



親子で楽しむ謎解き・ボードゲーム 常盤倶楽部

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)バラエティーまちづくり

2017年11月20日

第1382回 市立札幌旭丘高等学校教諭 高瀬敏樹さん

「情報」は14年前に必修となった教科。情報活用の実践力、情報の科学的理解、情報社会に参画する態度を身につけるための授業をしている。 ITを駆使する一方、あえて新聞を取り入れることも。今日のゲストは市立札幌旭丘高等学校教諭の高瀬敏樹さんです。高校時代、マイコンに夢中になった。大学時代はゼミの先生が、当時まだ出たばかりのNECのPCを入れてくれて、ベーシックを学んだり統計資料をグラフ化したり。卒業後、先輩の誘いで専門学校で講師をしたのち、東京のシステム会社に就職。そこでものづくりの楽しさも味わったけれど、ひとづくりのほうが楽しいと感じたと振り返ります。



市立札幌旭丘高等学校

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)高校教師

2017年11月15日

第1381回 訪問美容 Pomme 日向恵子さん

子育て中の女性や、外出の困難な障害のある方の為に訪問美容を始めた。すると一般の美容室ではオーダーがしづらいLGBTの方など、多様なニーズがあることに気づいたと語ります。今日のゲストは訪問美容 Pommeの日向恵子さんです。札幌の美容室に勤めた後、パリへ。シャネルのブティックが近く、ハイブランドを愛用するお客様ばかりの店で1年勤めた。ところが帰国後、美容室で面接を受けると聞かれるのは顧客の数ばかり。キャリアを積んできたのにそれは違うとフリーでの活動を決意。するとかつて札幌勤務時代に8年間、ボランティアで介護施設をまわる仕事が楽しかったことを思い出したと振り返ります。



日向恵子さん Facebook

  

Posted by 福津京子 at 10:12Comments(0)介護・福祉理美容師

2017年11月14日

第1380回 接遇コンサルタント 岡本真なみさん

日々の仕事の中で小さくイラッとしている人は多い。アンガーマネジメントは1970年代に始まった心理コントロール法。みんなでやると楽しいし、相手を大切に思うことに繋がる。自分を変えるきっかけにもなると語ります。今日のゲストは接遇コンサルタントの岡本真なみさんです。北大卒業後、就職せずにナレーターコンパニオンに。徐々に話し方・立ち居振る舞い・ユニバーサルサービスなど新人を育てる側のスキルアップを求められ、勉強を重ね現在に至る。主に役所・銀行・大学などでビジネスマナーを教えているが、笑って話せる組織は強い。生産性も上がるし離職率も下がると語ります。



岡本真なみさん お問い合わせ先

  

Posted by 福津京子 at 09:29Comments(0)専門職

2017年11月13日

第1379回 市立札幌平岸高等学校教諭 高松洋司さん

古典の授業もアカデミックさを大切に。すると古典を学んで英語を理解することも。教科を横断し、自分なりにどう実践に移せるかを考えられるようになるといい。今日のゲストは市立札幌平岸高等学校教諭の高松洋司さんです。実は教師を目指したきっかけは、とにかくバレーがしたかったから。高校時代は数学が得意だったが、予備校の先生のアプローチが面白く、論理的に感じて国語に目覚めた。本格的な国語教育を追求しようと、教員の傍ら夜間の専門学校へ通い日本語教師の研修を受けた事も。現在は国語の教科書の編集員もしていると語ります。



市立札幌平岸高等学校

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)高校教師

2017年11月08日

第1378回 俳人 瀬戸優理子さん

第33回現代俳句新人賞を受賞。北海道からは21年ぶりの快挙だった。今年8月、句集「告白」を発表。北海道の美しい四季を背景に、からだを通過して濾過された「想いのしずく」を17文字に結実したと話題に。今日のゲストは俳人の瀬戸優理子さんです。出版社に勤めていた頃、親友のお母さんに誘われ句会に行ったのが始めたきっかけ。以来、結婚して子育て中など句会へ行けない間も書き続けた。内省の時間があって良かったと思う。長い文章を書くのは時間がかかるけど、俳句はとっつきやすかったと振り返ります。



瀬戸優理子さんFacebook

句集「告白」

  

Posted by 福津京子 at 09:37Comments(0)出版俳人

2017年11月07日

第1377回 カタリバ 古賀詠風さん

高校生の心に“火を灯す”ことを目指したキャリア学習プログラム「カタリバ」で活動をしている。学校以外にも教育の場があると感じており、教員免許をとらず社会教育専攻のゼミで学んでいると語ります。今日のゲストはカタリバの古賀詠風さんです。今年の夏休み、全国の高校生による地域観光プランコンテスト第1回『観光甲子園』にてグランプリに輝いた島根県立隠岐島前高校を視察。例えば隠岐には公営の塾がありとても成功しているが、魅力的だから結果だけ真似しようとしてもうまくいかない。そこまでの道のりには、学校の先生も地域の人も膝を突き合わせた多くの対話がある。カタリバも同じ。対話を中心としたプロセスこそ大切にしたいと語ります。



カタリバ北海道 NPO法人いきたす

島根県立隠岐島前高校

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)大学生カタリバ

2017年11月06日

第1376回 市立札幌大通高等学校教諭  渡部成江さん

生涯スポーツより生涯体育。体のセルフケアを高校体育で習得できれば、それこそ一生の財産になると思う。自由・自立・自信・自律の精神も養われると語ります。今日のゲストは市立札幌大通高等学校教諭の渡部成江さんです。浪人時代、親に恩返ししなくちゃと猛勉強。悪い姿勢のまま毎日10時間勉強してギリギリの精神状態。涙がぽろぽろ溢れた。無事、北大に合格。子供の頃から好きだったスキー部へ。トレーニングを積む中、技術が上がるきっかけは体の操り方がわかったこと。スキー技術以前の問題だった。以来、身体や健康についての興味が高まり、卒論はドイツの温泉療法だったと笑います。



市立札幌大通高等学校

  

Posted by 福津京子 at 10:00Comments(0)高校教師

2017年11月01日

第1375回 フリーアナウンサー 安達祐子さん

これまで4000件以上の食リポをしてきた。現在は「ひがし北海道女子旅アドバイザー」として、またオホ―ツク・北見・津別の観光大使として「お結びラジオ」で情報発信。北海道の嬉しい楽しいを創り伝えていきたいと語ります。 今日のゲストはフリーアナウンサーの安達祐子さんです。3年間のOL生活を経てモデルに「とらばーゆ」。しゃべりもできるモデルとして現場でスキルを積むうち、北海道初の女性競馬キャスターに。オグリキャップが全盛の頃、配当金など言い間違えの許されない緊張の現場だったと振り返ります。



安達祐子さんオフィシャルサイト


  

Posted by 福津京子 at 08:57Comments(0)メディア人