さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (23)
観光 (12)
医師 (11)
札幌人図鑑 › 2018年05月

2018年05月23日

第1453回 円山動物園参与 元・旭山動物園 園長 小菅正夫さん

食料も自給できない日本だからこそ、世界中の人と一緒になって貴重な野生生物を保全するための役割を果たすべき。動物園はそのためのいい媒体。いつか国立の動物園をつくりたいと語ります。今日のゲストは円山動物園参与で、元・旭山動物園 園長の小菅正夫さんです。中学から柔道部。南高2年の時、新人戦で2位。上を目指して北大柔道部に稽古をつけて貰ったことをきっかけに、北大進学を決意。浪人中も稽古の手を抜かず、2浪して入学。入学式に行かず道場へ向かったほど。動物が好きだったので獣医学部へ。ところが柔道で鍛えた腕が太すぎて牛の直腸に入らず産業獣医師は断念。就職先が見つからず悩んでいた卒業間際、大学で旭山動物園獣医師募集の告知を見つけたと振り返ります。



札幌市円山動物園

  

Posted by 福津京子 at 09:02Comments(0)円山動物園

2018年05月22日

第1452回 (株)シィービーツアーズ 戎谷侑男さん

2016年に町の歴史から課題などを町長自らがPRする「日高の魅力再発見!ひだか応援特別バスツアー」を企画。終始飽きることなく楽しめると大盛況だった。ツアー誕生のきっかけは、前・月形町長の桜庭誠二さんの熱弁した国道275号のお話が面白かったからと語ります。今日のゲストは(株)シィービーツアーズ代表取締役社長の戎谷侑男さんです。中央バスで26年勤めたが、会社本体から旅行会社を立ち上げることになり1990年に転身。それから28年、どれだけ地域に人を送って喜んでもらうかを自分の使命と思って頑張ってきた。実は初めはそんなに乗り気じゃなかったのだが、これほど自分に向いた仕事はなかったと笑います。



(株)シィービーツアーズ

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)経営者

2018年05月21日

第1451回 シアターユニット「星くずロンリネス」主宰 上田龍成さん

自分が作る芝居は基本的にコメディー。家でテレビを見るような感覚で楽しんで見てもらいたい。敷居が低くほっこり笑えるようなお芝居は、観劇初心者にもオススメだと語ります。今日のゲストはシアターユニット「星くずロンリネス」主宰の上田龍成さんです。小学生の頃はバラエティー番組が全盛で夢中で見ていた。中学生になるとラジオにハマり、友人と一緒に自転車にマイクを付けて小樽まで走るなど、ラジオごっこをして遊ぶ。その後、映像に興味を持ったり放送作家になりたいと思ったり、音楽もデザインもいろいろやったけど、一番面白かったのが演劇だったと振り返ります。



星くずロンリネス

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)演劇人

2018年05月16日

第1450回 第三セクター鉄道 「いすみ鉄道」社長 鳥塚亮さん

道庁の「観光列車運行可能性検討会議」委員をしている。地元の方は意識しないけれど、道外から見た北海道の魅力はまだまだ沢山ある。鉄道が社会のお荷物にならないように、もっと道民も鉄道愛をと力を込めます。今日のゲストは千葉県にある第三セクター鉄道「いすみ鉄道」社長の鳥塚亮さんです。航空会社に勤めていたがもともと鉄道好きだったので、いすみ鉄道の社長が公募された際に手を上げ社長になった。消え入りそうな駅を盛り上げようと「ここには『何もない』があります」と宣伝すると、田んぼの真ん中に都会の方が大勢訪れ観光地になった。地域鉄道が地域の人と一緒に、お金をかけずに出来ることはまだまだある。「日本一貧乏な観光列車」での旅は「実はブルジョアなんじゃない?」と語ります。



いすみ鉄道株式会社

”日本一貧乏な観光列車”が走るまで

  

Posted by 福津京子 at 07:34Comments(0)経営者

2018年05月15日

第1449回 株式会社ブランディア代表取締役 鈴木幹也さん

ネット上で花の卸売り販売をしている。10本単位に小分けして、欲しい花を欲しい量だけスピーディーにお届け。花のロスが減り市場に行く時間が節約できる上、鮮度の良い花が届くと好評だと語ります。今日のゲストは株式会社ブランディア代表取締役の鈴木幹也さんです。小樽の花屋の息子で、修行のため大手に就職したのち独立。これからはスポーツや各種セレモニー、カフェなど、本物の花の良さを楽しめるシーンをどんどん提供していきたい。友人とたった二人で立ち上げた会社。これまで多くの人に支えられてきたので、花業界に恩返しがしたいと語ります。



株式会社ブランディア

  

Posted by 福津京子 at 09:33Comments(0)経営者

2018年05月14日

第1448回 札幌新陽高校 校長の右目 小林さやかさん

ノンフィクション「ビリギャル」主人公のモデルとして、1年に90回もの講演をしている。学生にお話しすることが多いが、親御さんに話す時間も大切にしている。子供の頃から自分の母は一切ストッパーにならなかった。映画の中の母親像は全然盛っていない。むしろもっと凄いと語ります。今日のゲストは札幌新陽高校の校長の右目、小林さやかさんです。全国で講演をするうちに、もっと教育を学びたいと思った。Facebookで見つけた新陽高校の校長日誌が好きで、いつか直接お会いしたいと直メール。面識ができ、やりとりする中で「大学院に進もうか悩んでいる」と相談すると「現場がいいよ」と薦めてくれた。4月から新陽高校にインターンで来ると「校長の右腕」という席の隣に「校長の右目」という席が用意されていたと笑います。



小林さやかさん ブログ

札幌新陽高等学校

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)教育者

2018年05月09日

第1447回 タイマッサージスクール Rakusaa 下山みちよさん

タイマッサージは世界一気持ちの良いマッサージ。とてもリラックス出来て、自閉症などの改善報告があるほど。日本人は働きすぎ。将来は社会貢献として、人の心も癒してあげるられるような活動がしたい。今日のゲストはタイマッサージスクール Rakusaa 代表の下山みちよさんです。司会業や研修トレーナーの仕事を長くしている。そんな中、母の他界など辛いことが重なりメンタルが落ちていた。気晴らしに海外にでも行ってこようとネットで探すと、なぜかタイのマッサージスクールがヒット。短期間で資格の取得ができると知って、9日間のショートコースを受講することに。行ってみると環境が良く、タイマッサージの心のこもった背景を知り見事にハマる。結局、最高の資格まで取得してから帰国したと笑います。



タイマッサージスクール Rakusaa

  

Posted by 福津京子 at 07:56Comments(0)専門職

2018年05月08日

第1446回 北海道大学高等教育推進機構CoSTEP 特任助教 西尾直樹さん

**札幌人図鑑が誕生したのは6年前の5月1日。7年目に突入を記念して、スペシャルゲストをお迎えしました。札幌人図鑑の元ネタ、「研究者図鑑」を製作したNIPIOさんの登場で〜す!**

科学技術を一般市民にわかりやすく伝えるには、対話の場を作ったり様々な表現方法を模索したり、一方的にではないコミュニケーションを生み出していくことが大切。そのための教育・実践・研究がミッションだと語ります。今日のゲストは北海道大学高等教育推進機構CoSTEP特任助教の西尾直樹さんです。子供の頃から科学技術が大好きで将来はNASAで働きたかった。ところが理系が全くダメ。挫折感の中で文系へ進んだが、大学院卒業後は京都で研究者を支援する団体・KGCへ就職。自分はインタビューをして話を引き出すのが得意。それなら科学者の想いを伝えるために映像を使おうということに。すると上司が「どう頑張ってもプロジェクトXには敵わない。質で敵わなければ量で勝負だ!1年365日毎日更新、1日でも休んだらクビ!」と言い出した。無茶な提案なのに、直感でいいな、面白そうと手を上げた。そこから修行のような日々が始まったと振り返ります。

*西尾さんは昨年5月より北大勤務のため、妻子を連れて京都から札幌へ移住。札幌人となりました!*




北海道大学高等教育推進機構CoSTEP


株式会社 聴き綴り本舗


  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)研究者

2018年05月07日

第1445回 オカリナ奏者 椎名春奈さん

3オクターブの音が出せるトリプレットオカリナ。山梨の大沢聡先生に師事し、道内唯一の認定講師となった。海外のフェスティバルに参加すると子供の奏者が沢山いて驚く。日本では中高年の愛好者が多いが、小さなお子さんにもお薦めの楽器だと語ります。今日のゲストはオカリナ奏者の椎名春奈さんです。中学から吹奏楽部でフルートを吹いていた。大学卒業後、一度は住宅メーカーに勤務するも中途で高橋水産の吹奏楽団へ。結婚を機に退職し、長男出産後に音楽教室でフルートの先生を始める。すると教室から「オカリナの指導も」と頼まれた。始めて見るととても楽しい。フルートのコンサートでオカリナの曲を入れると、アンコールでもオカリナの演奏をリクエストされるようになったと笑います。



椎名春奈さん Facebook

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)音楽人習い事

2018年05月02日

第1444回 円山動物園 園長 加藤修さん

今年の3月、国内最長となる約18メートルの水中トンネルを設置した「ホッキョクグマ館」がオープン。頭上で泳ぐホッキョクグマは大迫力。秋には4頭のアジアゾウも加わる。お披露目は来年なのでお楽しみにと語ります。今日のゲストは円山動物園園長の加藤修さんです。一昨年より現職。いろいろ大変な時を外から見てきた。もう来園者数を目標に掲げるのはやめようと思う。未来の動物園とはどんな動物園か。いま有識者と議論を深めながら「円山動物園構想」を制作中。今と昔では背景が変わった。そういう意味で象の公開日も、入場者数の見込める日にぶつけるのではなく、あくまで象の体調をみて様子を伺いながら決めたい。「すべては象さん次第です」と笑います。



札幌市円山動物園



  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)円山動物園公務員

2018年05月01日

第1443回 市立札幌大通高等学校 校長 鈴木恵一さん

大通高校には教頭で4年、副校長1年、開校準備室2年、校長2年と、一番長く勤めただけに思い入れが深いけれど、この番組が放送される4月からは啓北商業高校へ校長として赴任する。札幌を南区から熱くしますよと力を込める。今日のゲストは市立札幌大通高等学校校長の鈴木恵一さんです。自分の弱さや足りなさを隠すのではなく、情報を開示していくことで支援してくれる方も現れると思う。実は自分は幼少期、人と話ができなかった。それを変えてくれたのは小5の時の担任の先生。「無理して喋る必要はない。いずれ喋りたくなるだろう。だからそれまでは本を読め。ことばの数を増やして、いつか誰かに伝えられるようになるといいね」と語りかけてくれた。その言葉を聞いた時、自分の人生の風向きが変わったと振り返ります。



市立札幌大通高等学校

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)高校教師