さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (33)
観光 (14)
医師 (13)
落語 (10)
札幌人図鑑 › 2019年01月

2019年01月30日

第1549回 遠藤起予子 社会保険労務士事務所 遠藤起予子さん

年金事務所では貰えないと言われた70代の女性でも、よくよく調べると貰えるようになったケースがある。年金の話は国民みんなが関わることなのに、知らない人が多い。学校で習う機会が少ない分、自分でちゃんと学ばなくては丸腰で社会に出るようなものだと力を込めます。今日のゲストは遠藤起予子社会保険労務士事務所の遠藤起予子さん。就職氷河期に生命保険会社に就職。初めての給料明細を見て、どうしてこんなに手取りが少ないのか愕然とした。営業職で頑張っていた頃、後輩が営業途中に足をくじき「これって労災ですよね?」と聞いてきた。実はその時「労災」がわからなくて、こっそり本屋に走り、本を探しながら初めて社労士という職業があることを知ったと笑います。



遠藤起予子社会保険労務士事務所

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)サムライ業

2019年01月29日

第1548回 札幌みらい中央青果株式会社  代表取締役会長 勇﨑恒宏さん

産地から出荷されたものに値段をつけて、仲卸26社に販売している。北海道の農業を元気付けるために、これまで様々なブランディングをしてきた。良質な青果を努力して作ってくれた生産者さんを評価した上で、消費者も納得する適正価格を見極め、北海道の青果を価値あるものにと語ります。今日のゲストは札幌みらい中央青果株式会社 代表取締役会長の勇﨑恒宏さんです。祖父が北1条東2丁目の札幌軟石の石蔵で青果問屋を営んでいた。その後、札幌が政令指定都市になり、34年に札幌中央卸売市場ができ、同時に父が丸果札幌青果を立ち上げた。そして昨年、札幌ホクレン青果と合併し、市場外とどう対峙していくかという公的使命を持つ新しい会社になったと振り返ります。



札幌みらい中央青果株式会社

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)経営者食関係

2019年01月28日

第1547回 (株)インデックス・コア代表取締役/プロデューサー 麻生榮一さん

道内でCMを作る企業の80パーセントを手がけてきた。映画の仕事から入ったのでCMは初めは嫌だったけれど、プロの仕事を見てすごいなと思い、スタイリスト的なことやアシスタント的なことをしながら仕事を覚えていった。縁あって北海道の情報誌の取次の仕事もしている。今日のゲストはCM、映像制作プロダクション(株)インデックス・コア代表取締役/プロデューサーで、出版物取扱い・出版物企画制作(株)コア・アソシエイツ代表取締役の麻生榮一さんです。アンダーグラウンドシネマが流行っていた1970年代、失恋を機にカメラを手にした。バイトしながら映画を作ったり、仲間と盛り上がり劇場を手作りしたことも。ビジネスになる・ならないは置いといて、やりたいからやろうという感じ。貧乏だったけど、そういう生活が大切だったし、それを支えるために一生懸命働いていた。すると体を壊し、5カ月の入院を余儀なくされたと振り返ります。



(株)インデックス・コア

(株)コア・アソシエイツ

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)メディア人

2019年01月23日

第1546回 キャリアフォローアカデミー株式会社  代表取締役 藤塚優子さん

企業の社員研修をメインに年間150回もの研修を行っている。キャリアを尋ねると、やってきた仕事の内容を答える人が多いけど、私は生き方そのものだと思う。自分にとってのいい人生とは何か。そこに自分で気づく事が大切と語ります。今日のゲストはキャリアフォローアカデミー株式会社代表取締役の藤塚優子さんです。思えば学生時代は働く事に興味はなく、すぐお嫁さんになろうと思い銀行に就職。ところが働いてみると仕事は楽しい。もっと外に出たくなり、銀行を辞めて営業職へ。やってみると結構取れちゃってまた楽しい。あっという間に仕事漬けの毎日になったが、仕事のストレスも仕事で解消できるようになると、仕事はずっと楽しい事を伝えていきたいと笑います。



キャリアフォローアカデミー株式会社

  

Posted by 福津京子 at 07:29Comments(0)専門職

2019年01月22日

第1545回 格安バーチャルオフィス/ワンストップビジネスセンター札幌店 佐々木洋さん

住所や電話番号の提供はもちろん、電話の転送、秘書代行など、場所じゃなくてサービスを提供。女性起業家から建築業、IT関係など利用者の職種は様々。レンタル会議室も完備しておりホワイトボードやPCモニター、飲み物の用意もあり。とても好評だと語ります。今日のゲストは格安バーチャルオフィス/ワンストップビジネスセンター札幌店、マネージャーの佐々木洋さんです。20代はプロスノーボーダーを目指して、夏はバイト三昧、冬はスノボ漬けの毎日。夢中で12年頑張ったがプロにはなれず、30過ぎて将来を考えるように。すると先輩から声がかかり、スープカレーの人気店を経て現職。いつもいつもいいタイミングで先輩から、夢中になれる仕事のオファーをいただき感謝していると振り返ります。



格安バーチャルオフィス/ワンストップビジネスセンター札幌店

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)バーチャルオフィス

2019年01月21日

第1544回 税理士 宮治理陽さん

「自分の好きなことを仕事に」という風潮があるけれど、ビジネスになるかどうかを見極める第3の目線が大切。妄想全開ではなく、実際の数字に落とし込んでいくのが自分の仕事。ビジネスはサクセス!プライベートはハピネスに!と力を込めます。今日のゲストは宮治理陽税理士事務所、税理士の宮治理陽さんです。勉強会が大好き。起業して5年で廃業する経営者が85パーセントと言われる昨今、もっと原理原則を学び「寄りそうコンサル」に活かそうと、気になったことはどんなジャンルでも門を叩き学びを深めてきた。最近は神社検定2級を取得。仲間からは「学びの変態」呼ばわりされると笑います。



宮治理陽税理士事務所

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)サムライ業

2019年01月16日

第1543回 DJ Music Studio GURA GRANDMASTER SASAKIさん

クラブばかりがDJじゃない。オールジャンルの音楽を使い、心豊かに感性を育てる。7年前に夢だったスタジオを平岸にオープン。子供に教えるのが好きで教員免許も持っており「1歳からの子供DJ教室」を開設。長所を誉めて伸ばしてあげるような教育がしたいと語ります。今日のゲストはDJ Music Studio GURA GRANDMASTER のSASAKIさんです。札大でスキー部の監督だった父の影響で子供の頃からスキーをしてきたが、正直それほど好きではなかった。高3の時、初めて見たDJプレイがすごく格好よくて、家に帰って「DJになりたい!」と言うと、父がターンテーブル2台とオモチャのようなミキサーを買ってきてくれた。自分が24歳の時に他界した父は、実は自分がそれほどスキーが好きじゃないことに気づいていたかもと笑います。2015年、DMC北海道チャンピオン・ジャパンファイナリスト。



DJ Music Studio GURA

  

Posted by 福津京子 at 10:29Comments(0)習い事音楽を楽しむ人

2019年01月15日

第1542回 西区長 粟崎寿也さん

「さんかくやまべェ体操」は介護予防の為のゆったりした体操。300人の普及員が各地域で指導している。区内にある11の連合町内会ではコンサイレブンがそれぞれ応援大使を担当。夏祭りなどを盛り上げていると語ります。今日のゲストは西区長の粟崎寿也さんです。清掃関係で9年勤めた。大型ごみの有料化から始まり、瓶缶プラスチックの分別などご負担が増えるたびに、分かり易く伝えることの難しさと大切さを痛感。地域へ出向き膝詰めで話し合い厳しい意見ももらったが「地域を綺麗にしたい」という想いはひとつ。そこに気づいてからはスムーズだったと振り返ります。



札幌市西区役所

  

Posted by 福津京子 at 09:31Comments(0)公務員率いる人

2019年01月14日

第1541回 清田区長 小角武嗣さん

ここで育った子が大人になり、結婚して子供ができるとまたここに戻ってくるケースが増えている。緑豊かで住環境に優れ、子育て・子育ちしやすい点をもっとアピールしていきたい。今日のゲストは清田区長の小角武嗣さんです。大学では造園を学んでおり、市街地を拡大している札幌なら公園づくりが出来ると思い札幌市役所へ。ところが配属先は経済局の農政部。当時はまだ、電気はきてるが水道が通っていないような小金湯を担当。その後はまちづくりの仕事が長く自分の専門はなかなか出来なかったが、変化に富んだ仕事ができて良かったと振り返ります。



札幌市清田区役所

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)公務員率いる人