さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (33)
観光 (14)
医師 (13)
落語 (10)
札幌人図鑑 › 2019年03月04日

2019年03月04日

第1562回 北海道環境生活部 縄文世界遺産推進室 阿部千春さん

中が空洞で薄い作り。デザイン的にも技術的にも土偶の到達点と言われる中空土偶には、縄文時代の精神性が色濃く現れている。縄文からアイヌ文化、そして現代につながる遺跡の豊富な北海道は、それだけ自然が豊かということ。これを伝えるのは博物館の仕事だけれど、縄文文化は欧米のインバウンドを引き込むのにも有効。観光は教育の現場だと語ります。今日のゲストは北海道環境生活部 縄文世界遺産推進室の阿部千春さんです。赤平出身。小1の時、沢を登っていたらしじみの化石を発見。どうして山に貝があるのだろうと不思議に思った。その後も化石を集め続け、大学では考古学を専攻。埋蔵文化財センターに就職し、千歳の美々4遺跡を発掘したと振り返ります。



北海道環境生活部 縄文世界遺産推進室

  

Posted by 福津京子 at 15:35Comments(0)研究者