さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (33)
観光 (14)
医師 (13)
落語 (10)
札幌人図鑑 › 2019年03月

2019年03月27日

第1573回 サッポロスマイルアワード2019実行委員長 神代晃嗣さん

輝いている人がいる限り、札幌の未来はきっと明るい。さまざまな分野で活動している「ひと」を発掘し、表彰する。受賞者たちのビジョンや活動に共感した市民の輪が拡がることで、ひとの活力とまちの魅力あふれる札幌にと力を込めます。今日のゲストはサッポロスマイルアワード2019実行委員長の神代晃嗣さんです。2017年に札幌青年会議所の理事長を経験。幌平橋の麓を明るく照らし、お酒や音楽を楽しむイベント「川見」を開催した。難題解決に奔走したが、先輩たちの実績もありすべてクリア。街を変えられる、いい実体験になった。いまはOBとしてこの活動を継続していると語ります。

*サッポロスマイルアワード2019エントリーは7月末まで!*



サッポロスマイルアワード2019


  

Posted by 福津京子 at 08:42Comments(0)公共人材経営者

2019年03月26日

第1572回 esports STADIUM SAPPORO 下川洋平さん

昨年11月OPEN。入場無料で、ログインからログアウトまでを課金するスタイルのゲーム専用ネットカフェ。「鉄拳」他、いま主流の対戦ゲームを最新のシステムで楽しめるので世界中のプレイヤーと対戦できるし、ここで是非ゲーム好きの仲間と出会って欲しいと語ります。今日のゲストは esports STADIUM SAPPORO esports 事業部統括の下川洋平さんです。高校時代は剣道部。しかし大学時代にパソコンゲームと出会った時、対戦の緊張感がリアルスポーツと一緒だ!と感じすっかりハマってしまった。千葉在住だったが、日本初のesports店が自宅近所に初出店。通って腕を上げるうち、縁あってesportsキャスターに。その後、専門学校のesports学科講師として北海道へ移住したと振り返ります。



esports STADIUM SAPPORO

  

Posted by 福津京子 at 09:00Comments(0)アミューズメント

2019年03月25日

第1571回 人材育成コンサルタント / 中小企業診断士 田邉勇樹さん

「楽しく体験して成果につながる人材育成」がモットー。中小企業診断士の資格取得後は様々なご縁を頂き、講演や執筆活動など活動の幅が広がった。昨年4月からは「どさんこ販売士チーム」を発足。販売士資格の普及や販売に関する勉強会を開催していると語ります。今日のゲストは人材育成コンサルタントの田邉勇樹さんです。子供の頃から勉強が大好きで、小1の頃から年間100冊以上の本を読んできた。ところが高校時代、学校の授業に興味を持てなくなって引きこもり、一度学校を離れてみようと高1で中退。勉強を続けながら働きはじめ、様々な価値観の大人と出会えたのが良かったと思う。その後、大学へ進学し経済を学び現在に至る。親を悲しませてしまったけれど、自分のような思いをする人を減らしたい、楽しく役立つを学びを提供したいと考え、人材育成の世界に飛び込んだと振り返ります。



田邉勇樹さん Web

  

Posted by 福津京子 at 09:22Comments(0)サムライ業

2019年03月20日

第1570回 株式会社庭仁 代表取締役 岩村明仁さん

公園や庭をつくる仕事をしている。形に残る仕事だし、綺麗に剪定して掃除も綺麗にして「見違えるようになったね」とお客さんから直接喜びの声を聞けるのもこの仕事の醍醐味だと思う。いつか海外で日本庭園を造りたいと力を込めます。今日のゲストは株式会社庭仁代表取締役の岩村明仁さんです。高校時代は正直、やりたいことが見つからなかった。それでも親元を離れ一度は本州へ出たくて体を動かす仕事で出稼ぎをしていた。数年後、大学進学をした同級生が就活を始めたのを見て自分も将来を考える様に。そこで先輩に相談すると「トビや大工もいいけれど、庭師はセンスが問われる仕事」と教えられ興味を持った。今では温泉に行っても、露天風呂の石の組み方が気になってしょうがないと笑います。



株式会社庭仁

  

Posted by 福津京子 at 10:50Comments(0)技術者

2019年03月19日

第1569回 おもち先生 三浦紗登美さん

小学生向けスポーツ教育情報紙「スメスポ」企画で開催される「親子向け料理教室」が人気。当日の様子はレシピとともに紙面で紹介。腸内環境のお話をするために、フェルトで手作りした6〜7メートルの腸の模型を会場いっぱいに広げると子供達から歓声が上がったと笑います。今日のゲストはおもち先生こと三浦紗登美さんです。子供の頃、本を見ながらケーキを手作りしたら大成功!その美味しさに驚き、すっかり料理にはまってしまった。社会人となりお菓子の販売員をしながら、野菜ソムリエをしている同僚の誘いで料理教室を手伝う様に。農家の収穫を手伝いながら採りたて野菜で料理するのが楽しくて、自分のやりたいのはこれだ!と実感。独立を考える様になったと振り返ります。



三浦紗登美さん Facebook

  

Posted by 福津京子 at 16:39Comments(0)食関係

2019年03月18日

第1568回 JTB USA ホノルル支店長 / 北海道人会 会長 小板橋恭司さん

グアム、ニューヨーク、ミシガン、ハワイ…アメリカでの暮らしはトータルで20年。いろんな地域で本当のアメリカを体験できたのが財産だと思う。自分の仕事はアウトバウンド。2年前に友好提携を結んだ北海道を、ハワイの人にもっとアピールしたいと語ります。今日のゲストはJTB USA ホノルル支店長で北海道人会会長の小板橋恭司さんです。 子供の頃から海外への憧れが強く、世界地図を見るのが大好きだった。家がカトリックで教会へ通っていると、アメリカ人の神父の部屋からバターの良い匂い。部屋に入ると初めて見る硬式のテニスラケットがあり、毛の生えたフワフワのテニスボールを見つけた時はとても驚いたと笑います。



JTB USA ホノルル支店

ハワイ北海道人会

  

Posted by 福津京子 at 07:16Comments(0)道外でご活躍の札幌人

2019年03月13日

第1567回 北海道博物館研究職員  圓谷昂史さん

博物館では「地学」を担当。1500万年前の海の状況、野幌の100万年くらい前の海の環境、そして現在の北海道の海の環境。環境を調べるには特殊な技術が必要と思われがちだけれど、身近な自然体験をしながら楽しく学ぶことができるのが魅力。新しいこと、誰も見たことのない世界を、自分の手足を使ってわかるのが喜びだと笑います。今日のゲストは北海道博物館研究職員の圓谷昂史さんです。小さい頃の趣味は四つ葉のクローバーさがし。近所の公園で下ばかり向いてさがし、見つけたら押し花にして集めていた。大学生の時、漂着物を使った環境教育を研究する中でアオイガイを発見。タコが作る美しい貝に心惹かれ、研究テーマが「貝」になったと振り返ります。



北海道博物館

  

Posted by 福津京子 at 08:53Comments(1)研究者

2019年03月12日

第1566回 株式会社MASSIVE SAPPORO 川上将司さん

無人ホテル『UCHI』が話題。ゲストがチェックインをする際、入口に置かれた4ヶ国語対応のタブレットで予約を確認。スマートロックで入退室。フロントがなくスタッフもいない代わりに、何かあったら10分以内に駆けつけるというのがルール。利用の8割以上が外国人旅行者で、ファミリーやグループに好評だと語ります。今日のゲストは株式会社MASSIVE SAPPORO不動産事業部の川上将司さんです。大学卒業後、大手不動産会社を経て現職。学生時代から毎年何かしらの資格試験に挑戦してきた。社会人となってからも意欲的に勉強を続け、アメリカの不動産経営管理士資格『CPM®︎』を取得。IREM(全米不動産管理協会)World Awardでは、IREMの30歳以下の30人に選抜、アジアで唯一表彰されたと振り返ります。



株式会社MASSIVE SAPPORO

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)観光

2019年03月11日

第1565回 株式会社ポロワッカ代表取締役 新宮賢治さん

高齢者が住み替えを考えるきっかけは、体力に自信がなくなった、認知症が心配、人生を楽しみたい、連れ合いが亡くなったなど事情は様々。そんな状況にじっくりと耳を傾け、高齢者に特化した住み替えのコーディネートをしている。先々を考える事も大切だけど、今の生活の充実をと語ります。今日のゲストは株式会社ポロワッカ代表取締役の新宮賢治さんです。札幌北高から東大法学部へ。卒業後は大手商社へ就職しエリートの管理部門に配属されたものの、仕事を与えられてやる感じに馴染めず退職。地元へ帰り迷走後、40歳で起業した。働き方も生き方も効率や安心を優先しがちだけど、実はちょっと違うんじゃないかなと語ります。



株式会社ポロワッカ

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)介護・福祉

2019年03月06日

第1564回 月と太陽 BREWING 森谷祐至さん

店内の工房でクラフトビールを作っている。モルトの焙煎具合で色も香りも味わいも変わるので、2度と同じものと出会えないのが魅力。作り手が欲するビールを味わい、旅をするように楽しめる。そんなビール文化を北海道に広めたいと語ります。今日のゲストは「月と太陽 BREWING」代表の森谷祐至さんです。車が大好きだったので、高校卒業後は神奈川のISUZU自動車に勤務。ところが半年後、父が他界。札幌へ帰り家業の新聞販売所を三人兄弟で支えた。22歳で交通事故、生死をさまよう大怪我をして自分の人生を見つめ直す。24歳の時、家業は兄に任せて調理師学校へ。飲食は人から元気をもらえる仕事。料理に終わりはないから、飽きずにずっと探求できると振り返ります。



月と太陽 BREWING



  

Posted by 福津京子 at 16:18Comments(0)飲食店

2019年03月05日

第1563回 英会話のブリジェックスランゲージサービス 東さえこさん

英会話レッスンや通訳、講師派遣などが主な仕事。車椅子で北海道旅行をしたいという香港のお客様に同行したり、イギリス人のミディアム(霊媒師)の通訳をしたことも。児童デイサービスへの出前レッスンもしており、いつかオールイングリッシュの幼稚園を作るのが夢だと語ります。今日のゲストは英会話のブリジェックスランゲージサービス代表の東さえこさんです。英語が好きで、OLをしながらお金を貯めては語学留学をしていたが、そのうちサルサにハマって留学の目的はサルサにシフト。縁あってダンサーと結婚し事業を手伝っていたが、その後離婚し息子と共に帰札した。母の応援もあり会社を立ち上げ現在に至るが、帰国時、せっかくネイティブに育てた息子を、地元のインターナショナルスクールが高額で経済的に入れられなかった事が残念だったと振り返ります。



英会話のブリジェックスランゲージサービス

  

Posted by 福津京子 at 08:00Comments(0)専門職

2019年03月04日

第1562回 北海道環境生活部 縄文世界遺産推進室 阿部千春さん

中が空洞で薄い作り。デザイン的にも技術的にも土偶の到達点と言われる中空土偶には、縄文時代の精神性が色濃く現れている。縄文からアイヌ文化、そして現代につながる遺跡の豊富な北海道は、それだけ自然が豊かということ。これを伝えるのは博物館の仕事だけれど、縄文文化は欧米のインバウンドを引き込むのにも有効。観光は教育の現場だと語ります。今日のゲストは北海道環境生活部 縄文世界遺産推進室の阿部千春さんです。赤平出身。小1の時、沢を登っていたらしじみの化石を発見。どうして山に貝があるのだろうと不思議に思った。その後も化石を集め続け、大学では考古学を専攻。埋蔵文化財センターに就職し、千歳の美々4遺跡を発掘したと振り返ります。



北海道環境生活部 縄文世界遺産推進室

  

Posted by 福津京子 at 15:35Comments(0)研究者