さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (37)
観光 (14)
医師 (13)
落語 (11)
札幌人図鑑 › 2019年09月09日

2019年09月09日

第1643回 北海道きょうだいの会 代表 白石未桂子さん

障がいを持つ子のきょうだいの気持ちを語り合っている。同じ立場の者同士が語らうことで、自分の気持ちを解放できた。しかし大人になった今でも「あなたは何がしたいの?」と問われるのが苦手。そういう選択肢はなく育ってきたからと語ります。今日のゲストは「北海道きょうだいの会」代表の白石未桂子さんです。3つ下の妹が先天性風疹症候群だった。発達が遅い妹を背負って自宅マンションの階段を上ったり、薬やオムツの世話などが当たり前の毎日。小学生の時、家族について作文に書く宿題があり、妹の障がいについて母に問うと、お腹にいる間に母親が風疹にかかったのが原因である事と、その時風疹にかかっていたのは自分である事を聞かされ、妹の面倒は自分が見て当然だと思った。ありのままで家族みんなに愛される妹。勉強を頑張って結果を出しても、特に褒めてもらえなかった自分。それはそのまま就活の時にも影響したと振り返ります。



北海道きょうだいの会

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)語らう人