さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (37)
観光 (15)
医師 (13)
落語 (11)
札幌人図鑑 › 2019年10月08日

2019年10月08日

第1656回 公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会 井崎光男さん

市内107の児童会館と93のミニ児童会館のうち、56の児童会館と46のミニ児童会館の管理運営全体を統括。放課後児童クラブ、子育てサロン、中高生のフリータイム、中学生を対象とした学びのサポート事業「まなべえ」などの事業を展開している。全国初の児童福祉施設として誕生した中島児童会館は、今年開館70周年を迎えたと語ります。今日のゲストは公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会の井崎光男さんです。高校時代に在籍していた野球部で、先輩からキャプテンを指名されたものの、後輩は違う人を希望していたことを知り、悩んで悩んで辞退してしまった。しかし困難やプレッシャーから逃げるより、チャレンジしてのたうち回った方が自分の経験値になるのにと、今でも考える時がある。戻れるならば、高校2年生をもう一度…と振り返ります。



公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会


  

Posted by 福津京子 at 14:10Comments(0)公共人材