さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。現在は月曜と火曜、週2回の放送で更新中(水・木・金はバックナンバーの再放送)。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (34)
福祉 (12)
NGO (1)
IT系 (41)
観光 (15)
医師 (14)
落語 (12)
出版 (10)
区長 (11)
札幌人図鑑 › 2020年08月

2020年08月31日

第1735回 僧侶で美術家 風間天心さん

日本では、古来から疫病が蔓延した際に、祈願として大仏が造立されてきた。だから今、みんなのエネルギーを前向きにする為のシンボルとして「コロナ大仏」を造立したい。そこで住む場所も表現もバラバラなアーティスト仲間でクラウドファンディングにチャレンジ。全国を行脚してみんなの声を聴いて回ったと語ります。今日のゲストは僧侶で美術家の風間天心さんです。武蔵野美術大学油絵コース大学院を修了。住職になる兄がいるので、自分は僧侶と美術家を分けずに活動している。托鉢をしながらカトリックの巡礼道を踏破するプロジェクト「The Distance」、禅宗の食事作法を扱ったイベント「日常茶飯事」など、宗教と芸術の相互作用を求めながら国内外で多様な活動を展開。転機となったのは2010年、大本山永平寺で修行をしたこと。様々な表現活動は、お寺の中で培われてきた事に気付いたと振り返ります。



大仏造立(ぞうりゅう)プロジェクト

  

Posted by 福津京子 at 14:50Comments(0)アート

2020年08月25日

第1734回 家族バンド「かねあいよよか」 / シンガーソングライター 相馬章文さん

ビッグアーティストとの共演やテレビCM、国内外のフェスへ参加など、どんどん活動の場を広げてきた。ところがこの春、公務員を辞めて音楽に集中するという大きな決断をした矢先、コロナの影響でイベントがすべてキャンセルに。途方に暮れたが自宅にスタジオがあるおかげで、時差も気にせず直接海外と仕事が出来るのは大きなメリットだと語ります。今日のゲストは、家族バンド「かねあいよよか」の、よよかちゃんのお父さんで シンガーソングライターの相馬章文さんです。4月からサツドラの公式ファミリーになった。実は「かねあいよよか」のファンは9割が海外の方なので、「超ファミリーチャンネル」を制作し、YouTubeで北海道の食べ物や観光の魅力を世界へ発信している。個人的には「作詞フェス」を過去5回開催。いま音楽はダウンロードして聞く時代になり、歌詞を見ない人が多くなり残念。そんな現状を打破しようと続けており、7月14日に「いとお歌詞集」リリース。いつか北海道を作詞の名産地にと力を込めます。



かねあいよよかチャンネル

超ファミリーチャンネル

  

Posted by 福津京子 at 12:44Comments(0)音楽人

2020年08月24日

第1733回 本田燃料電器 代表取締役社長  本田利博さん

冬は灯油、夏はLPガスボンベの販売をしている。本来は夏祭りやイベントで大忙しの時期だが、今年はコロナで軒並み中止に。学校祭で学生に正しい火の扱いを教え、笑顔で盛り上がる姿を毎年見てきたので残念。しかし今年はキッチンカーなどの需要が高まっている。LPガスボンベを取り扱う道内唯一の企業なので頑張っていきたいと語ります。今日のゲストは有限会社本田燃料電器代表取締役社長の本田利博さんです。今年で創業80年。自分は4代目になる。創業当時は家電も扱っていたらしく、社名が「電器」なのはその名残。豊水ススキノ地区の地元っ子として育ち、学生時代からずっとハンドボールをしている。北海学園大学で17年、現在は社会人のクラブチームで指導。仕事では暑い中、重い燃料を運んだりするが、基本精神は「スポ根」なので大丈夫!仕事は楽業だと笑います。



有限会社本田燃料電器

  

Posted by 福津京子 at 11:32Comments(0)経営者

2020年08月18日

第1732回 Livlig 代表 村岡芙実さん

障害を持つ子は出来ることと出来ないことが極端で、本来持つ可能性を摘み取られてしまうことが多い。学校教育を受けることで成長が遅くなると感じることも。そこで心理士、言語聴覚士、理学療法士、音楽療法士など、資格保持者との関りが大切になるのだが、せっかく資格を取得しても離職率の高い業界であることを知った。それならしっかりした報酬を確保し、努力する人はもっと活躍の場を増やせるような「資格を持つ人のプロダクション」を立ち上げようと思った。面倒な交渉は全部引き受けると語ります。今日のゲストは Livlig 代表の村岡芙実さんです。シングルマザーで息子を育てるために一生懸命働いてきた。子供が大きくなり余裕ができたころ将来の為に新しい仕事をと考えるようになり、友人の誘いで異業種交流会へ。そこで初めて「児童発達支援・放課後等デイサービス」が国から民間に委託され、いま人気の事業だと知った。その時ふと、3人の子育てをしながら介護の仕事に奮闘する、かつての同僚の顔が浮かんだと振り返ります。



Livlig Web

  

Posted by 福津京子 at 10:31Comments(0)福祉

2020年08月17日

第1731回 ピアニスト 外山啓介さん

2018年より札幌大谷大学でピアノを教えている。札幌は素晴らしいホールもオーケストラもあり、クラシックをやるのに恵まれた土地だと思う。コロナ禍でオンライン授業は増えたが、対面で出来ない分、授業計画を綿密に立て何事も前向きにと語ります。今日のゲストはピアニストの外山啓介さんです。札幌北陵高校卒業後、東京芸術大学に入学。
ずっと「自分はピアニストになる」と頑張ってきたのに高校時代の進路相談で先生から「失敗した時のことも考えて」と言われ子供心に傷ついた。しかし大人になると「頑張ってね」と言うほうが簡単だし無責任、自分を思っての言葉を貰ったと思えるように。高校時代は後の師匠となる先生のレッスンを受けるため、月に一度東京へ。ある時、このまま音楽の道へ進んで大丈夫かと不安になりピアノに触れる事も出来なくなった。悩みに悩み破門を覚悟で先生に気持ちを打ち明けると「長い人生、色んな時期があって当然。でもあなたがまた頑張ろうと思うなら私は協力しますよ」と言われ涙が出るほど嬉しかった。高校時代、二人の恩師に大切な言葉を貰ったと振り返ります。



外山啓介さん Web

  

Posted by 福津京子 at 11:25Comments(0)音楽人

2020年08月10日

お知らせ

いつも札幌人図鑑をご視聴頂きありがとうございます。さて8月3、4日のテレビ放送は、ジェイコム札幌のお盆休みに合わせてお休みでした。こちらのWeb版はジェイコムの1週間遅れでアーカイブさせて頂いておりますので、これに伴い10、11日の更新がお休みになります。17日から通常通り、毎週月曜と火曜に更新して参ります。どうぞよろしくお願いいたします。  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)

2020年08月04日

第1730回 業務用マンガ家 梅沢太一さん

マンガを描く事とお客さんの課題を解決する事は別だと思う。仕事における解りづらい所をマンガで解りやすく。自分の出来ることがひと目で伝わる「マンガ名刺」が好評だが、コロナ禍の今、ZOOM用の「マンガ背景」もお薦めだと笑います。今日のゲストはスタークリエイツ代表で、業務用マンガ家の梅沢太一さんです。北大卒業後コープ札幌へ就職。すごく不器用なので売り場担当を希望したが、なぜか魚担当に。それでもパートのおばさんに教わりながら毎日魚を捌き、だんだん上達していった。自分は料理人のように魚は捌けないけれど、刺身をきれいに盛りつけ売り場に並べているのだから素人ではない。すごく上手じゃないとお金がもらえないかと言うと、そうでもない事がわかった。その後本部へ移動し、社内IT化の為奔走。パソコンスキルが身につき、デジタルで絵を描くことにもチャレンジ。どんな経験も無駄にはならないと振り返ります。



スタークリエイツ

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)マンガ

2020年08月03日

第1729回 フリーアナウンサー / ミス・アース・ジャパン北海道事務局長 小原瑞穂さん

4年前に司会をしたことをきっかけにスピーチ講師や審査員を引き受け、今年は事務局長をしている。リハーサルでは緊張でガタガタしていたファイナリスト達が、本番ではガラッと変身、素晴らしいウォーキングやスピーチを披露する姿に心から感動した。そこでスポンサーを募り賛同者に協力を仰ぎ、ミスを目指す為のレッスン料、全国大会出場の旅費など、エントリーを含めたすべての参加費用を無料にした。これは全国的にも珍しいスタイル。彼女たちの勇姿を是非応援してと力を込めます。今日のゲストはフリーアナウンサーでミス・アース・ジャパン北海道事務局長の小原瑞穂さんです。子どもが大好きで保母さんとして働いていた。しかし27歳の時にふと、アナウンサーというもう一つの夢があったことを思い出します。



2020ミス・アース・ジャパン北海道

  

Posted by 福津京子 at 12:01Comments(0)メディア人イベント