さぽろぐ

日記・一般  |札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで公約だった1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日よりJCOM札幌にてめでたく番組化。第1001回のゲストは、秋元札幌市長をお迎えしました。現在は毎週月曜10時半から放送中(1週間に何度も再放送があります)。初回放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
札幌人図鑑が本になりました
カテゴリ
NPO (36)
福祉 (13)
NGO (1)
士業 (30)
IT系 (49)
観光 (16)
医師 (19)
落語 (12)
出版 (11)
区長 (11)
札幌人図鑑 › 2023年01月

2023年01月23日

第1890回 株式会社感動いちば 代表取締役社長 坂崎雄一郎さん

北海道の蟹・いくら・帆立などを豪華に詰め合わせた「年越し海鮮福袋」が大ヒット。ネット通販花盛りの時代に、あえて新聞の折り込みチラシで勝負し、功を奏した。きっかけは北海道物産展で買い物をしているお客様の多くが高齢者だと気付いた事。チラシを見て商品を選び、電話で注文というニーズはまだまだあると語ります。今日のゲストは株式会社感動いちば代表取締役社長の坂崎雄一郎さんです。東京出身。地元の進学校に入学し、高校受験は心配無いないと趣味と遊びに没頭。気づけば同級生が目指すような大学進学は難しく「人とは違う生き方を」と北海道大学へ。大学生活は楽しかったものの、想像していた開拓者精神は感じられない。愛着のある北海道が、自らを安売りしているように見える。だから自分は北海道の応援をするような仕事をしようと決めた。就活の時期、やはり「サラリーマンではない生き方を」と考えたが、サラリーマンを否定する為に、まずは一度やってみようと大手企業に就職。ところが父に報告すると心中を見抜かれ「何年で辞めるんだ?」と聞かれた。思わず「3年だ!」と言い返したと笑います。



株式会社感動いちば

  

Posted by 福津京子 at 11:36Comments(0)経営者

2023年01月16日

第1889回 山岳ガイド / 山岳スキーヤー 佐々木大輔さん

国際山岳ガイドとして、国内や海外のツアーを企画している。2023年のGWにはグリーンランドへ。海の凍ったイヌイットの村から犬橇で対岸へ渡り、山を登りスキーで降りてくる。シロクマ対策にライフルを持って行くような場所。世界中どこを見ても、そんな体験が出来るのはそこだけ。ツアーは自分が行ってみて楽しかったところに連れて行く感じだと笑います。今日のゲストは山岳ガイドで山岳スキーヤーの佐々木大輔さんです。札幌の中央区でありながらも、ヒグマが歩き回る自然色濃い盤渓の地で育った。小さい頃から自然が大好き。小学生の頃、植村直己の本を読み世界の冒険に憧れた。中学の頃、秀岳荘(アウトドアショップ)でネイチャーガイドのパンフレットを見つけ、沢登りに参加。それをきっかけに、大人に混じってアウトドア体験を重ねた。体にロープを付け、緊張のなか垂直に近い山を登った時の、喜びや達成感は忘れられないと振り返ります。



佐々木大輔さん Web

  

Posted by 福津京子 at 10:32Comments(0)スポーツ人冒険家

2023年01月09日

第1888回 北海道応援団会議 スマイルアンバサダー Reiko Tokushige Rogersさん

2017年に友好提携宣言をした北海道とハワイ州。5周年となる今年度は双方向での交流イベントに加え、2023年3月には他では経験できないスペシャルなツアーも計画しているので是非ご参加をと力を込めます。今日のゲストは北海道応援団会議 スマイルアンバサダーのReiko T Rogersさんです。ワイキキのホテル内にある「studio RIM」を経営。FMノースウェーブの人気番組「ISLAND BREEZE FROM HAWAII」を制作している。ラジオは人や情報が集まる場所。なので現在はイベント企画の仕事や、ハワイの高校生に北海道の魅力を伝える仕事、日本からの旅行者や留学生の為のサポートなども行っている。ハワイで仕事をするようになって22年。色んなことがあったけど、番組を休んだことは一度もないと振り返ります。



スタジオリム ハワイ

  

2023年01月02日

第1887回 元アイスホッケー女子日本代表キャプテン 大澤ちほさん

ソチ、平昌、北京と3大会連続「スマイルジャパン」のキャプテンとして代表チームを牽引。個性豊かな選手たちをまとめたり、コミュニケーションをとっていくのは得意だと思う。他人を知ることで自分を知ることが出来る。他人との違いを知って、自分にしかできない事、自分だからできる事に「変換」する事が大切。キャプテンマークの付いた3枚のユニフォームを持つのは、世界でも自分だけと胸を張ります。今日のゲストは元アイスホッケー女子日本代表キャプテンの大澤ちほさんです。2018年からスウェーデンリーグに参戦。そこは休みの日には家族そろってアイスホッケーの応援に行くのが当たり前のような、街中でホッケーを楽しむ文化があった。羨ましいと同時に懐かしい気持ち。自分が子供の頃、地元の苫小牧もそんな雰囲気だったから。昨年、現役を引退。今はアイスホッケーの普及活動「スマイルプロジェクト」に力を入れている。小学校のスケート授業などで見せると、目をキラキラさせて喜んでくれる。ホッケーが私に教えてくれたことを、みんなに伝えて行きたいと力を込めます。



株式会社MONSTARdesign

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)スポーツ人