さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。現在は札幌の魅力ある人材を動画で毎日配信するのがライフ&ライスワーク。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行っています。(第1211回以降の編集はオフィス・福津のスタッフが担当しています)2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にて番組化され、現在は月・火・水の放送です。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (18)
観光 (11)
札幌人図鑑 › 研究者 › 第224回 東海大学デザイン文化学科 渡辺保史さん

2012年12月10日

第224回 東海大学デザイン文化学科 渡辺保史さん

情報デザインと聞いてどんな事を想像しますか?本を校正するとか、ウエブを作るとか言う事ではありません。ここでは人間同士のコミュニケーションを、よりよくして行く為の活動の事を言います。今日のゲストは、東海大学デザイン文化学科客員教授の渡辺保史さん。「かんがえる」(プランニング)「かく」(取材・執筆)「おしえる」(講師・ファシリテーション)の3本柱で仕事をしています。 ライターをしながら企画の仕事もしていた93年頃、文化人類学者の竹村真一さん、働き方研究家の西村佳哲さんと3人で、南青山でオフィスを借り一緒に仕事を始めます。

1、情報デザイン

2、竹村さん・西村さんと3人で仕事場をシェア


3、2050年委員会




1965年生まれ、函館市出身。弘前大学人文学部卒業。情報通信専門紙の記者を経て、フリーランスのメディア・ジャーナリストとして活動。情報メディア技術と社会や個人の関係性についての取材記事・論考を各誌に寄稿する。Web上の実験サイト「センソリウム」(1996年~)を機に情報デザイン関連の企画や制作に携わり、コミュニティやメディアに関する実践型の研究プロジェクトに多数参画。著書に『情報デザイン入門』(平凡社新書)、『情報デザイン-わかりやすさの設計』(共著、グラフィック社)など。2008年から北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP)特任准教授として着任。CoSTEP客員准教授、大学院地球環境科学研究院GCOE上級コーディネーターをへて、2012年4月より新設の東海大学国際文化学部デザイン文化学科客員教授。このほか、地域での新しい学びの場づくりを目指す「札幌オオドオリ大学」や、地域における科学技術コミュニケーションを展開する「サイエンス・サポート函館」にも関わる。

情報デザイン入門

同じカテゴリー(研究者)の記事
 第1340回 株式会社エヌビィー健康研究所 高山喜好さん (2017-08-14 07:00)
 第1332回 北海道大学大学院理学研究院教授  圦本尚義さん (2017-07-25 07:00)
 第1318回 北海道大学大学院 メディア・コミュニケーション研究院 教授 北村倫夫さん (2017-06-21 09:22)
 第1290回 北海道大学CoSTEP特任助教 朴炫貞 さん (2017-04-18 09:26)
 第1190回 折り紙工学家 繁富(栗林)香織さん (2016-08-12 07:00)
 第1175回 北海道大学 URAステーション 江端 新吾さん (2016-07-22 07:00)

Posted by 福津京子 at 07:00│Comments(0)研究者
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
第224回 東海大学デザイン文化学科 渡辺保史さん
    コメント(0)