さぽろぐ

日記・一般  |札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで公約だった1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日よりJCOM札幌にてめでたく番組化。第1001回のゲストは、秋元札幌市長をお迎えしました。現在は毎週月曜10時半から放送中(1週間に何度も再放送があります)。初回放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
札幌人図鑑が本になりました
カテゴリ
NPO (35)
福祉 (13)
NGO (1)
士業 (30)
IT系 (48)
観光 (16)
医師 (18)
落語 (12)
出版 (11)
区長 (11)
札幌人図鑑 › 音楽人 › 第726回 箏曲山田流演奏家 日向豊都さん

2014年05月27日

第726回 箏曲山田流演奏家 日向豊都さん

祖母の影響で幼少期から稽古を続けた箏(こと)。猛勉強の末、山田流を学べる唯一の国立大学である東京芸術大学へ進学。寝る間も惜しんで切磋琢磨した4年間は宝物と語る。今日のゲストは箏曲山田流演奏家の日向豊都さんこと、日向倉庫株式会社の日向史子さんです。卒業後、札幌へ戻り演奏会の傍らバイトの毎日。しかし大学時代のようにもう一度、尊敬する恩師の元で学びたいと32歳で母校の大学院へ。プロとしての演奏をこなし、論文を書き、卒業の年に家業へ入る決断をする。祖父が創業した会社を父の代で無くしては淋しい。今後は日本の伝統音楽の素晴らしさを伝えながら、家業もしっかり支えたい。「私、3姉妹の長女だから」と笑います。

1、毎週デパートに行けて嬉しかった

2、32歳で大学院へ


3、敷居が高いと思われがちだけど


日向史子さんFacebook

第726回 箏曲山田流演奏家 日向豊都さん

箏曲山田流演奏家 日向豊都さんのプロフィール

箏(こと)の師範の資格をもち、札幌での演奏活動を続けている。札幌三曲協会に所属し、団体としての演奏活動をしながら、個人での演奏活動や中学校で義務付けられている和楽器授業を通して日本の伝統文化を札幌に拡げたいという想いで活動し、札幌の文化活動振興に貢献している。
同じカテゴリー(音楽人)の記事
 第1853回 ゴスペルディレクター / ゴスペルピアニスト 大山小夜子さん (2022-05-09 07:00)
 第1847回 シンガーソングライター 菊池悦雄さん (2022-03-28 07:00)
 第1807回 シンガーソングライター 舜将-SHUNSUKE-さん (2021-06-21 11:03)
 第1734回 家族バンド「かねあいよよか」 / シンガーソングライター 相馬章文さん (2020-08-25 12:44)
 第1731回 ピアニスト 外山啓介さん (2020-08-17 11:25)
 第1717回 声楽家 / 札幌大谷大学芸術学部音楽学科 准教授 針生美智子さん (2020-06-22 14:55)

Posted by 福津京子 at 09:00│Comments(0)音楽人
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
第726回 箏曲山田流演奏家 日向豊都さん
    コメント(0)