さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (37)
観光 (15)
医師 (13)
落語 (11)
札幌人図鑑 › 札幌国際芸術祭 › NPO › まちづくり › 第768回 NPO法人炭鉱の記憶推進事業団 吉岡宏高さん

2014年08月07日

第768回 NPO法人炭鉱の記憶推進事業団 吉岡宏高さん

北海道遺産に選定されている、空知産炭地域の炭鉱遺産。暗いイメージを払拭というのではなく、アートの力を借りて地域を再生しようと活動を続け、3.11をきっかけにNPOを立ち上げた。今日のゲストは札幌国際大学観光学部国際観光学科教授で、NPO法人炭鉱の記憶推進事業団理事長の吉岡宏高さんです。北海道で最初の近代炭鉱だった三笠の幌内炭坑出身。札幌オリンピックに沸きどんどん街並が近代化する札幌と対照的に、町全体がガラガラと音をたてて崩れて行く姿を目の当たりにしてきた。今こそ、不易流行を問い直す時期だと思う。だから今、町づくりをやっていると語ります。
*そらち炭鉱の記憶 アートプロジェクトは8/23〜10/13

1、アートの力で見方を変える

2、だからいま町づくりをやっている


3、不易流行を問い直す時期だと思う


NPO法人炭鉱の記憶推進事業団

第768回 NPO法人炭鉱の記憶推進事業団 吉岡宏高さん

吉岡さんの著書 明るい炭鉱

第768回 NPO法人炭鉱の記憶推進事業団 吉岡宏高さん
同じカテゴリー(札幌国際芸術祭)の記事
 第1178回 ウタウカンパニー株式会社 木野哲也さん (2016-07-27 10:22)
 第1172回 札幌国際芸術祭2017ゲストディレクター/音楽家 大友良英さん (2016-07-19 07:00)
 第1163回 PRプランナー 山岸奈津子さん (2016-07-06 07:00)
 第1136回 札幌国際芸術祭事務局長 熊谷淳さん (2016-05-30 07:00)
 第810回 美術家 今村育子さん (2014-09-18 19:21)
 第806回 美術家 Kit_Aさん (2014-09-14 09:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
第768回 NPO法人炭鉱の記憶推進事業団 吉岡宏高さん
    コメント(0)