さぽろぐ

日記・一般  |札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで公約だった1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日よりJCOM札幌にてめでたく番組化。第1001回のゲストは、秋元札幌市長をお迎えしました。現在は毎週月曜10時半から放送中(1週間に何度も再放送があります)。初回放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
札幌人図鑑が本になりました
カテゴリ
NPO (35)
福祉 (13)
NGO (1)
士業 (30)
IT系 (48)
観光 (16)
医師 (18)
落語 (12)
出版 (11)
区長 (11)
札幌人図鑑 › スポーツ人 › 第947回 デュアスロン・トライアスロン  沢田愛里さん

2015年02月02日

第947回 デュアスロン・トライアスロン  沢田愛里さん

中学の頃、親が離婚して母と札幌へ。東大卒の頭の良い父に、頑張る姿を見せたかった。勉強ではかなわない分、スポーツで頑張ろうとトライアスロンを始める。子どもだったので「全国大会に行けば父に会える」と思って頑張った。実際、大会の度に会場へ駆けつけ応援してくれる父が一番の励みだった。そんな父が昨年病に倒れる。その時「あなたの努力に感謝します」というメッセージをもらい、それまで「父に認められたい」という負のチカラを借りて頑張ってきたけれど、これからは自分の為にもっと競技を楽しもうという穏やかな気持ちになれたと振り返る。今日のゲストはデュアスロン・トライアスロン選手の沢田愛里さんです。家庭教師のアルバイトをしながら練習に打ち込む生活を10年続けた。ある時、通っていたプールの受付に「北海道で頑張るあなたを応援したい」というメモが。その時初めてプールでいつも「頑張って」と声をかけてくれた人がJR北海道の坂本会長だった事を知る。スポンサーを得てからは、成績を残す事が仕事の一つに。現在はティーバイティーガレージの社員アスリートとして頑張っている。アイススケートなど、冬の競技の選手と高い意識で練習できる事もいい刺激で、北海道ならではの環境だと思う。今後は自分の経験を講演などで沢山の方に伝える仕事もしたいと語ります。

1、プールで声をかけられた

2、全国大会に行けば父に会える


3、10年経ってたどり着いた


ティーバイティーガレージ

第947回 デュアスロン・トライアスロン  沢田愛里さん
同じカテゴリー(スポーツ人)の記事
 第1855回 スノーボーダー / アーティスト 開成中学校2年生 栗林輝さん (2022-05-23 12:01)
 第1842回 パフォーマンスコーチ 今野雄斗さん (2022-02-21 12:05)
 第1787回 北海道馬術連盟理事長 松下敏昭さん (2021-03-08 18:07)
 第1751回 サフィルヴァ北海道 監督 上杉徹さん (2020-10-26 10:52)
 第1672回 道庁職員でオリンピックを目指す車いすアスリート 戸田雄也さん (2019-12-03 10:17)
 第1516回 プロスキーヤー 井山敬介さん (2018-10-31 07:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
第947回 デュアスロン・トライアスロン  沢田愛里さん
    コメント(0)