さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (37)
観光 (14)
医師 (13)
落語 (11)
札幌人図鑑 › 音楽人 › 第971回 ジャズピアニスト 福居良さん

2015年02月26日

第971回 ジャズピアニスト 福居良さん

「プラクティス!プラクティス!」。18歳でアコーディオン、22歳でピアノを独学。今もリスペクトするバリー・ハリスとの出会いでバークリーと違う理論を学び、ビ・バップを毎日練習した。今日のゲストはJazz Live Slow Boat オーナー、ジャズピアニストの福居良さんです。全盲でありながら民謡と津軽三味線の名人だった父は旅一座として各地を回っていた。父を手伝い18歳でアコーディオンを始めると、ステージミュージシャンではなく音楽家を目指せと背中を押され勉強のため上京。ある時父が「将来はアレンジも出来るように」とピアノの購入を勧める。せっかくアコーディオンを習得したのにと気が乗らなかったが、父が頭金を出すとまで言うので購入する事に。ところが翌年あたりからアコーディオンの仕事が減り始め、ピアノがメインになった。あの時、父の一言がなかったらと振り返ります。

1、旅一座の両親について 3歳で初舞台

2、22歳でピアノを独学


3、リスペクト!バリー・ハリス


Jazz Live Slow Boat

第971回 ジャズピアニスト 福居良さん

1948年平取町生まれ。18歳でアコーディオン、22歳でピアノを始める。76年にファーストアルバム『Scenery』を発表して以来、これまでに4 枚のアルバムをリリース。
美しい旋律のオリジナル曲と、力強くスウィング感あふれるビ・バップスタイルの演奏で多くのファンを魅了している。現在は札幌のライブハウス「スローボー ト」を拠点に全国で活動中。2012年にはジャズピアニストとして初めて札幌文化奨励賞を受賞した。
同じカテゴリー(音楽人)の記事
 第1633回 ピアニスト 関治子さん (2019-08-14 09:26)
 第1632回 バイオリニスト 板倉竹香さん (2019-08-13 07:00)
 第1623回 アイリッシュバンド Notes of North (2019-07-23 09:03)
 第1602回 ボヘミアン型シンガーソングライター  なかにしりくさん (2019-06-04 12:00)
 第1596回 「虹と雪のバラードアレンジコンテスト」で最優秀賞 ぱれっと✖️岩佐亜由美 (2019-05-21 09:02)
 第1528回 ザ・ビートルズ専門ライブハウス「バットルズ」  Qちゃん(小川悟さん) (2018-11-28 08:41)

Posted by 福津京子 at 10:39│Comments(0)音楽人
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
第971回 ジャズピアニスト 福居良さん
    コメント(0)