さぽろぐ

日記・一般  |札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで公約だった1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日よりJCOM札幌にてめでたく番組化。第1001回のゲストは、秋元札幌市長をお迎えしました。現在は毎週月曜10時半から放送中(1週間に何度も再放送があります)。初回放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
札幌人図鑑が本になりました
カテゴリ
NPO (35)
福祉 (13)
NGO (1)
士業 (30)
IT系 (48)
観光 (16)
医師 (18)
落語 (12)
出版 (11)
区長 (11)
札幌人図鑑 › 音楽人 › 第1073回 ボーカリスト 小松和子さん

2016年03月02日

第1073回 ボーカリスト 小松和子さん

すすきの応援ソング「すすきので会いたい」をリリース。CDが出ると新聞・テレビ・ラジオで取り上げられ、地元・士別より士別志民栄誉賞を受賞。これをきっかけに士別市の応援ソング「晴れ時々ひつじ雲」をリリース。士別といえばサフォーク肉ということで、サフォークの「サホッチ」ファミリーが出てくる可愛い士別のテーマソングが出来たと笑う。今日のゲストはボーカリスト・JILLこと小松和子さんです。子供の頃から歌が大好き。中学ではバンドを組んで歌っていたが、ある時友人一家がすすきののライブハウス、ケントスに連れて行ってくれた。歌がうまくてステージも素晴らしく感動。「私もあそこに立つ!」と決意して、中学生なのにオールディーズを聞きまくった。時は流れ士別から札幌の女子短大へ進学。卒業後、一度違う仕事に就くが歌への思いが諦めきれずケントスのオーディションを受け見事合格!しかしすすきので夜歌う仕事をすることを、とても親には言い出せなかったと振り返ります。



JILLさんこと小松和子さんが拠点にしているお店 BEATGARAGE

第1073回 ボーカリスト 小松和子さん

同じカテゴリー(音楽人)の記事
 第1853回 ゴスペルディレクター / ゴスペルピアニスト 大山小夜子さん (2022-05-09 07:00)
 第1847回 シンガーソングライター 菊池悦雄さん (2022-03-28 07:00)
 第1807回 シンガーソングライター 舜将-SHUNSUKE-さん (2021-06-21 11:03)
 第1734回 家族バンド「かねあいよよか」 / シンガーソングライター 相馬章文さん (2020-08-25 12:44)
 第1731回 ピアニスト 外山啓介さん (2020-08-17 11:25)
 第1717回 声楽家 / 札幌大谷大学芸術学部音楽学科 准教授 針生美智子さん (2020-06-22 14:55)

Posted by 福津京子 at 07:00│Comments(0)音楽人
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
第1073回 ボーカリスト 小松和子さん
    コメント(0)