さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (20)
観光 (11)
医師 (10)
札幌人図鑑 › 札幌演劇シーズン2016夏 › 演劇人 › 第1168回 劇団アトリエ代表 小佐部明広さん

2016年07月13日

第1168回 劇団アトリエ代表 小佐部明広さん

「札幌演劇シーズン2016夏」特集、3日目の今日のゲストは劇団アトリエ代表の小佐部明広さんです。兄は高校演劇、妹もこども劇団に所属。その姿が楽しそうで、自分も高校生になったら演劇部に入ろうと思っていた。ところが進学した高校の演劇部は部員ゼロ。1人部活で1年後、2年になった時にやっと1人後輩が入部。部員が2名になったので秋の高文連に出品してみようと初めて脚本を書いた。するとこの年は脚本の奨励賞と優秀賞を、翌年は最優秀賞を受賞。手応えを感じ夢中になり、受験目前の12月まで芝居を作っていたと笑います。
今回の芝居「学生ダイアリー」は、とある大学サークルの休憩室が舞台。登場人物があちこち同時進行でおしゃべりをしており、少しずつそれぞれの抱えている問題が垣間見えてくる芝居。2012年に書いた作品の再演だが、当時は民主党政権で総理大臣が毎年変わり、何をやってもうまくいかない雰囲気が漂っていた。今回は当時の3年後の設定だ。大学時代に書いた大学生の話。リアルな作品を目指していると語ります。



札幌演劇シーズン2016夏

劇団アトリエ 「学生ダイアリー」 7/30〜8/6





同じカテゴリー(札幌演劇シーズン2016夏)の記事
 第1170回 俳優/アーティスト 柴田智之さん (2016-07-15 07:00)
 第1169回 吟ムツの会’16 高野吟子さんとナガムツさん (2016-07-14 07:00)
 第1167回 yhs プレイヤー 曽我夕子さん (2016-07-12 07:00)
 第1166回 「OKHOTSKー終わりの楽園ー」CAST あしり座・安田晃子さん (2016-07-11 07:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
第1168回 劇団アトリエ代表 小佐部明広さん
    コメント(0)