さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。現在は札幌の魅力ある人材を動画で毎日配信するのがライフ&ライスワーク。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行っています。(第1211回以降の編集はオフィス・福津のスタッフが担当しています)2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にて番組化され、現在は月・火・水の放送です。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (18)
観光 (11)
札幌人図鑑 › 札幌演劇シーズン2016夏 › 演劇人 › 第1169回 吟ムツの会’16 高野吟子さんとナガムツさん

2016年07月14日

第1169回 吟ムツの会’16 高野吟子さんとナガムツさん

「札幌演劇シーズン2016夏」特集、4日目の今日は「吟ムツの会’16」の高野吟子さんとナガムツさんです。赤面症の内気な少女だったのに、高校の新入生歓迎会で「夕鶴」を見て「これをやりたい!」と思い演劇部に飛び込んだという高野さん。武蔵女子短大時代は落研で邪道な落語ばかりやっていたが、卒業後は小劇場ブームに乗り教育文化会館の演劇セミナーを受講、ものすごく楽しかったと笑うナガムツさん。この面白コンビの出会いは劇団「芝居のべんと箱」。大きな影響を受けた主宰の舛井さんは昨年他界。だから今回は「舛井さんお盆ですよ」公演だと語る。
「八百屋のお告げ」は、熟年離婚した一人暮らしの女性が主人公。あなたは今夜死んじゃいますよとお告げされ、そんなこと信じられないと言いながら、最後の1日をどう生きようかと色んな人をドタバタ巻き込んでいくお話。…もし自分だったらどうするか?「愛する誰かにギュッとしてもらいたい」と高野さん。「酒を飲んでカラオケの最中にプツッと事切れたい」ナガムツさん。さて、あなたならどうする?



札幌演劇シーズン2016夏

吟ムツの会’16 舛井さんお盆ですよ!公演「八百屋のお告げ」 8/6〜13



同じカテゴリー(札幌演劇シーズン2016夏)の記事
 第1170回 俳優/アーティスト 柴田智之さん (2016-07-15 07:00)
 第1168回 劇団アトリエ代表 小佐部明広さん (2016-07-13 11:32)
 第1167回 yhs プレイヤー 曽我夕子さん (2016-07-12 07:00)
 第1166回 「OKHOTSKー終わりの楽園ー」CAST あしり座・安田晃子さん (2016-07-11 07:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
第1169回 吟ムツの会’16 高野吟子さんとナガムツさん
    コメント(0)