さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (27)
観光 (13)
医師 (12)
落語 (10)
札幌人図鑑

2018年11月12日

第1520回 人形劇俳優 平常さん

ひとつの舞台で30役から多い時には120役を一人で演じ分けている。パレスチナでは外務省の依頼で、日本人初の公式縦断公演をするなど全国世界各地で公演。来春札幌で「はなれ瞽女おりん」を演るので是非見に来てと力を込めます。今日のゲストは人形劇俳優の平常(たいら・じょう)さんです。父は津軽三味線奏者、母は琵琶法師。劇場のような美術館のような家庭で育ち、自分でも人形劇をやるために生まれてきたように思う。19歳で上京。人形を作りながら、ダンス・演劇・文楽など沢山の事を学び、生活の為にバイトの日々。辛くて嫌になり母に電話をすると「嫌いになってからが本物よ!」と逆に喜ばれてしまい、やる気が出たと振り返ります。



平常さん オフィシャルWeb

はなれ瞽女おりん 札幌公演



  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)芸術・文化

2018年11月07日

第1519回 靴磨き職人 岡本英弥さん

イタリアの諺で「綺麗な靴はいいところに連れて行ってくれる」というのがある。得意なのは自分の顔が映るほど光る「鏡面磨き」。靴磨きの文化を広めながら大好きな接客も楽しみたいので、新しいスタイルの店舗を企画中だと語ります。今日のゲストは靴磨き職人の岡本英弥さんです。礼文島出身。デザインを学ぶため札幌の専門学校へ。卒業制作のテーマは「自分の好きなこと」だったので、生地を取り寄せジーンズを手作り。そのジーンズに合うブーツも手に入れ、お手入れの仕方をネットで検索。「鏡面磨き」をみつけ、ここまでやってみたいと試行錯誤し腕を磨いた。自分が楽しいだけだったのに、ある時上司の靴も磨いてあげると、仕上がりにとても喜び千円くれて驚いた。いつかこれを仕事にしたいと考えるようになったと振り返ります。



岡本英弥さん Facebook

  

Posted by 福津京子 at 10:58Comments(0)専門職

2018年11月06日

第1518回 ワミレスサロン AiLi オーナー 中島みゆきさん

老化角質のお手入れは月に一回。いらないものを取り去って、栄養を入れていくシンプルなお手入れ。その後はワンランク上のメイクを施し、お茶を飲みながら楽しくおしゃべり。アットホームな雰囲気が自慢だと語ります。今日のゲストはワミレスサロン AiLi オーナーの中島みゆきさんです。ずっと事務職で働きながら、いつか手に職をと考えていた。地域の方がワイワイ集まる喫茶店のオーナーもいいな。そんななか、親戚の女性からワミレスを紹介された。大人のニキビに悩んでいた肌がみるみる綺麗に。勉強して資格を取ればサロンが開ける。女性が楽しく集える場所は、憧れていた喫茶店のイメージにも重なったと振り返ります。



中島みゆきさん Facebook


  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)美容

2018年11月05日

第1517回 株式会社 空と大地 代表取締役 三瓶匡祥さん

しっかり堅焼き、ゆめぴりか。ざくざくあらごし、おぼろづき。うすくてクリスピー、ふっくりんこ。お煎餅にすることで、北海道米の美味しさを世界に向けて発信したい。食感の違いを楽しんでほしいと語ります。今日のゲストは株式会社 空と大地 代表取締役の三瓶匡祥さんです。10代の頃から飲食店をやりたくて頑張ってお金を貯めていた。ところが飲食は知れば知るほど難しく、店を出すのに15年かかった。初めて開いた店は、お煎餅とお酒の飲める店。道内にお煎餅の生地屋は無く、山形や新潟に通い苦労はしたがやっと生産にこぎつけた。母の実家は市内で営む手焼き煎餅の店。だから自分は母の背におぶわれて、煎餅を焼くのを見て育ったと振り返ります。



株式会社 空と大地

  

Posted by 福津京子 at 09:18Comments(0)経営者飲食店

2018年10月31日

第1516回 プロスキーヤー 井山敬介さん

雪育で、ネガティブにとらえがちな北海道の雪がいかに素晴らしいかを広めたい。テレビのお天気お姉さんが「明日は良い雪が降りますね。スキーが楽しいと思います。最高の週末を!」なんて言うようになるのが目標だと笑います。今日のゲストはプロスキーヤーの井山敬介さんです。ジュニアの頃からメーカーのスポンサーが付き、高校時代はスロベニアにスキー留学をしていた。ところが二十歳の時、肺の難病を患い二ヶ月入院。治療で回復しアルペンに復帰したものの、呼吸が辛く一線から退いてしまう。大学卒業の頃は就活の氷河期。ジュニアの頃からお世話になり、あてにしていたメーカーへの就職が叶わなく途方にくれた時もあったが、現在は夏は造園・冬はスキーインストラクターとして頑張っている。インストラクターの大会では3度の全国優勝を果たしたと語ります。



盤渓スキー学校

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)スポーツ人

2018年10月30日

第1515回 放送タレント・俳優 箕輪直人さん

自らが表に出る仕事はもちろん、イベント企画やプロデュース、タレント派遣などなど。これまでの人脈やスキルを活かした仕事をしようと、6月に兄と二人で会社を立ち上げた。肩書きは株式会社 箕輪兄弟社 代表取締役弟。当然兄は、代表取締役兄だと笑います。今日のゲストは放送タレント・俳優の箕輪直人さんです。数学の先生になろうと大学で教員免許を取得したが、たまたま見たお芝居に衝撃を受け劇団員に。いろんな劇団で客演で立っているとメディアの方から声がかかり、大学卒業と共にそのままテレビやラジオの仕事をするようになった。結婚して子供もいるので、これからは仕事を益々頑張っていきたい。そうそう、最近は6歳の娘もモデルデビューを果たしたと語ります。



株式会社 箕輪兄弟社



  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)メディア人

2018年10月29日

第1514回 株式会社インプロバイド代表取締役 小林元さん

真っ白な瓶に詰められた美瑛のジャムを、そのシルエットがうっすら浮かぶ真っ白な箱に収める。このパッケージデザインで、世界3大広告賞の「ONE SHOW」でブロンズを受賞。北海道の食や地域・教育の分野に注目しながらアイデアとクリエイションを提供したいと語ります。今日のゲストは株式会社インプロバイド代表取締役の小林元さんです。大学時代はサークルで数百人規模のイベントを企画。その延長でフリーペーパーを作ろうと盛り上がり、広告を取るため企業に営業へ。初めて自分の企画が通り、広告を作り、お金をいただいた事が嬉しかった。振り返ればそこが原点のように思う。大好きなこの街で、好きな仕事をしていきたいと語ります。



株式会社インプロバイド