さぽろぐ

日記・一般  |札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで公約だった1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日よりJCOM札幌にてめでたく番組化。第1001回のゲストは、秋元札幌市長をお迎えしました。現在は毎週月曜10時半から放送中(1週間に何度も再放送があります)。初回放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
札幌人図鑑が本になりました
カテゴリ
NPO (35)
福祉 (13)
NGO (1)
士業 (30)
IT系 (48)
観光 (16)
医師 (17)
落語 (12)
出版 (11)
区長 (11)
札幌人図鑑

2022年05月23日

第1855回 スノーボーダー / アーティスト 開成中学校2年生 栗林輝さん

2022年度FJTフリーライド・ジュニアツアー、スノーボード14歳以下男子で日本1に。まだ誰も滑っていないバックカントリーを滑り、雪面に残るラインの美しさ、ジャンプの技術などを競う。5メートルの崖を飛び降りる時も、怖いより楽しい。また小4から学んだプログラミングの知識を活かし、NFTでスノーボードのデザインを作成。Cryboardコレクションとして販売していると語ります。今日のゲストはスノーボーダーでアーティストの開成中学校2年生、栗林輝さんです。3歳の頃からスキーを始め、母の影響で小4からスノーボードに転向。フリーライドは雪面でのコース取りから自分で決めて滑るので、芸術性の高い競技だと思う。デザインして、どう見せるか。そういう点はNFTも一緒。自分のデザインを通してフリーライドの魅力を広めたいと力を込めます。



栗林輝さん Wikipedia

Cryboardコレクション

  

Posted by 福津京子 at 12:01Comments(0)スポーツ人中学生IT系

2022年05月16日

第1854回 お魚ぱふぇの生みの親 山口聖也さん

透明なカップに酢飯を入れ、新鮮な魚をカラフルにトッピング。インスタにアップすると「パフェみたいに可愛い」「映える」と評判になり、メディアからの取材が殺到、行列が出来て驚いた。きっかけはコロナでお店の営業ができなくても魚の流通を止めないためだったが、思いがけない展開が待っていたと振り返ります。今日のゲストはお魚ぱふぇの生みの親、山口聖也さんです。地元東区に拘って飲食店を数店営業。今後の出店予定もすべて東区。円状に様々な飲食店を作っているのは、どこへ遊びに行くにも、どこから帰って来るにも、どこかしら立ち寄れるようにしたいから。そのためにいつか、宿泊施設も手掛けたいと力を込めます。



お魚パフェ Web


  

Posted by 福津京子 at 11:40Comments(0)飲食店

2022年05月09日

第1853回 ゴスペルディレクター / ゴスペルピアニスト 大山小夜子さん

ゴスペルは、困難な時や痛みを感じる時に希望を与える。そして躍動感や楽しさ、元気を貰える。これほど自分に合う音楽はないと気付いてからは、ライフワークになったと語ります。今日のゲストはゴスペルディレクターでゴスペルピアニストの大山小夜子さんです。高校時代、喉に障害があり歌えない事から音大進学を諦めた。同級生は次々進路が決まるなか、自分の進む道が定まらず悩み、何かを見つけたくて1年間アメリカへ交換留学。ホストファミリーは白人の牧師家庭で、毎週教会へ行き、音楽漬けの日々を送った。自分にとって必要な音楽を発見する時間だったと振り返ります。



大山小夜子さん Web

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)音楽人

2022年05月02日

第1852回 整理収納アドバイザー / 住宅収納スペシャリスト 米村大子さん

住宅収納スペシャリスト認定講師として、リフォームや間取り、動線などに関するセミナーをしたり、コラムを書いたりしている。お金をかけずに工夫して楽しく、継続しやすい提案が得意。住まいはライフサイクルを長くみて、イメージすることが大切だと語ります。今日のゲストは整理収納アドバイザーで住宅収納スペシャリストの米村大子さんです。シングルマザーとして、仕事・子育てと時間がない中、子どもたちとの生活を楽しみたい一心で一生懸命働くも、子どもとの時間が取れないことに悩みモヤモヤ。ある時「掃除も片付けも好きなんだから向いている」とパート仲間に教えてもらったのが今の仕事。自分が求めていた家族の時間や心のゆとりが持てるようになったと振り返ります。



おうちスタイル札幌



  

Posted by 福津京子 at 11:52Comments(0)専門職

2022年04月26日

第1851回 株式会社ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ 取締役常務執行役員 原一史さん

北海道産木材を使った建物であること、北海道産木材を使った家具を使うこと、北海道で生産される食材を使うこと。「北海道を体感する」を提供するために、「サステナブル(=持続可能性)」を念頭に、究極の地産地消を目指した。テレビは置かず、客室にはレコードプレーヤーとオリジナルウッドスピーカーを設置。ぜひ「他とは違う」ホテルステイを楽しんで欲しいと力を込めます。今日のゲストは株式会社ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ取締役常務執行役員の原一史さんです。中2の頃、自宅の建て替えがあった。自分の好きなように描いた間取りがどんどん出来ていくのを見て、将来は設計者になりたいと思った。ところが絵が下手だったり部活に夢中だったりで、設計者や建築家になる道は諦めた。それでも「この建物は自分で作った」と言える仕事を探したところ「デベロッパー」という仕事をあることに気付いたと振り返ります。



ザ ロイヤルパーク キャンバス 札幌大通公園

  

Posted by 福津京子 at 12:17Comments(0)経営者専門職

2022年04月18日

第1850回 元札幌ドーム社長 瀬戸武さん

帯広柏陽高校卒業後、国鉄に入った。90年にはJR北海道取締役釧路支社長に就任。その後、札幌ステーションデパート(現在のアピア)の社長に就任。札幌駅の高架化に伴う立ち退き問題などに奔走した。2006年、その実績から札幌ドーム社長に就任。新聞に「民間から初」と紹介されると当時のJRの社長が、「ずっと”国鉄さん”と言われてきたのに”民間”と言ってもらえた」と、とても喜んでくれた。大丸の前に、札幌ドームをイメージしたスモールドームを作ったのはちょっとした遊び心。その後まさか自分がドームの社長になるとは思わなかったけれど、社長就任の際「僕はすでに札幌駅前にドームを一つ作ってきました」とご挨拶。これがウケたと振り返ります。今日のゲストは元札幌ドーム社長の瀬戸武さんです。



*お問い合わせは福津まで

  

Posted by 福津京子 at 16:22Comments(0)経営者

2022年04月15日

第1849回 株式会社リビングプラットフォーム 創業者/代表取締役 金子洋文さん

介護、保育、障がい者支援の3つの事業で、2019年3月、東京証券取引所マザーズに上場。”warm heart cool head”の精神で、世界に誇れる持続可能な社会保障の姿を日本から世界に提示したいと力を込めます。今日のゲストは株式会社リビングプラットフォーム、創業者で代表取締役の金子洋文さんです。この市場は膨大で成長しているにもかかわらず、まだまだ改善の余地がある。大学の卒業論文執筆過程でその事に気付き、日本財政の危機を実感した。挑戦する以上はきちんと分析し一発必中を狙いたい。そう決めてからは必死で医療や介護の運営を学び、M&Aを17回繰り返しながら資金調達の技術も学び、32歳で起業したと振り返ります。



株式会社リビングプラットフォーム


  

Posted by 福津京子 at 09:12Comments(0)経営者介護・福祉