さぽろぐ

日記・一般  |札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで公約だった1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日よりJCOM札幌にてめでたく番組化。第1001回のゲストは、秋元札幌市長をお迎えしました。現在は毎週月曜10時半から放送中(1週間に何度も再放送があります)。初回放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
札幌人図鑑が本になりました
カテゴリ
NPO (38)
福祉 (13)
NGO (1)
士業 (32)
IT系 (53)
観光 (19)
医師 (21)
落語 (12)
出版 (11)
区長 (11)
札幌人図鑑 › 教育者 › 子育て › まちづくり › 第1900回 カミニシヴィレッジ ディレクター 大谷壮史さん

2023年04月10日

第1900回 カミニシヴィレッジ ディレクター 大谷壮史さん

「Live Together,Love Together」がコンセプト。小学校の廃校で閉ざされかけた教育の場が、認定こども園の移設というかたちで新たな一歩を踏み出した。美味しい珈琲や丁寧に手作りされた「おにぎり」を食べながらラウンジで寛ぐ。併設のランドリーを使って家事の手間を少しだけ減らし、そのぶん子どもと向き合う時間を増やす。廃校となった小学校が地域の優しい居場所として生まれ変わったこのような例は、全国的にも類を見ない。今日のゲストはカミニシヴィレッジ・ディレクターの大谷壮史さんです。家業であった幼児教育だが、高校時代まで関心は無かった。しかし大学時代にあるきっかけで興味を持つようになり、大学を入り直して資格を取得。卒業後は神奈川県の幼稚園に勤務。幼児教育の素晴らしさや大切さを感じる一方、園での時間だけでは足りない、家庭も地域もみんな一緒にと考えるようになった。実はここ、自分が小3の時に母校が分裂して出来た小学校。当時はマンモス校だったと振り返ります。

*札幌人図鑑はお陰様で1900回を迎えました。これからも素敵な札幌人をご紹介して参ります。ありがとうございました!MC福津*

カミニシヴィレッジ

第1900回 カミニシヴィレッジ ディレクター 大谷壮史さん

同じカテゴリー(教育者)の記事
 第1884回 札幌新陽高校 校長 赤司展子さん (2022-12-12 07:00)
 第1857回 札幌山の手高校ラグビー部 総監督 佐藤幹夫さん (2022-06-06 07:00)
 第1830回 上川大雪酒造株式会社 代表取締役社長 塚原敏夫さん (2021-11-29 15:50)
 第1825回 縫製デザインスタジオ studio coudre 城下淑恵さん (2021-10-25 18:16)
 第1782回 札幌新陽高等学校教諭 高橋励起さん (2021-02-16 09:16)
 第1767回 ソーシャルアントレプレナー 太田稔さん (2020-12-21 07:00)

Posted by 福津京子 at 06:15│Comments(0)教育者子育てまちづくり
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
第1900回 カミニシヴィレッジ ディレクター 大谷壮史さん
    コメント(0)