さぽろぐ

日記・一般  |札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで公約だった1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日よりJCOM札幌にてめでたく番組化。第1001回のゲストは、秋元札幌市長をお迎えしました。現在は毎週月曜10時半から放送中(1週間に何度も再放送があります)。初回放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
札幌人図鑑が本になりました
カテゴリ
NPO (38)
福祉 (13)
NGO (1)
士業 (32)
IT系 (53)
観光 (19)
医師 (21)
落語 (12)
出版 (11)
区長 (11)
札幌人図鑑 › 子育て › ものづくり › アート › 第1932回 ビー玉と木のおもちゃ アトリエマーブル / おもちゃ作家 金子周平さん

2023年11月20日

第1932回 ビー玉と木のおもちゃ アトリエマーブル / おもちゃ作家 金子周平さん

手稲区の一軒家をまるごとアトリエに改装。一歩足を踏み入れると、そこは美しくユニークなマーブルマシンがいっぱい。奥の壁一面には「ハザイジン」と「ドングリジン」の壮大な街が広がり、大人も子どもも夢中になる。ビー玉が誘うファンタジーな世界に触れて、楽しんで欲しいと語ります。今日のゲストはビー玉と木のおもちゃ「アトリエマーブル」おもちゃ作家の金子周平さんです。保育士になりたての頃、5歳の男の子に「おもちゃを作って」と空き箱を渡された。木の迷路を作ってあげると大喜び。しかし人気ですぐに壊れてしまう。この事をきっかけに仕事をしながらおもちゃ作りを始め、26歳の時「ビー玉のおもちゃ作家になろう」と決めた。そこで木を扱う基本の技術を学ぶため、旭川の技術専門へ通ったと振り返ります。



ビー玉と木のおもちゃ「アトリエマーブル」

第1932回 ビー玉と木のおもちゃ アトリエマーブル / おもちゃ作家 金子周平さん

同じカテゴリー(子育て)の記事
 第1912回 特定非営利活動法人 ソルウェイズ 共同代表理事 運上昌洋さん (2023-07-03 17:01)
 第1900回 カミニシヴィレッジ ディレクター 大谷壮史さん (2023-04-10 06:15)
 第1880回 BIRUMA株式会社 代表取締役 小向叶ノ音さん (2022-11-14 07:00)
 第1833回 マタニティサポート 島津裕太さん (2021-12-20 13:38)
 第1820回 ベビーシッターサービス まかな代表 森清希里さん (2021-09-20 07:00)
 第1805回 合同会社S cloud innovatioN代表 堤 汐莉さん (2021-06-08 11:49)

Posted by 福津京子 at 10:32│Comments(0)子育てものづくりアート
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
第1932回 ビー玉と木のおもちゃ アトリエマーブル / おもちゃ作家 金子周平さん
    コメント(0)