さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。現在は月曜と火曜、週2回の放送で更新中(水・木・金はバックナンバーの再放送)。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (34)
福祉 (12)
NGO (1)
IT系 (41)
観光 (15)
医師 (14)
落語 (12)
出版 (10)
区長 (11)
札幌人図鑑 › 大学生 › アート › 第1226回 ダンボールアーティスト 吉田傑さん 

2016年11月14日

第1226回 ダンボールアーティスト 吉田傑さん 

博物館の展示物には「お手を触れないでください」の文字が。保存のためには仕方がないけど、触ることで作品ともっとコミュニケーションができるんじゃないか。材料をダンボールにしてはどうだろう。大きい作品を作るにも安価で加工しやすい。最初のモチーフに選んだのは一休さんで出てくる「屏風の虎」。屏風から等身大の虎の半身が飛び出してくるという作品。作ろうと思うきっかけになった「触れないものにどうやって触るか」というテーマとも重なった語ります。今日のゲストは札幌市立大学デザイン学部4年生のダンボールアーティスト、吉田傑さんです。絵を描くことが好きだったが、大学では民俗学や考古学を学び、卒業後は自衛隊へ。親も自衛隊だったので就職のイメージがしやすかった。自衛隊でも趣味でイラストを描く。しかし3年目に、もっと絵が描きたい、グラフィックや本の装丁がしたいという想いが強くなり、貯金もできたので社会人入試にトライ。26歳で市立大へ入学し、周囲を驚かせたと振り返ります。



札幌市立大学デザイン学部

第1226回 ダンボールアーティスト 吉田傑さん 


同じカテゴリー(大学生)の記事
 第1737回 北海道大学3年生 / JagaJaga編集長 なかいりょうさん (2020-09-07 11:18)
 第1641回 信号機マニア 岩原拳士朗さん (2019-09-03 09:53)
 第1630回 北海道大学新聞 編集部 櫻井貴文さん (2019-08-07 09:03)
 第1587回 高校教師 → 大学院生 田渕久倫さん (2019-04-30 07:00)
 第1377回 カタリバ 古賀詠風さん (2017-11-07 07:00)
 第1237回 鳥人間 小水弘大さん (2016-12-07 07:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
第1226回 ダンボールアーティスト 吉田傑さん 
    コメント(0)