さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。現在は札幌の魅力ある人材を動画で毎日配信するのがライフ&ライスワーク。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行っています。(第1211回以降の編集は水上志乃さんが担当しています)2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にて番組化され、現在は月・火・水の放送です。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (17)
観光 (11)
札幌人図鑑 › サムライ業

2017年02月20日

第1265回 滝本食品株式会社常務取締役 中居香織さん

札幌市役所の地下食堂を経営。安くてボリュームがあり体にもお財布にも優しいランチを提供している。道産食材を使ったメニューを考え、マルシェを開催するなどして近郊の農家を応援している。実は料理研究家になりたくて、学生時代からメニューを考えては料理コンテストに出しまくっていたと笑います。今日のゲストは滝本食品株式会社常務取締役で管理栄養士の中居香織さんです。会社は創業67年。市役所で食堂を始めたのは昭和27年から。製麺業だった祖父母は戦後、リヤカーを引いて蕎麦やうどんを売っていた。その麺を市役所に納めるようになった頃、市役所で食堂をやらないかと当時の市長から誘われて始めたのがきっかけと振り返ります。



滝本食品株式会社

札幌市役所地下食堂

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)経営者サムライ業

2016年12月14日

第1240回 札響チェリストで行政書士 荒木均さん

中学から札響を聞くようになり、チェロを始めた。大学では経営学を学んだが、バーンスタインがいた頃のPMFで学び一回目の卒業生に。するとやっぱりプロになりたくて、東京芸大を受け直してプロになった。いろんなオーケストラに行ったけど、みんな仲が良く誇りを持って音楽に取り組める環境があるのが札響のいいところだと語ります。今日のゲストは札響チェリストで行政書士の荒木均さんです。音楽活動をする中で著作権が問題になることが多々あった。そのたび専門家に話を聞いたが、音楽を専門とした人は少なく苦労した。それなら自分が資格を取ってしまおうと勉強したのが行政書士の資格取得のきっかけ。札響の労働組合の委員長を長くやっていた事も大きいと思う。みんなが幸せで音楽に取り組んでいける環境を、自分たちで考えていきたいと語ります。



札幌交響楽団

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)音楽人サムライ業

2016年03月22日

第1087回 きらめき国際特許事務所弁理士 金丸清隆さん

「食物繊維」という名前をつくった桐山先生の元で研究がしたくて北大農学部で農芸化学バイオテクノロジーを学んだ。しかし卒業後は「子供の頃から世界地図が好きだった」という理由から、化学と全く関係のないJTBへ入社。海外出張の時にビザが必要と聞き「VISAカードを持てば海外へ行けるんだ。すごーい」と驚いていたと笑います。今日のゲストはきらめき国際特許事務所弁理士の金丸清隆さんです。入社4年目にして社長賞。その営業力でいくつか仕事をする中、知的財産に関わる仕事をする叔父の誘いで北海道へUターン。弁理士の資格を2年で取得し、北大のバイオテクノロジーに関わる特許や商標・著作権などの仕事を行っていると語ります。



きらめき国際特許事務所

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)サムライ業

2015年02月11日

第956回 赤れんが法律事務所 杉山央さん

弁護士として一般的な案件ではなく、企業への法律的アドバイスを仕事にしている。また札幌ビズカフェ事務局長として1つでも多くのベンチャー企業や上場企業を送出し、学生の札幌定着やシルバー人材の雇用を促進したい。それをさっぽろ方式として全国へ広めたいと語ります。今日のゲストは赤れんが法律事務所弁護士の杉山央さんです。中高陸上部で西高時代は砲丸投げでインターハイへ。顧問の先生が生徒の個性を否定しないタイプだった。合理的で理屈立った自分に合うトレーニングを積んだおかげで、運動メニューの組み立ても自分で出来るようになった。大学時代は担当の教授に毎回質問を繰り返す。どんどん専門的になる自分の理屈にいつまでも付き合ってくれ、扉が開く感じが何度もしたと振り返ります。

1、いつも六法全書を傍らに置いていた
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 18:49Comments(0)サムライ業

2015年01月25日

第939回 すがさわ法律事務所 菅澤紀生さん

もともと環境に興味があり、CO2を減らした持続可能なまちづくりを考えてきた。震災後は「泊原発の廃炉を目指す会」の事務局長としての活動も。今日のゲストは「すがさわ法律事務所」弁護士の菅澤紀生さんです。中学では憲法全文をすらすら答え、高校では日経新聞を隅々見ながら世界の情勢を読み解くのが好きだった。政治経済の模試で全国一になるほど法律の勉強が得意だったので、弁護士を目指し中央大学へ。若い頃は偉大な祖父・父への反発もあり故郷を離れて北海道へ来たが、薪を割って暖炉に焼べたり野菜を育てたりDIYを楽しんだり「里山資本主義」な理想の生活を手に入れる事ができて良かったと語ります。

1、弁護士は人生のどぶさらい?
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 12:05Comments(0)サムライ業

2014年12月25日

第908回 弁護士 作間豪昭さん

南高に進学したのも弁護士を志したのも、その時に好きだったクラスメイトの影響と笑う。今日のゲストは渡辺英一法律事務所 弁護士の作間豪昭さんです。もともと憲法などの暗記ものは得意だった。しかし大学で、なぜそんな法律があるのか、どんな場面で使うのかを学び、法律の勉強は暗記ではないとわかり感動した。刑事事件の裁判で「犯罪を起こしたと疑われる人」の弁護をする際も、まずは信じる所から。そうでなければ本当にやってない人を見逃す事になる。法律のことわざで、10人の有罪の人を逃したとしても、1人の無辜(無罪の人)を罰してはいけないという言葉がある。冤罪は弁護士が目の前の人を信じる事でしか防げないと語ります。

1、LOVEこそすべて
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 16:47Comments(0)サムライ業

2014年10月22日

第844回 なでしこスクール 伊藤順子さん

女性の働き方は1つじゃない。家事・育児・夫のこと・親のこと、どれも頑張りすぎず諦めない為には一人でやろうと思わない事。周りの応援をもらいつつ、幸せかどうかで優先順位を決めるほうが上手くいくと感じている。今日のゲストはなでしこスクール代表で行政書士の伊藤順子さんです。結婚・出産を経て専業主婦になった時「私ってダメ」という自己否定感でいっぱいになり、仕事がしたいと考えるように。しかし働きながらの保育所探しが難航。それならと子育てしながら出来る仕事を考えるうち、独身時代に行政書士の資格を取得していた事を思い出す。でも仕事ってどこから降って来るの?領収書ってどう書くの?そこから始めたと笑います。

1、どんなライフスージでも私らしく
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 13:52Comments(0)サムライ業助ける人

2014年05月25日

第724回 スペシャルオリンピックス 田頭理さん

知的障がいのある人のスポーツの世界大会。夏期・冬期で4年に一度行われるが、日々の活動やプログラムも評価に含まれるのが「オリンピックス」と複数形の名のつく所以。今日のゲストは知事公館前法律事務所弁護士で、NPO法人スペシャルオリンピックス日本・北海道 札幌地区事務局長の田頭理さんです。登別室蘭出身。学生時代はサッカーに明け暮れていたので、いずれスポーツを支援出来るような仕事をしたいと考えていた。弁護士になってすぐ司法過疎地域である名寄へ赴任。地元では「走れる弁護士が来た」と評判になり、駅伝チームから声がかかります。

1、知的障がいのある人のスポーツ支援
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 13:00Comments(0)NPOサムライ業

2014年05月18日

第717回 北海道farm's 辻村英樹さん

農園や牧場からこだわりの商品を直接仕入れた、北海道産のセレクトショップが円山にオープン!今日のゲストは中小企業診断士で北海道farm's代表の辻村英樹さんです。熱意のある生産者さんの「こんなものを作りたい」という声を伺い、やりたい事と出来ない事を整理し、出来ない所をお手伝いしてきた。もともと物作りをしていたわけでも販売をしていたわけでもないが、もの作りに全精力をつぎ込んでしまい「売る」事に苦労している生産者さんに代わって魅力を伝え、そこを知った上で買ってもらえるお店を作りたかったと語ります。
*5月末までオープニングキャンペーンとして、「花茶」(千歳市)の手作りジェラートを特別価格(シングル=250円ダブル=350円)で販売

1、実際にサポートする仕事をと思った
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 09:31Comments(0)食関係サムライ業

2014年04月03日

第672回 行政書士シブタニ事務所 渋谷靖彦さん

認知症などで本人の判断能力が低下してきた時や、身内と離れて暮らしている為いざという時が不安という方にご利用頂きたい成年後見人制度。最近は家族形態が多様化し、お問い合わせも増えてきた。今日のゲストは行政書士シブタニ事務所の渋谷靖彦さんです。関東で生まれ育ったが、大好きな祖父母のいる札幌へよく遊びに来ていた。その祖父母が相次いで亡くなった時、子供世代は全員本州住まいだった為、仕事を休み交代で札幌へ通った。勝手のわからない土地で、死後事務その他諸々の手配は大変。この経験から、専門家として適した制度を紹介しお役に立ちたいと語ります。

1、祖父母が亡くなった時の事
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 13:26Comments(0)サムライ業