さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (27)
観光 (13)
医師 (12)
落語 (10)
札幌人図鑑 › IT系

2018年09月11日

第1497回 札幌地域クラウド交流会 実行委員長 濱内勇一さん

参加者全員で本気のラジオ体操をしたら準備はOK。札幌もしくは近郊で活動し、創業して5年未満もしくは創業準備中の起業家5名が、各々3分間のプレゼンをリレー方式で行い、終わったらすぐに集計タイム。札幌は全国一の集客を誇っていると語ります。今日のゲストは札幌地域クラウド交流会実行委員長の濱内勇一さんです。東京でIT企業に勤めていたが、体調を崩し札幌へUターン。現在は独立してITのシステム開発やウエブ製作を手がける。そんな中、サイボウズが地域創生でやっている「地域クラウド交流会」の存在を知る。北海道では第1回となる交流会が釧路で開催されると聞き参加すると、面白い人がたくさんいて盛り上がった。これは是非、札幌でもやってほしい!でも、誰がやる?・・・そりゃやっぱり僕でしょうと手を挙げたと笑います。



札幌地域クラウド交流会

  

Posted by 福津京子 at 12:05Comments(0)IT系イベント

2018年08月20日

第1487回 ノマドワーカー 対木理恵さん

Web系の仕事を日本の企業から請け負い、その収入で世界中を旅している。パソコン1台あれば仕事はどこでもできる。それに気づいて東京のマンションを引き払い海外へ。3日に一度は宿を変え、1年に21カ国を旅した事もあると笑います。今日のゲストはノマドワーカーの対木理恵さんです。語学留学をしたりカラーの勉強をしたり。道庁の臨時職員になったり芸能事務所に入ったり。いろんな事にチャレンジしながら、いつも「自分の使命はなんだろう」という焦燥感に駆られていた。誰にも一つ、情熱の持てることがあるはず。それを見つけようともがく中、「海外へ出たい」という強い気持ちを思い出したと振り返ります。



対木理恵さん Web



  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)IT系

2018年07月03日

第1470回 株式会社マクアケ 岡山ひろみさん

日本最大級クラウドファンディングサービスで北海道地区を担当。道内の良いものや新しいチャレンジをバックアップすることで「ふるさと納税」のような自治体のお手伝いも。いま、11年ぶりに大好きな北海道と向き合う事ができて嬉しいと語ります。今日のゲストは株式会社マクアケの岡山ひろみさんです。大学卒業後、サイバーエージェントに入社。アメブロやソーシャルゲームを制作していた。仕事はめちゃめちゃハードだったが、プロデューサーとしてチームで物作りをする楽しさも感じていた。しかしある時「この仕事は誰のため?」と悩みだし、「いつかは地元北海道のための仕事がしたい」と考えるように。その後、思い切って会社を退職。すると元の上司から「マクアケ北海道を立ち上げるんだけど…」と声がかかったと振り返ります。



株式会社マクアケ

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)IT系

2018年06月12日

第1461回 北海道ITセンター札幌校 校長 相原真人さん

「便利屋よりも便利」をコンセプトにスマホの快適設定やパソコンの修理、ネットワークの訪問設定やオークション出品代行など活動は多岐にわたる。利用者さんとの交流の場として時間的に融通のきく場所が欲しくなり、創成川イーストでバーを開店。自分が何屋かわからなくなってきたと笑います。今日のゲストは北海道ITセンター札幌校、校長の相原真人さんです。ハドソンでボンバーマンのサウンドディレクターなどを経て独立。立ち上げ当時の仲間と一緒に「桃鉄2017」の音楽を担当できたのは嬉しかった。ネットを使っての様々なお手伝いをビジネスにしてきたが、いまニーズが高いのは「デジタル資産管理」なのだと語ります。



北海道ITセンター札幌校

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)IT系

2018年03月27日

第1428回 新市場開拓コーディネーター 堀直樹さん

一昨年の暮れ「進撃の巨人」を見ながら「来年は変わろう!」決心。机一つのオフィスだったが、思い切って26坪のワンフロアーを借りて法人化。すると人も仕事も集まりだした。現在はIT系のシステム構築を通して、北海道の企業と企業を繋げるような仕事をしている。今日のゲストは株式会社アクナレッジメント代表取締役社長で、新市場開拓コーディネーターの堀直樹さんです。自分はこれまで好きな仕事ばかりやってきた。だからスタッフ採用の際も、好きなこと・得意なことのほか、苦手なこと・やりたくないことも聞くようにしている。好きな仕事を、好きな場所で、好きな人と、好きなだけできる。そんな仕事のしかたを会社の理念として掲げていると笑います。



株式会社アクナレッジメント



  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)IT系

2018年03月26日

第1427回 採用映像デザイナー 和久井海十さん

新卒、中途、アルバイトの人が見る採用向けの映像を制作している。就職の条件の提示だけではなく社長の人生にフォーカスしたり、そこで働く人に仕事のやりがいを語ってもらうことで職場の雰囲気がイメージでき、働く意欲にもつながると語ります。今日のゲストはセルフメディアエイジェント株式会社代表取締役、採用映像デザイナーの和久井海十さんです。IT系の会社に勤めていたころ、何度もヘッドハンティングされ、仕事のスキルも収入もどんどん上がっていった。ところが、リーマンショックで外資系の会社をリストラされてしまう。それでも当時は焦っていなかった。まさか自分が、職に就けなくなるなんて思いもしなかったからと振り返ります。



セルフメディアエイジェント株式会社




  

Posted by 福津京子 at 18:00Comments(0)専門職IT系

2018年02月14日

第1411回 ITコンサルタントでプロサポーター 村上アシシさん

大のサッカーファンで、コンサドーレはホームもアウェイも現地で、サッカー日本代表の試合は国内外問わず、オリンピックもワールドカップも現地で観戦。このことが評判になり、サッカー雑誌に執筆したり、サッカー番組の副音声で呼ばれて収入を得るようになった。だから本業の他に、プロサポーターを名乗っている。現在は週3仕事、週4自由。このライフスタイルを10年以上続けていると語ります。今日のゲストはITコンサルタントでプロサポーターの村上アシシさんです。札幌南高から東京理科大へ進み外資系コンサルティング会社に就職。忙しかったが仕事にも給料にも満足していた。入社6年目、ドイツのワールドカップを見に行くために3ヶ月の自己都合休暇を奇跡的に取得。ワールドカップを満喫し、世界中の様々な人と交流したとき、自分の働き方に疑問を持つようになったと振り返ります。



村上アシシ ホーム/Facebook

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)IT系

2017年10月31日

第1374回 SOC株式会社 代表取締役社長 朝倉由紀子さん

新札幌テクノパークで、業務系のシステム開発をしている。創業者である父の代では拡大が社員のやりがいだった。自分の代ではみんな笑顔で100年続く企業を目指すと語ります。今日のゲストはSOC株式会社代表取締役社長の朝倉由紀子さんです。大学を出て銀行に就職。仕事が面白くなってきた頃、父から「会社を手伝って」と言われ家業へ。その後、経営を学ぶため仕事の傍ら小樽商科大の大学院に通いMBAを取得。夫とはそこで出会った。一人目の子が生まれた頃、父から「そろそろ社長に」と言われた。さすがちょっと待ってと頼んだが「どうせすぐ二人目も生まれるでしょ」と押し切られ社長に。現在は3歳と1歳の子育てをしながら、夫と二人三脚で頑張る毎日。父が言う通り、父が元気なうちに引継ぎができて良かったと振り返ります。



SOC株式会社

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)IT系

2017年10月02日

第1361回 ネオス株式会社執行役員 札幌開発センター長 磯真査彦さん

アートから農業まで、どんどん性能も上がり幅広い利用が期待されているドローン。安全な操縦には知識と経験が問われるため独学では不十分。そこで事業として日本ドローンアカデミー札幌校を開設、無人航空機操縦技能証明書が取得できるように。ライセンスがあれば撮影の申請もスムーズだと語ります。今日のゲストはネオス株式会社執行役員 札幌開発センター長の磯真査彦さんです。IT系の会社に勤め、産業用のカラー製版システムを作ったり、世界初フルCGでテレビ番組を作ったり。近年はスマホを中心とした技術やサービスの提供をしているが、同じことを続けていると飽きちゃうので、いつもなにか「新しいものをやる」のが楽しいと語ります。



ネオス株式会社

日本ドローンアカデミー札幌校

  

Posted by 福津京子 at 08:35Comments(0)IT系

2017年08月09日

第1339回 株式会社 VERSION2 取締役 大西昭夫さん

日本人が使いやすいブレンデッドLMS「Glexa」やeラーニング「Moodle」などの開発・カスタマイズから教務システム・CALLまでのサポート支援をしている。今日のゲストは札幌商工会議所北の起業家表彰で優秀賞を受賞した、株式会社 VERSION2 取締役の大西昭夫さんです。二十歳の頃から30で独立したいと考えていた。目標通り独立し、30代は趣味を捨て仕事一筋。ある時高校生に講演をしたが、質疑応答で「40になったら何を?」と聞かれ「40で引退!」と答えてしまった。そこで目標通り40で引退。社長業をやめると、こんなに時間ができるのかと驚いている。子供とたくさん遊べるし、やりたい仕事もできるようになって今が楽しい。実は「じゃあ50になったら?」と聞かれ、「音楽で食ってる!」と答えてしまったと笑います。



株式会社 VERSION2

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)IT系北の起業家表彰