さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (33)
観光 (14)
医師 (13)
落語 (10)
札幌人図鑑 › IT系

2019年04月23日

第1584回 エコモット株式会社代表取締役 入澤拓也さん

融雪装置の遠隔監視や建設現場の情報IT化、車載運行システム等IoT専業ソリューションベンダーとして数多くの現場にIoTシステムを構築。新技術や新商品が会社に実装され、省エネ・省力化・コスト削減などで、札幌商工会議所平成30年度「北の起業家表彰」大賞を受賞。今日のゲストはエコモット株式会社代表取締役の入澤拓也さんです。映画監督になりたくて、高校卒業後シアトルの大学へ。すると学生たちがみんなPCを広げていてITが盛んで驚き、気付けば自分も映画よりITに興味が移った。帰国後はクリプトンに入社。携帯のコンテンツ作りなどモノづくりの楽しさを味わった。その後、保母さんをしていた女性と結婚。結婚式で「いままでありがとう」と声をそろえる幼児達に涙。いつか誰かの役にたつ仕事をと意識するきっかけになったと振り返ります。



エコモット株式会社

  

2019年04月22日

第1583回 アーク・システム・ソリューションズ株式会社 代表取締役 坂本謙治さん

車載向け組み込みソフトウェアの開発を主力とし、IoT、ビックデータ分析、スマートフォンアプリの開発を手掛ける受託開発ソフトウェア会社。情報セキュリティや車載分野での形式手法を使った開発ソリューションに強みを持つ。今日のゲストはアーク・システム・ソリューションズ株式会社代表取締役の坂本謙治さんです。千葉のソフトウェア会社でシステム開発の仕事をしていた。23歳の時、北海道の仕事が入り札幌へ。大通公園に面したビルで働きながら、いつか札幌に住みたいと思った。10年後、縁あって札幌の会社へ転職。新人ながらセンスのいい後輩と出会った。独立し起業を考えていた時、彼のような人が入ってくれるといいのになぁと考えながら歩いていたら、たまたま目の前を通り過ぎてびっくり。その後、二人で起業するに至ったと振り返ります。



アーク・システム・ソリューションズ株式会社




  

2019年04月17日

第1582回 株式会社MIERUNE 代表取締役 朝日孝輔さん

地図情報システムの閲覧、編集、分析機能を有する無料ソフトを活用した地図空間コンサルティングが主体で、自社開発の「MIERUNE 地図」は容易に取り込める配信型背景地図データで使い勝手が良いのが特徴だと語ります。今日のゲストは株式会社MIERUNE代表取締役の朝日孝輔さんです。北海道地図を扱う会社勤務を経て、JICAでパプアニューギニアへ。大学のコンピューター室で2年勤めて帰国、元の会社へ戻った。そんな中、東京で開催された位置情報を扱うソフトウエアの勉強会に参加。そこで出会った人と一緒にこの会社を立ち上げた。事例を共有し色んな制約なくオープンに。地図を使った製品が作りたいという会社のお手伝いをしたいと力を込めます。



株式会社MIERUNE

  

2019年04月16日

第1581回 株式会社調和技研 代表取締役 中村拓哉さん

AIを柱とする北大発認定ベンチャー企業。人工知能に代表される先端技術の研究開発を行っている。優秀な技術者の雇用の場を生み出すため、研究者に働きやすい環境作りに力を入れ、ミドル・シニア・海外からも受け入れている。ぜひ「びもーる」で検索してと語ります。今日のゲストは株式会社調和技研代表取締役の中村拓哉さんです。たくぎん勤務を経てソフトウエアの開発で道内の大学を回っていたら、ボランティアから学生さんまで自分の周りに頭のいい人が沢山いることに気づいた。そこで、研究がやりやすいように環境を作ってあげるうちに仕事になっていった。アジアには勉強熱心な方が多いので、研究成果でみんなが食べられるようにと力を込めます。



株式会社調和技研

  

2019年04月09日

第1578回 株式会社ファーストコネクト代表取締役 宮副俊彦さん

有効求人倍率でみると、実は介護より足りてない歯科衛生士の人材紹介を遠隔で行う。自分のキャリアと向き合う機会がないまま辞めてしまう方が多い業界なので、力を発揮できる職場と引き合わせてあげたい。歯科衛生士や歯科医師の口コミサイト「プロレコ」も好評だと語ります。今日のゲストは株式会社ファーストコネクト代表取締役の宮副俊彦さんです。もともとベンチャー志向だったので、天才的で尊敬する社長のもとでハードに働いた。しかし会社がどんどん大きくなった頃、「自分の価値観に近い意思決定のされる会社で、一緒に働きたいと思える人と仕事がしたい」と考えるようになり、独立を決めたと振り返ります。



株式会社ファーストコネクト



  

2019年04月08日

第1577回 株式会社トラストフォース 代表取締役 山藤悠介さん

園児管理、延長保育、請求、入金、督促管理などがICカードでワンタッチ。保育業務支援システム「ほいく侍」を開発したことをきっかけに、南あいの里に企業主導型保育園を開設。異業種からスタートしたので、より良くする為にやれることは全部したいと力を込めます。今日のゲストは株式会社トラストフォース代表取締役の山藤悠介さんです。プログラマー、営業職、インストラクター、事務総務。いろんな業種で勤めながら感じたのは、誰もが仲良く働ける環境で仕事をしたいという事。だから去年の忘年会が、札幌も東京も参加率100パーセントだったのはとても嬉しかったと笑います。



株式会社トラストフォース



  

2018年09月11日

第1497回 札幌地域クラウド交流会 実行委員長 濱内勇一さん

参加者全員で本気のラジオ体操をしたら準備はOK。札幌もしくは近郊で活動し、創業して5年未満もしくは創業準備中の起業家5名が、各々3分間のプレゼンをリレー方式で行い、終わったらすぐに集計タイム。札幌は全国一の集客を誇っていると語ります。今日のゲストは札幌地域クラウド交流会実行委員長の濱内勇一さんです。東京でIT企業に勤めていたが、体調を崩し札幌へUターン。現在は独立してITのシステム開発やウエブ製作を手がける。そんな中、サイボウズが地域創生でやっている「地域クラウド交流会」の存在を知る。北海道では第1回となる交流会が釧路で開催されると聞き参加すると、面白い人がたくさんいて盛り上がった。これは是非、札幌でもやってほしい!でも、誰がやる?・・・そりゃやっぱり僕でしょうと手を挙げたと笑います。



札幌地域クラウド交流会

  

Posted by 福津京子 at 12:05Comments(0)IT系イベント

2018年08月20日

第1487回 ノマドワーカー 対木理恵さん

Web系の仕事を日本の企業から請け負い、その収入で世界中を旅している。パソコン1台あれば仕事はどこでもできる。それに気づいて東京のマンションを引き払い海外へ。3日に一度は宿を変え、1年に21カ国を旅した事もあると笑います。今日のゲストはノマドワーカーの対木理恵さんです。語学留学をしたりカラーの勉強をしたり。道庁の臨時職員になったり芸能事務所に入ったり。いろんな事にチャレンジしながら、いつも「自分の使命はなんだろう」という焦燥感に駆られていた。誰にも一つ、情熱の持てることがあるはず。それを見つけようともがく中、「海外へ出たい」という強い気持ちを思い出したと振り返ります。



対木理恵さん Web



  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)IT系

2018年07月03日

第1470回 株式会社マクアケ 岡山ひろみさん

日本最大級クラウドファンディングサービスで北海道地区を担当。道内の良いものや新しいチャレンジをバックアップすることで「ふるさと納税」のような自治体のお手伝いも。いま、11年ぶりに大好きな北海道と向き合う事ができて嬉しいと語ります。今日のゲストは株式会社マクアケの岡山ひろみさんです。大学卒業後、サイバーエージェントに入社。アメブロやソーシャルゲームを制作していた。仕事はめちゃめちゃハードだったが、プロデューサーとしてチームで物作りをする楽しさも感じていた。しかしある時「この仕事は誰のため?」と悩みだし、「いつかは地元北海道のための仕事がしたい」と考えるように。その後、思い切って会社を退職。すると元の上司から「マクアケ北海道を立ち上げるんだけど…」と声がかかったと振り返ります。



株式会社マクアケ

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)IT系

2018年06月12日

第1461回 北海道ITセンター札幌校 校長 相原真人さん

「便利屋よりも便利」をコンセプトにスマホの快適設定やパソコンの修理、ネットワークの訪問設定やオークション出品代行など活動は多岐にわたる。利用者さんとの交流の場として時間的に融通のきく場所が欲しくなり、創成川イーストでバーを開店。自分が何屋かわからなくなってきたと笑います。今日のゲストは北海道ITセンター札幌校、校長の相原真人さんです。ハドソンでボンバーマンのサウンドディレクターなどを経て独立。立ち上げ当時の仲間と一緒に「桃鉄2017」の音楽を担当できたのは嬉しかった。ネットを使っての様々なお手伝いをビジネスにしてきたが、いまニーズが高いのは「デジタル資産管理」なのだと語ります。



北海道ITセンター札幌校

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)IT系