さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。現在は札幌の魅力ある人材を動画で毎日配信するのがライフ&ライスワーク。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行っています。(第1211回以降の編集はオフィス・福津のスタッフが担当しています)2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にて番組化され、現在は月・火・水の放送です。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (18)
観光 (11)
札幌人図鑑 › 作家

2016年02月09日

第1057回 作家 澤井美穂さん

憧れの詩人・長田弘さんが審査員と聞き「自分の作品を読んでもらうことで自分を知ってほしい」という一心で一気に書き上げた。だから本が出たことも嬉しいけれど、そこに挟まれた「選者のことば」は宝物だと語る。今日のゲストは「赤いペン」で2015年第16回ちゅうでん児童文学賞で大賞を受賞した、高校教員で作家の澤井美穂さんです。主人公の女子中学生は周りの人に助けられ応援されながら「旅する赤いペン」の噂を物怖じしながらも追いかけていく成長物語。「物怖じちゃんの気持ちはよくわかる。だって、私もそうだったから…」と笑います。



澤井美穂著 赤いペン

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)作家

2015年12月18日

第1030回 ノンフィクション作家 佐々木信恵さん

STVラジオで放送されている「ほっかいどう100年物語」。スタート時から放送作家として道内をくまなく取材、人間ドラマを綴り続けた。あるとき地元出版社から番組を本にまとめようと提案があり書籍化。シリーズで10冊にもなったと語る。今日のゲストはノンフィクション作家の佐々木信恵さんです。石川啄木が新聞記者として滞在した釧路。その間わずか2ヶ月でありながら「小奴」という芸者と恋仲になったのは有名だが、地元を取材する中でもう一人の女性の存在を知る。啄木と出会った事でその後の運命が大きく翻弄させられた二人の女。その話を女性目線でまとめた「啄木を愛した女たち」を発表。北海道ノンフィクション大賞を受賞します。



ほっかいどう100年物語

啄木を愛した女たち



佐々木信恵さん
青森県出身。STVラジオの番組スタッフとして入社し、2000年から同局のラジオ番組「ほっかいどう百年物語」の執筆・構成を担当。現在はフリーライターとして、テレビや雑誌、新聞記事の執筆など幅広く活動している。  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)作家

2013年04月01日

第336回 筆物書 金澤弘毅さん

3才の頃父が戦死、父の記憶はほとんどない。しかし大きくなってから父の旧友に「おまえのおやじは歴史好きだった」と聞かされ、やはりこれは遺伝なのかなと感じ入ります。今日のゲストは筆物書(かきものかき)の金澤弘毅さんです。子供の頃から歴史が大好き。本の中では歴史上の人物が生き生きと動き回り、魅力的で夢中になって読んだ。大人になっても歴史熱は冷めず。様々な書物を読むうち、歴史の解釈は1つではないと感じペンを取ります。

*異説古代史疑 平成私本書紀 / 2013年2月

1、大和王朝一元史観に喝
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)作家

2012年10月02日

第155回 作家・エッセイスト 森久美子さん

美しくて大好きだった母は49才で他界。母方と父方の両方の祖母と同居し介護をしました。二人の祖母は偶然にも同じ年、同じ月生まれ。なのに育った環境があまりにも違い、女としての人生を無意識に比べてしまい・・・。今日のゲストは作家でエッセイストの森久美子さんです。

1、対照的な二人の祖母


  続きを読む

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)作家

2012年09月11日

第134回 構成作家 小西義孝さん

今日のゲストは、テレビやラジオの構成作家をされている小西義孝さん。いま話題になっている事や問題になっている事、楽しい事も残念な事も、視聴者やリスナーさんにわかりやすく新鮮に届ける為に心がけている事とは。もと編集者だった小西さんがどうやって構成作家になったか。この世代の、先輩後輩の絆の強さも感じます。。。

1、終わった事は全部忘れる
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)作家コミュニティーFM

2012年08月08日

第100回 作家・エッセイスト 千石涼太郎さん

札幌人図鑑、記念すべき第100回目のゲストは
作家でエッセイストの千石涼太郎さんです。
地元の魅力は「よそ者」に聞けと言いますね。
Uターン組として著書や発言に注目が集まる
千石さんのライフストーリーをお聞き下さい。

1、10年で3回 20年で4回


  続きを読む

Posted by 福津京子 at 10:07Comments(0)作家