さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで公約だった1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日よりJCOM札幌にてめでたく番組化。第1001回のゲストは、秋元札幌市長をお迎えしました。現在は毎週月曜10時半から放送中(1週間に何度も再放送があります)。初回放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
札幌人図鑑が本になりました
オンラインセレクトショップ『DOこれ』には、札幌人図鑑コラボ企画があります♪
カテゴリ
NPO (34)
福祉 (12)
NGO (1)
士業 (29)
IT系 (46)
観光 (15)
医師 (16)
落語 (12)
出版 (11)
区長 (11)
札幌人図鑑 › 舞台人

2021年07月05日

第1809回 シンガーソングマジシャン たっちさん

ミュージカル風に歌を挟んだりトークで笑わせたり。生演奏とマジックを融合したステージは、子供から大人まで楽しめると好評。オリジナル曲も30曲あるので、アルバムも出したいと力を込めます。今日のゲストはシンガーソングマジシャンのたっちさんです。小学生の頃、テレビでMr.マリックやセロを見てマジックにハマった。初舞台は小学4年生。保育園でトランプを消して見せるとみんな喜んでくれて嬉しかった。その後もマジック熱は冷めることなく大きくなる。高校時代は吹奏楽部で、楽器修理の会社へ就職。仕事をしながら趣味でマジックを続けようとしたが、休みが合わず悩むように。その後、バイトしながらでもどうしてもマジックがしたいと22歳で独立を決意した。自分の得意を生かしたオリジナルスタイルを確立した今、魂の解放を感じる。トランプばかり触っていた子供時代の自分に「大人も悪くないぞ」と言ってあげたいと笑います。



たっちさんのTwitter

  

Posted by 福津京子 at 11:06Comments(0)舞台人

2014年01月31日

第610回 舞台演出家 神村拓一朗さん

札幌を代表する舞踊家一族に育つ。物心ついたころから白いタイツ姿でバレエの舞台に立っていたが、高校時代に「モテたい」一心でヒップホップへ転向。今日のゲストは札幌舞踊会舞台演出家の神村拓一朗さんです。カナダ郊外のカレッジへ進学。学生寮は娯楽のほとんどない山の中にあった。あるとき寮の地下にほとんど使われていない80席の劇場を見つける。これはいいぞと向こう1年間劇場を押さえ、クラスメイトを演出し舞台を作りはじめます。

1、「モテたい」一心でバレエからヒップホップへ


  続きを読む

Posted by 福津京子 at 10:52Comments(0)舞台人