さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (20)
観光 (11)
医師 (10)
札幌人図鑑 › カタリバ

2017年11月07日

第1377回 カタリバ 古賀詠風さん

高校生の心に“火を灯す”ことを目指したキャリア学習プログラム「カタリバ」で活動をしている。学校以外にも教育の場があると感じており、教員免許をとらず社会教育専攻のゼミで学んでいると語ります。今日のゲストはカタリバの古賀詠風さんです。今年の夏休み、全国の高校生による地域観光プランコンテスト第1回『観光甲子園』にてグランプリに輝いた島根県立隠岐島前高校を視察。例えば隠岐には公営の塾がありとても成功しているが、魅力的だから結果だけ真似しようとしてもうまくいかない。そこまでの道のりには、学校の先生も地域の人も膝を突き合わせた多くの対話がある。カタリバも同じ。対話を中心としたプロセスこそ大切にしたいと語ります。



カタリバ北海道 NPO法人いきたす

島根県立隠岐島前高校

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)大学生カタリバ

2016年02月10日

第1058回 NPO法人カタリバ代表理事 今村久美さん

2001年に任意団体NPOカタリバを設立し、高校生のためのキャリア学習プログラム「カタリ場」を開始。2006年には法人格を取得し、全国約1000の高校、約180,000人の高校生に「カタリ場」を提供してきた。今日のゲストはNPO法人カタリバ代表理事の今村久美さんです。地元を離れ東京の大学へ。アグレッシブな同級生に囲まれ刺激を受けていた。ところが成人式で地元へ戻ると、かつての同級生は「大学がつまらない」と口を揃え、気持ちのギャップにショックを受ける。「それは自分次第だよ」と言いたかったけど言えなかった。今でも思い出すだけで胸が苦しくなると振り返ります。



NPO法人カタリバ


  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)NPOカタリバ

2015年01月14日

第928回 助産師学生 / カタリバ  土橋未佳さん

地元茨城の医療大学看護学科を卒業後、一年看護師として働いたが助産師の夢は諦めきれず。現在は2年で実習28週間という全国で唯一の助産師の専門職大学院である、天使大学で学んでいる。今日のゲストは 助産師学生 / カタリバ ”どどんぱ(ニックネーム)”こと土橋未佳さんです。大学時代「カタリバ」と「よさこい」にハマり、バイト代を注ぎ込んで茨城から東京へ通った。なので夢を叶える為に選んだ札幌の地で、その両方を継続出来た事をラッキーに思う。「よさこい」では熱い情熱を、「カタリバ」ではコミュニケーションを学んだ。助産師の仕事に生かされていると語ります。

1、満足するお産を一人でも多くの人に
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 10:01Comments(0)大学生カタリバ

2013年10月23日

第510回 カタリバ北海道2013年度学生代表 上田芽衣さん

親を説得し、大学を1年休学して実現させた世界一周の旅。その時の体験をカタリバで語り、高校生と真剣に向き合って来た。今日のゲストは、カタリバ北海道2013年度学生代表の上田芽衣さん。生物や植物が好きで奈良から北大へ進学。サークルでよさこい「縁」に所属すると、ユニークな活動をする先輩達がキラキラしていて刺激を受けた。やってみたいことがあったらやってみよう。出来ない理由を並べて諦めるのではなく、出来る方法を考えよう。高校生と語りながら、自らも「言葉に追いつけ」と学生代表を引き受けたと振り返ります。

1、「縁」の先輩たちがキラキラしていた
  続きを読む

Posted by 福津京子 at 10:55Comments(0)大学生カタリバ

2012年09月10日

第133回 カタリバ北海道 江口彰さん

自分の将来や進路について真剣に考え始める高校生。そんな頃に自分より少し先輩の大学生と、ちょっと踏み込んで話す機会は、自分を見つめたり自分で自分の弱さや強みを認めたりできる、貴重な時間になるでしょう。その為には聞き手となる大学生のスキルも重要です。今日のゲストは、NPO法人CAN理事・カタリバ北海道の江口彰さん。カタリバの皆さん、オープニングソングを一緒に歌って頂いてありがとう!

1、チェッキング・サンプリング・レクチャー


  続きを読む

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)教育者カタリバ