さぽろぐ

日記・一般  |札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで公約だった1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日よりJCOM札幌にてめでたく番組化。第1001回のゲストは、秋元札幌市長をお迎えしました。現在は毎週月曜10時半から放送中(1週間に何度も再放送があります)。初回放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
札幌人図鑑が本になりました
カテゴリ
NPO (35)
福祉 (13)
NGO (1)
士業 (30)
IT系 (48)
観光 (16)
医師 (18)
落語 (12)
出版 (11)
区長 (11)
札幌人図鑑 › 医師 › 第737回 国際山岳医 大城和恵さん

2014年07月07日

第737回 国際山岳医 大城和恵さん

2002年に札幌へ移住し心臓血管センター北海道大野病院に勤務。2010年日本人初の国際山岳医療資格を取得。登山者外来をスタートさせるなど山岳医療の普及に努める。その後、北海道警察山岳遭難救助アドバイザーに就任。救助隊員から連絡を受け状況に応じ医療面の指事をしている。今日のゲストは医学博士・国際山岳医の大城和恵さんです。北海道では低体温症で亡くなる方が冬より夏の方が多い。北海道警察と連携し遭難の事例を生かして考えたファーストエイドの講習も行っている。実践的な内容なので登山技術の一つとして是非身につけて欲しいと語ります。

1、ネパールの山で高山病の登山者と出会う

2、北海道警察との連携が叶って


3、ファーストエイドは 登山技術の一つです


第737回 国際山岳医 大城和恵さん

大城 和恵さん

長野県出身。都内医学部卒、大学病院勤務を経て
2002年 札幌へ移転。心臓血管センター北海道大野病院に勤務。
2010年9月 国際山岳医 UK Diploma in Mountain Medicine(UIAA(国際山岳連盟)/ICAR(国際山岳救助協会)/ISMM(国際登山医学会)認定)日本人初の資格取得。
同年 5月 日本登山医学会認定山岳医研修会実行委員兼講師に就任。
同年12月 心臓血管センター北海道大野病院・附属駅前クリニックにて登山者外来開始。
2010年〜 Wilderness Medical Society (US) Fellow candidate in the Academy にて活動中。
2011年5月 北海道警察山岳救助アドバイザー医師に就任。

山岳医療情報


同じカテゴリー(医師)の記事
 第1861回 社会医療法人柏葉会理事長 / 柏葉脳神経外科病院院長 寺坂俊介さん (2022-07-04 16:31)
 第1827回 日本医療大学 総長 島本和明さん (2021-11-08 07:00)
 第1812回 札幌円山整形外科病院 医師 黒田未来さん (2021-07-26 16:06)
 第1758回 絵本作家 山崎慎太郎さん (2020-11-17 20:52)
 第1746回 勤医協札幌病院 産婦人科副院長 長島香さん (2020-10-06 07:00)
 第1550回 北海道医療大学 歯学部教授 安彦善裕さん (2019-02-04 08:23)

Posted by 福津京子 at 10:03│Comments(0)医師
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
第737回 国際山岳医 大城和恵さん
    コメント(0)