さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (20)
観光 (11)
医師 (10)
札幌人図鑑

2017年11月28日

第1386回 Oji カクテル&ウイスキー 尾路直治さん

上海のビジネス街の中でもトレンドの集まるエリアにあるバー。日本式のサービスや、お客様と対話をして飲み物を決めるメニューのないスタイルが好評で、11席ながら予約でいっぱい。今日のゲストは上海でご活躍の札幌人、Oji カクテル&ウイスキーの尾路直治さんです。専門学校のホテル学科でカクテルを教わった時の先生が自分の師匠。2005年PBOカクテルコンペティションで金賞を受賞。小樽オーセントホテルに勤務しながら年に4〜5回行われるコンペに出るため勉強の毎日だった。あっという間に10年が過ぎたが、30歳が近づくにつれこれでいいのかと考えるように。師匠は有名な方なので、自分の腕を試すなら海外だと思ったと振り返ります。



Oji カクテル&ウイスキー

  

Posted by 福津京子 at 14:32Comments(0)飲食店海外でご活躍の札幌人

2017年11月27日

第1385回 Bistro Sola 男澤元哉さん

お世話になった先輩の勧めで、上海に店を構えるフレンチの有名店へ。その後、店は閉店してしまったが上海でウケるメニューや経営スタイルがイメージできたので、思い切って自分の店を持つことに。変化の早い上海で、それもデビュー戦で4階建てというのは想定外だったけど、上海で出会った女性と結婚した事はやはり大きかったと思う。屋上に、上海では珍しいテラス席があるのが自慢。青い空を見上げながら美味しい洋食を楽しんで欲しいと語ります。今日のゲストは上海でご活躍の札幌人、Bistro Sola オーナーの男澤元哉さんです。



Bistro Sola

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)飲食店海外でご活躍の札幌人

2017年11月22日

第1384回 株式会社グリーンライトアソシエイツ五十嵐雄祐さん

家を建てるとき、ヒヤリングにはとことん時間をかけている。たとえば子供の進学に合わせてとか資金繰りができたからという事で、急いで建てるものではない。もっと事前から、軽い気持ちでご相談いただきたいと語ります。今日のゲストは株式会社グリーンライトアソシエイツ代表取締役の五十嵐雄祐さんです。40歳までの若手建築家を集めたユニット「UN40」では代表を務めている。現在この「UN40」と学生グループで、2026年冬季オリンピックパラリンピックを創る札幌らしい若いアイディアを集めている。学生が大人になったとき、遺産になるのか負の遺産になるのかは僕ら次第だからと力を込めます。



株式会社グリーンライトアソシエイツ

UN40

  

Posted by 福津京子 at 09:11Comments(0)建築・デザイン

2017年11月21日

第1383回 常盤倶楽部 主宰 神谷憲一さん

南区常盤の町内会館で 親子で楽しむ謎解き・ボードゲームの会を主催している。月一で開催して3年目になるが、毎週遊びに来てくれる親子の姿も多くなった。将棋などと違い、大人も子供も同じ土俵で戦えるのが魅力だと語ります。今日のゲストは常盤倶楽部主宰、かみやパパこと神谷憲一さんです。たまたまテレビで「いまボードゲームが熱い!」という特集を見て、自分も子供時代に好きだったことを思い出す。それで人気のゲームを買い求め、家に帰って子供と妻と4人で遊ぶと、これが楽しい!すっかりハマってもう一つもう一つと買い求めるうちに数も増え、地域のみんなと楽しむように。ゲームに慣れてきた親子はあえて離して、別の親子と遊ぶようにコーディネート。最近は、ゲームの紹介やルール説明を子供がしてくれるようになったと笑います。



親子で楽しむ謎解き・ボードゲーム 常盤倶楽部

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)バラエティーまちづくり

2017年11月20日

第1382回 市立札幌旭丘高等学校教諭 高瀬敏樹さん

「情報」は14年前に必修となった教科。情報活用の実践力、情報の科学的理解、情報社会に参画する態度を身につけるための授業をしている。 ITを駆使する一方、あえて新聞を取り入れることも。今日のゲストは市立札幌旭丘高等学校教諭の高瀬敏樹さんです。高校時代、マイコンに夢中になった。大学時代はゼミの先生が、当時まだ出たばかりのNECのPCを入れてくれて、ベーシックを学んだり統計資料をグラフ化したり。卒業後、先輩の誘いで専門学校で講師をしたのち、東京のシステム会社に就職。そこでものづくりの楽しさも味わったけれど、ひとづくりのほうが楽しいと感じたと振り返ります。



市立札幌旭丘高等学校

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)高校教師

2017年11月15日

第1381回 訪問美容 Pomme 日向恵子さん

子育て中の女性や、外出の困難な障害のある方の為に訪問美容を始めた。すると一般の美容室ではオーダーがしづらいLGBTの方など、多様なニーズがあることに気づいたと語ります。今日のゲストは訪問美容 Pommeの日向恵子さんです。札幌の美容室に勤めた後、パリへ。シャネルのブティックが近く、ハイブランドを愛用するお客様ばかりの店で1年勤めた。ところが帰国後、美容室で面接を受けると聞かれるのは顧客の数ばかり。キャリアを積んできたのにそれは違うとフリーでの活動を決意。するとかつて札幌勤務時代に8年間、ボランティアで介護施設をまわる仕事が楽しかったことを思い出したと振り返ります。



日向恵子さん Facebook

  

Posted by 福津京子 at 10:12Comments(0)介護・福祉理美容師

2017年11月14日

第1380回 接遇コンサルタント 岡本真なみさん

日々の仕事の中で小さくイラッとしている人は多い。アンガーマネジメントは1970年代に始まった心理コントロール法。みんなでやると楽しいし、相手を大切に思うことに繋がる。自分を変えるきっかけにもなると語ります。今日のゲストは接遇コンサルタントの岡本真なみさんです。北大卒業後、就職せずにナレーターコンパニオンに。徐々に話し方・立ち居振る舞い・ユニバーサルサービスなど新人を育てる側のスキルアップを求められ、勉強を重ね現在に至る。主に役所・銀行・大学などでビジネスマナーを教えているが、笑って話せる組織は強い。生産性も上がるし離職率も下がると語ります。



岡本真なみさん お問い合わせ先

  

Posted by 福津京子 at 09:29Comments(0)専門職