さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。現在は月曜と火曜、週2回の放送で更新中(水・木・金はバックナンバーの再放送)。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (34)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (41)
観光 (15)
医師 (13)
落語 (12)
出版 (10)
区長 (11)
札幌人図鑑

2020年07月14日

第1724回 飛栄建設株式会社 松田順治さん

一般住宅の建設をしているが、あるとき化学物質過敏症の方からの依頼で、化学物質過敏症でも安心して住むことのできる住宅を建設した。すると北大の教授から、半導体を作るために使用するクリーンルームの依頼が。そこで病院のICUほどではないものの、抗酸化工法で安心安全なクリーンルームを安価で開発。先日は市立札幌病院にも設置した。医療崩壊の防止支援に繋がれば嬉しいと語ります。今日のゲストは飛栄建設株式会社代表取締役会長の松田順治さんです。体の健康のためには心の健康も大切。自分は笑いヨガをしたりオンラインで落語をしたりしている。皆さんも笑いの力で心も体も元気に!と力を込めます。



飛栄建設株式会社


  

Posted by 福津京子 at 15:19Comments(0)専門職

2020年07月13日

第1723回 北海学園大学 フリー フォームレス ジャズオーケストラ OB会長 小杉啓文さん

昭和47年に誕生し、OBOGは300人。プロも多く輩出した。自分が会長になった年に40周年を迎えるということで、大掛かりな2部構成のイベントを1年かけて準備した。参加者の盛り上がりを見て、セッションはイベントだと感じた。自分は発信したり企画を考えたりするのが大好き。現役とOBを橋渡しするような存在でありたいと語ります。今日のゲストは北海学園大学フリー フォームレス ジャズオーケストラOB会長の小杉啓文さんです。 釧路出身。小学校の時にお祭りで見た釧路湖陵高校ブラスバンドの演奏を見て感動。以来、追っかけのように演奏を楽しんだ。中学生になると迷わず吹奏楽部へ。以来40年近くトロンボーンを吹いていると笑います。



北海学園大学フリー フォームレス ジャズオーケストラ

  

Posted by 福津京子 at 10:06Comments(0)音楽を楽しむ人

2020年07月07日

第1722回 有限会社マーベルサプライ代表取締役社長 田邊慎太郎さん

データの分析とWebマーケティングをしている。最近好評なのが、グーグルカレンダーにスケジュールを入れると、ミーティングやZOOMの予約が完了するシステム。自分のカレンダーをオープンにして、お客さん自身がスケジュールを入れられるようにすることで、リスケジュールはほとんど無くなったと振り返ります。今日のゲストは有限会社マーベルサプライ代表取締役社長の田邊慎太郎さんです。札幌のシンクタンクで研究員をしながらデータ分析の基礎を学び独立。IT企業のパートナーになり、良い製品を見つけて使用感を確かめ、良ければ企業に提案する「作らないIT企業」。HubSpotという企業と出会い、会社の情報を全てオープンにするスタイルに共感。今までやってきた事をブログや動画でどんどん配信し続けてきたところ、コロナ禍でWeb閲覧が6倍になったと語ります。



有限会社マーベルサプライ

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)IT系

2020年07月06日

第1721回 合同会社tomonasu CEO 嶋本勇介さん

全国の高校生向けにオンラインで無料の塾を開催。内容は5科目以外で、教育の専門家ではなく様々な仕事をしている人生の先輩と出会えること。お話を聞いた後のディスカッションで、どれだけ主体的に参加できているかは重要。一方で「意識高い」と揶揄され、学校の中で生きづらくなる事の無いよう、今の居場所との摩擦が起きないようにする事も大切だと語ります。今日のゲストは合同会社tomonasu CEOの嶋本勇介さんです。祖父も父も校長先生で、自分も教育者を目指していた。しかし学生時代に学習塾で教えた事をきっかけに、自分は教育に関わりたいけれど先生になるのではなく、学校の外の人と先生を繋げるような仕事がしたいと考えるようになったと振り返ります。



合同会社tomonasu


  

Posted by 福津京子 at 10:54Comments(0)公共人材教育者

2020年06月30日

第1720回 北海道日建設計 代表取締役社長 久保田克己さん

東京タワー、名古屋のテレビ塔、そして札幌テレビ塔を設計した会社。鉄骨で高い塔を作るというのが当時の技術の最先端だった。技術はどんどん進化する。自分たちのやった仕事が地図に載り、みんなの記憶にも残る所がやりがいに繋がると語ります。今日のゲストは北海道日建設計代表取締役社長の久保田克己さんです。子供の頃にテレビで見た、肩にセーターをかけオープンカーに乗るカッコイイ建築家になりたかった。ところが勉強を深めるうちに、自分にはどの分野が向いているのかがわからなくなった。大学院に進み、納得のいく勉強をしてから設計の仕事に進めた事は良かったと思う。夢は子供の頃から稽古をしている剣道で、8段を取得する事。2年後に受験条件は揃うが、合格率は0.5パーセント。母校北大剣道部の監督をしながら挑戦したいと力を込めます。



北海道日建設計

  

Posted by 福津京子 at 14:07Comments(0)率いる人建築・設計

2020年06月29日

第1719回 おウチで大北海道展 / フリーアナウンサー 国井美佐さん

テレビ局のアナウンサーとして仕事をする中で、全道各地の美味しいものを沢山食べ歩いてきた。ところがコロナの影響で物産展で売る予定の在庫が浮いてしまうなど大変な状況に。これまでお世話になった生産者さんや飲食店さんの顔が浮かび、私に出来ることはないかと必死で考え4月8日に立ち上げたと語ります。今日のゲストは北海道の人と食を応援するための通販サイト「おウチで大北海道展」を運営している、フリーアナウンサーの国井美佐さんです。今年1月に10年以上勤務したテレビ局を退職、家業の広告制作会社で働き始めたばかりだった。仕事柄、webサイトは作ることはできる。これまでの経験を生かし、写真や文章の他に味や香りなど動画で紹介することだってできる!そう思い立ち応援サイトを立ち上げようと動き始めると、送料や運営費、カード決済手数料などなど、検討案件が山積していたと振り返ります。



おウチで大北海道展

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)メディア人

2020年06月23日

第1718回 熱中小学校江丹別分校 伊勢昇平さん

「もういちど、7歳の目で世界を…」をコンセプトに、全国から集まる様々な教諭陣の授業を通じて大人が学ぶ。自分の故郷から発信し、この地域から人を育てたい。一歩踏み出すためのきっかけ作りをしたいと力を込めます。今日のゲストは熱中小学校江丹別分校用務員の伊勢昇平さんです。牧場をやりたくて江丹別へ移住した両親を手伝いながらも、自分の故郷にはコンプレックスしかなかった。高校を卒業したら大嫌いな故郷を離れて世界を相手に仕事がしたい。その為に英語の勉強を頑張っていた。個人レッスンで教えてくれた英語の先生は熱血漢。その先生に将来の夢を話した時「おまえの親父が絞っている牛乳でチーズを作って世界一にもなれるぞ」と教えられてハッとした。チーズ作りのために自然や菌などの勉強をするうちに意識が変わり、父を尊敬する気持ちが強くなったと振り返ります。



熱中小学校江丹別分校

伊勢ファーム BLUE CHEESE DREAMER 

  

Posted by 福津京子 at 10:48Comments(0)生産者教育者