さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (37)
観光 (14)
医師 (13)
落語 (11)
札幌人図鑑

2019年09月03日

第1641回 信号機マニア 岩原拳士朗さん

ストリートビューや”信号ファン”とのやりとりを駆使し、47都道府県各地の珍しい信号機を記録している。写真を撮り、HPへ掲載。その数なんと3万枚。信号機の耐久年数は通常30年なので、古い信号機はビンテージ感覚で追いかけていると笑います。今日のゲストは信号機マニアの岩原拳士朗さんです。小さい頃から、親に「高速はのらないで」とせがむほど信号機が大好き。整然と光が動く姿が魅力的で、模型を作ったり絵を描いて街を作ったり。古くて珍しい信号機は減っているけれど、新しくて珍しい信号機もあるので制覇したいと力を込めます。昨年6月、タモリ倶楽部への出演が話題に。



Let's enjoy signal!!



  

Posted by 福津京子 at 09:53Comments(0)大学生愛好家

2019年09月02日

第1640回 株式会社シェアスタック/札幌モデル事務所ジーパーズ 髙田祐匡さん

会社の母体はWEBコンサルティング。WEBを活用して成功出来そうな事業を探し、競合他社が少ないと見込んで2014年にモデル事務所を設立。子供達の「いつもの笑顔」を動画で紹介し、年間のアクセスは15万PV。キッズモデルの所属では道内1位になったと振り返ります。今日のゲストは株式会社シェアスタック/札幌モデル事務所ジーパーズ、代表取締役の髙田祐匡さんです。新卒で全国展開している経営コンサルティング会社に7年勤めた。そこは業界では珍しく料金を明確にすることで業績を伸ばしていた。企業改善にはいろんな方法があるが、人間性なくして専門性は発揮できないと語ります。



株式会社シェアスタック

札幌モデル事務所ジーパーズ

  

Posted by 福津京子 at 10:03Comments(0)経営者

2019年08月28日

第1639回 北海道産ドッグフード だいち 小林宏幸さん

ご飯を食べなくなったワンちゃんや病気のワンちゃんを救うドックフードを作っている。カリカリや缶詰じゃない生肉のドッグフード。ワンちゃんが元気になると、心配でノイローゼ直前だった飼い主まで元気になり感謝の手紙が届くと語ります。今日のゲストは北海道産ドッグフードだいち、代表取締役の小林宏幸さんです。大学卒業後、食品会社へ就職。工場・経理・営業など一通り経験し、会社はどうやって回っているかを学んだ。最高基準の食品知識を身につけたものの残念ながら会社が倒産。何をしようか考えていた。すると友人から「愛犬がドッグフードを食べない」と打ち明けられ、そんな犬がいることに驚き、何が入っているのか袋の裏を見た。使っている成分を見た時は衝撃を受けたと語ります。



北海道産ドッグフードだいち

  

Posted by 福津京子 at 22:09Comments(0)専門職

2019年08月27日

第1638回 北海道教育委員会 委員 鶴羽佳子さん

HBCアナウンサー、NHKキャスターを経て、現在は研修講師をしている。新人社員研修では電話の取れない人も多いけれど、トレーニングを重ねれば「企業電話応対コンクール」で全道優勝するまでに。札幌東商業高校の生徒も4年連続出場しているが、やり続ける事で先生達の意識も変わってきたと感じる。「ことば+コミュニケーション」が大切なことを伝えたいと語ります。今日のゲストは北海道教育委員会委員の鶴羽佳子さんです。キャリアを買われ教育委員会に関わるように。すると北海道の子供達は全国と比べ体力が著しく低いことを知る。そこで地域の小学校で「運動教室」を始めた。遊びながらかけっこや鞠つき、ケンケンパだって運動のきっかけになると力を込めます。



北海道教育委員会

鶴羽佳子さんのオフィシャルブログ

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)教育者

2019年08月26日

第1637回 メンタルトレーナー 青山夕香さん

仕事は主に大学で講師をしたり、企業で研修をしたり。数えてみると年間500本にもなっており我ながらびっくり。去年から「勝ち組ビジネス講座」を開催。いろんな業種の人が集まるし、若い人から学ぶことも多いので楽しいと語ります。今日のゲストはメンタルトレーナーの青山夕香さんです。ミス札幌を経て司会業に。みんな仲良くでは没個性だ!敵がいてなんぼ…むしろ「嫌われてるよ」をエネルギーに仕事をしていた。ところがある日、こんな働き方では面白くない、もっと愛されるキャラクターになりたいと一念発起。メディアの仕事を一切止めて講師業一筋に。収入はガクンと減ったが、ニーズに応えて資格を増やし一生懸命勉強して一生懸命に教えていたら、以前より稼げるように。気づけば教え子が仕事をくれるようになっていたと笑います。



青山夕香さんブログ

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)人材育成

2019年08月21日

第1636回 ときどき落語家 月の輪熊八さん

高校教師を定年し、現在は北海道高等学校長協会事務局ほか、大学や専門学校で非常勤講師をしている。一方、ときどき飲食店で開催される寄席や町内会などからお声がかかり月に5〜6回高座に上がっている。懇親会でお客さんに小話など教えると、やたら盛り上がると笑います。今日のゲストはときどき落語家の月の輪熊八さんです。大学進学のため静岡へ。土地勘がなく心細いなか、下宿の隣の学生に誘われ連れて行かれたのが落研だった。最初に着物を作らなくてはいけなくて両親に泣きつくと、高校時代からは想像がつかないと驚愕されながらも買ってくれた。そこからは夢のような学生時代。老人ホームを慰問したり学内のイベントで司会をしたり。卒業して高校教師になってからもその楽しさが忘れられず、学内に落研を作り生徒たちに落語を教えた。思えば落語がなかったら、大人しかった自分は教師になっていなかったかもと振り返ります。



*お問い合わせは札幌人図鑑まで
 過去のイベントはこちら

  

Posted by 福津京子 at 09:56Comments(0)落語

2019年08月20日

第1635回 ゲストハウスオーナー / 絵師 林匡宏さん

500メートル美術館で展示中の「思考するドローイング」は、誰かの頭の中の街の将来像をビジュアル化した作品。通常、ポストイットを使い言葉で交わす議論をイラストにすることで共有しやすくなる。5〜6個の作品を並べると12メートルになったと語ります。今日のゲストはゲストハウスオーナーで絵師の林匡宏さんです。建築事務所に就職して土地開発研究チームで仕事をしていた。コンサルをする中で、まちづくりの面白さにのめり込んでいき30歳から市立大学大学院へ。研究対象に江別市を選び、古民家再生やミズベリングなどまちづくりを実践的にやっていた。もっと地に足をつけて事業をやりたいと思いゲストハウスを作ると、たった1週間でコミュニケーションカオスなスペースができたと笑います。



林 匡宏さん Facebook

  

Posted by 福津京子 at 09:16Comments(0)ゲストハウス