さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (21)
観光 (11)
医師 (10)
札幌人図鑑

2018年02月06日

第1407回 絵本セラピスト 森景子さん

絵本は子どものものと思われがちだけど、人生経験を積んだ大人だから面白い絵本もある。絵本の読み聞かせで、子どもはもちろん大人を笑顔に。最近は企業の社内研修やチームビルディングでも、絵本が大活躍なのだと語ります。今日のゲストは絵本セラピストの森景子さんです。幼稚園の先生をしていたが、結婚出産を経て専業主婦に。しかし45歳の時にふと、残りの人生どうしようと立ち止まる。やっぱりお母さんに寄り添う仕事がしたいと幼児教室に勤めながら保育士の資格を取った。すると受け持った子の中に「笑えない子」がいたと振り返ります。



森さんのWeb めめさんの絵本 de TeaTime

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)子育てカルチャー

2018年02月05日

第1406回 美術家 伊賀信さん

幾何学的な形をモチーフとした、一見建築模型のような抽象作品を制作している。2年前、真駒内柏丘の住宅街にシェアアトリエ「UI(ウイ)」をオープン。遅い時間に製作しがちなので、ご近所さんと仲良くしたくて定期的にマルシェをしていると語ります。今日のゲストは美術家の伊賀信さんです。もともと家具オタクで、家具屋の営業マンをしていた。絵や建築も好きで、ギャラリーでも店舗でも個人宅でも、絵と融合できる空間作りがしたい…そんな想いが募り10年前に独立。オリジナルの家具作りから始め、徐々にアート作品のオーダーが増えていった。子供の頃に感動した映画「2001年宇宙の旅」の中で象徴的に現れる謎の物体「モノリス」を、2001年1月に「ファンの誰よりも早く!」と意気込んで発表したと笑います。



伊賀信さんFacebook

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)芸術・文化

2018年01月31日

第1405回 一般社団法人札幌カーリング協会 小高正嗣さん

選手からスタートして、試験を受けて審判となり、若手が世界大会出場の際はコーチとして遠征に参加したことも。2017年冬季アジア大会では審判代表として札幌ドームで挨拶をして、めちゃめちゃ緊張したと笑います。今日のゲストは一般社団法人札幌カーリング協会理事で競技部部長の小高正嗣さんです。地球以外の大気の分析が専門で、東大大学院時代に指導の先生と一緒に北大大学院へ。今は助教をしている。長野オリンピックの直後に来た北大で「カーリングサークルを立ち上げる」というチラシをもらい、興味を持って手を挙げた。お世辞にも良い環境とは言えない中での練習だったが楽しかった。そんな中、当時の会長が「札幌に専用リンクを作るぞ!」と打ち上げた。周りは大喜びしてたけれど、ホームができれば支える責任が生じる、世界レベルの大会ができるようにしないとと感じ、不安に思ったと振り返ります。



一般社団法人札幌カーリング協会

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)スポーツ人

2018年01月30日

第1404回 key-planning 代表 星野恵さん

夫の転勤で九州から札幌へ。4人の子どもの子育てをするには、靴・手袋・帽子・つなぎ…冬用衣料がとにかく物入りで驚いた。そこで「お下がり交換会」を企画。フリーマーケットと違い気軽で役に立つと好評で、参加者はどんどん増えていると語ります。今日のゲストはkey-planning代表で子育て相互支援団体かえりん代表の星野恵さんです。実は以前、同僚が産後鬱で自殺した。電話で相談を受けたのに何もできなかったという、消化できない気持ちを今も抱えている。茶話会などに来て、相談できる人は大丈夫。問題はそこにも来られないようなお母さん。実は「お下がり交換会」は、人とのふれあいができるいい手段になっていると振り返ります。



key-planning ブログ

子育て相互支援団体かえりん

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)子育て

2018年01月29日

第1403回 タヒチアンダンススタジオ「Vaihiria Tahiti」主宰 KAZUEさん

上半身を動かさず下半身を中心に使う。新陳代謝も上がるし、運動不足解消やストレス発散にもなる。道産子には特にお勧めだと語ります。今日のゲストはタヒチアンダンススタジオ「Vaihiria Tahiti」主宰のKAZUEさんです。タヒチに行くご縁があり、黒真珠のお店で働いていた。もともと人と接するのは苦手だったはずなのに、タヒチの人間関係は日本の昭和初期のようにあたたかくゆったりしており、その暮らしぶりに日に日に癒されていった。ある日、みんな踊っているからと近くのダンススタジオで体験すると、打楽器の生演奏が気持ち良くてやめられない。その日から夢中で練習し、プロダンスチームに所属するまでになったと振り返ります。



タヒチアンダンススタジオ「Vaihiria Tahiti」

  

Posted by 福津京子 at 10:43Comments(0)カルチャーダンサー

2018年01月24日

第1402回 笑顔の重ね煮料理教室 みなみな。 佐藤操さん

決められた順番に、切って重ねて弱火で蒸す。保存もできるしお料理のバリエーションも増える「重ね煮」料理は、調味料は少なく済むし食べると元気になると語ります。今日のゲストは笑顔の重ね煮料理教室 みなみな。の佐藤操さんです。野菜嫌いだったのに、小学生の頃から自分で弁当を作るほど料理は好きだった。大人になって色々あり、ある時から急に鬱に。布団から出られなくなった。薬で治療を続けたが、幻聴や幻覚を見るようになり、怖くなって薬をストップ。ところが友人の紹介で「重ね煮」を食べると、美味しくて美味しくてなんじゃこりゃあ!?食べ続けるうちどんどん運命が変わり、今はとっても幸せだと振り返ります。



笑顔の重ね煮料理教室 みなみな。Web

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)食関係

2018年01月23日

第1401回 北海道姿勢調整師会代表 伊藤知美さん

毎年春になると小中学校からの講演依頼が増えるほど、幼児期から姿勢が悪く運動不足の子が多い。よく転ぶ子は何か問題があると思ったほうがいいし、姿勢を直すと性格まで変わると語ります。今日のゲストは北海道姿勢調整師会代表の伊藤知美さんです。小さい頃から体調が悪く、毎日頭が痛かった。病院へ行っても異常が見つからず、医者から「君には夢がないんじゃないか?」と言われ、悔しさから医者嫌いに。しかし親にも打つ手がなく、痛みを抱えたまま成長した。社会人となり体調不良の原因を自分なりに調べ尽くし、あるとき「姿勢」に辿り着く。すると、めまい・頭痛・吐き気が劇的に解消。小さい頃からの苦しかった日々から解放され、痛みのない体を初めて手に入れたと振り返ります。



伊藤知美さんのブログ


  

Posted by 福津京子 at 09:43Comments(0)健康