さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。現在は札幌の魅力ある人材を動画で毎日配信するのがライフ&ライスワーク。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行っています。(第1211回以降の編集は水上志乃さんが担当しています)2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にて番組化され、現在は月・火・水の放送です。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (17)
観光 (11)
札幌人図鑑

2017年04月12日

第1288回 北海道ボランティアドッグの会 長谷川昌子さんとセラピー犬の花ちゃん

仕事が薬剤師で高齢者対象の調剤をしており、認知症の施設に行く機会が多かった。セラピー犬を家族のように連れて行き、入居者さんと触れ合いの時間を持つと大好評。セラピー犬の入れる施設は、介護保険適用でもいいのではと語る。今日のゲストは北海道ボランティアドッグの会の長谷川昌子さんと、セラピー犬の花ちゃんです。震災のごちゃごちゃの中で生まれ、福島から飛行機で来た花ちゃん。3年保護施設で過ごした後、縁あって家族に。セラピー犬になるための特別な訓練というものはなく、飼い犬が試験を受けて適性があると認められればセラピー犬になれる。まだまだ数が少なく待機状態なので、ぜひ適性検査を受けて、ボランティア活動に参加してほしい。楽しいし、癒されますよと語ります。



北海道ボランティアドッグの会

  

Posted by 福津京子 at 10:24Comments(0)

2017年04月11日

第1287回 札幌龍谷学園高等学校 ダンス部

フロリダで開催された世界パフォーマンスチア選手権に初出場し、ヒップホップ部門で見事優勝!海外の選手は体が大きく綺麗で大人っぽいが、本番前は「頑張って!」と声を掛け合うフレンドリーさがあった。日本は技術面が高く、細かい部分もピタッと揃える所が高評価だったと振り返ります。今日のゲストは札幌龍谷学園高等学校ダンス部の、星川さん、山出さん、佐藤さん、朝岡さん、齊藤さん、越智さんです。練習は毎日4時間。部活を離れてもいつも一緒でとにかく仲良し、今が青春!と笑う。ダンス部には、先輩に従う、校則を守る、勉強頑張るという3つの掟が。守れないと練習に支障が出るので必死に守る。テストの成績も部長が確認。赤点を取ると、普段以上のトレーニングが待っていると語ります。



札幌龍谷学園高等学校


  

Posted by 福津京子 at 07:19Comments(0)高校生

2017年04月10日

第1286回 マジシャン 加藤寛さん

昨年11月に開催された「北海道クロースアップコンテスト」で見事優勝。審査員を設けず集まったお客さん一人一人が一票を投じるスタイルで、テーブルマジックの一番を決めるため腕を競った。今日のゲストはマジシャンでスパイスフード&マジックバー「ツイスター」オーナーの加藤寛さんです。子供の頃はSOGOの実演販売で、その後Mr.マリックの超魔術に驚き再び火がついたマジック熱。働きながらも勉強を続ける中、福岡で師匠と仰ぐほど腕のいいマジシャンと運命の出会い。意気投合してその後一緒に全国のマジックバーを見て回ったと振り返る。最近は結婚式の二次会で新郎新婦も巻き込んで楽しめるマジックなど、パーソナルな演出のマジックが好評だと語ります。



スパイスフード&マジックバー ツイスター

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)飲食店専門職

2017年04月05日

第1285回 脚本・演出・役者 白鳥雄介さん

若手大集合の演劇フェス「遊戯祭」に参加。2017は谷川俊太郎の詩をモチーフにした演劇を3つのチームが上演する。詩の巨匠の作品をどう遊ぶのかが腕の見せ所と語ります。今日のゲストは脚本・演出・役者の白鳥雄介さんです。中学の時、同級生とコンビを組んでお笑いでステージに立つと大爆笑。味をしめて腕を磨き高校時代は「M-1甲子園」に出場し、2年連続全国大会へ駒を進める。なんばグランド花月の舞台から見た風景は今も忘れられず、自分の歴史で一番輝いていた。あれですっかり「おだちまくり(調子に乗り)」、教育大へ進学して教員資格を得るも卒業後は芝居の世界へ。バイトをしながら舞台に立つ、勉強の日々が始まったと振り返ります。



遊戯祭17 HP

白鳥雄介さん Facebook


  

Posted by 福津京子 at 14:07Comments(0)演劇人

2017年04月04日

第1284回 北海道共同募金会事務局長  天羽啓さん

共同募金は今年で70年。これまでお世話になったボランティアさんや長きにわたり活動をされてきた方に、賞状や記念品をと考えている。皆さん知りたいことの一番は「使い途」。北海道だけで1年間で3千数百件あり、伝えるのが難しいと語ります。今日のゲストは北海道共同募金会事務局長の天羽啓さんです。共同募金といえば福祉のためというイメージが強いが、福祉の活動団体・施設から申し込みを受けて分配する一方で、災害に備えて積み立てもしている。災害があると被災された方のニーズを聞き、マッチングやバックアップの為のボランティアセンターができるが、センターの立ち上げや運営の資金としても共同募金の積み立てが使われている。義援金、支援金、災害等準備金のお話も。



北海道共同募金会


  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)ボランティア

2017年04月03日

第1283回 ボディバランスアドバイザー  青木優子さん

最初は「腕が痛い」と言っていたのに、膝の手術をしたり、ギックリ腰になったり。痛いところを庇って違う症状が出るケースが多いので、気持ちも含めた全体を診ることが大切。10年来のお付合いになるお客様が多いと語ります。今日のゲストはボディバランスアドバイザーで「からだ塾」代表の青木優子さんです。最初に勤めた会社がエステ業を始め、痩身・フェイシャル・あかすり・マッサージなど一通り学ぶ事ができた。その後、少年団のトレーナーなどスポーツ系に傾倒。結婚出産で少しお休みをしたが、子育てをしながら働ける所を探し、夫が会社から帰ったら子育てをバトンタッチ、週に2〜3回夜の時間帯でマッサージの仕事を再開。独立しておうちサロンで頑張っている同業者のために「からだ塾」を立ち上げたのは1年前。同業者の友達ができると好評だと語ります。



からだ塾 Web

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)専門職子育て

2017年03月29日

第1282回 北海道アルバイト情報社「いいね!農style」担当  伊藤新さん

2009年より年に一度発行している「いいね!農style」。当時会社が40周年目前だったことから、北海道に恩返しをという思いで農業を応援するフリーペーパーを制作することに。農業を全く知らないところからスタートしたが、取材をすると皆さん人生について語り始め、どんどん面白くなったと語ります。今日のゲストは北海道アルバイト情報社「いいね!農style」担当の伊藤新さんです。大卒で会社に入り25年、よくいるサラリーマンの正しい姿として仕事をしてきた。それでいいと思っていたけれど農家の人と出会い、農業が暮らしそのもの、働くことが人生そのものである姿に触れ「あれ?僕はどうなんだろう?」と考えるように。そうやって取材を進めるなか、自分の人生もどんどん変わっていったと振り返ります。



北海道アルバイト情報社「いいね!農style」

  

Posted by 福津京子 at 09:26Comments(1)メディア人