さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (27)
観光 (13)
医師 (12)
落語 (10)
札幌人図鑑

2018年10月02日

第1503回 日本メンズヘルス医学会名誉理事長 熊本悦明さん

40~50代の男性は、仕事で隙を見せたくない為に体調不良を我慢しがち。ストレスから鬱になる人も多いが、この時、薬を服用するより男性ホルモンを調べて欲しい。少なくなった分を補充することで元気になると語ります。今日のゲストは日本メンズヘルス医学会名誉理事長の熊本悦明さんです。男性ホルモンの少ない人は男性更年期になると言うと40年前は怒られたが、いまではよく知られる様になった。たんぱく質の歪みがきつくなる75歳までのケアが大事。自分は89歳だが元気に仕事を続けている。エンジンオイルを足せば、ハイウェイも走れるよと笑います。



日本メンズヘルス医学会

  

Posted by 福津京子 at 09:41Comments(0)医師

2018年10月01日

第1502回 メダリストの妻 原田恵子さん

40代後半にさしかかり、自分を見失い気持ちがモヤモヤ。そんな中で心理学に出会い、学ぶうち心の蓋が開いていった。逃げたり言い訳したりせず、やりたい事には挑戦してみよう。そう思い、これまでの人生を一冊の本にまとめたと語ります。今日のゲストはオリンピックメダリスト・原田雅彦選手の妻、原田恵子さんです。期待されたリレハンメルで銀メダル。世間の反応はあまりに冷たかった。それが長野で金メダルを取ると一転し、英雄としてもてはやされた。社会への不信感で家から出られなくなったことも。しかし振り返れば、たくさんの方に助けられ今日を迎えられた。昔は恨みつらみで泣いていたけど、今は感動と喜びの涙でいっぱい。最近はモデル事務所ジーパーズに所属。憧れだったモデルの仕事もスタートしたと笑います。



札幌モデル事務所ジーパーズ

「年齢を言い訳にしない自分の育て方」 原田恵子/著

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)出版

2018年09月26日

第1501回 FP For You 代表 稲村優貴子さん

ご縁があれば結婚するけど、このまま一人でも大丈夫なようにライフプランをしっかり立てたい。そんな30代40代の女性の相談が増えた。ファイナンシャルプランナーはお金を増やすプロと思う人もいるけど、その人にとってのお金がどういうものか、その人の人生にとって何に使うのがいいかを一緒に考えるのが仕事だと語ります。今日のゲストは FP For You 代表の稲村優貴子さんです。父が銀行員で、子供の頃からお金の管理はきちんとしていた。短大時代から金券ショップを利用したり、懸賞に応募するなどやりくりが大好き。そうやって貯めた「つもり貯金」で家族旅行に行ったことも。ちょっとお茶を飲む程度の小さなお金を「ラテマネー」というが、これがなかなかバカにならないのだと笑います。



FP For You Web

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)専門職

2018年09月25日

第1500回 北海道コンサドーレ札幌 都倉賢さんと荒野拓馬さん

おかげさまで、札幌人図鑑は1500回を迎えました。本当に有難うございました!!

1500回を記念してスペシャルゲストをお迎えしました。北海道コンサドーレ札幌の都倉賢さんと荒野拓馬さんです。新札幌サンピアザ光の広場で行われた公開収録の様子を、時間を延長してまるっとお届けいたします!会場のお客様とのやりとりも含めてお楽しみください。



北海道コンサドーレ札幌

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)スポーツ人

2018年09月24日

第1499回 株式会社シンク 代表取締役 小泉良孝さん

医療用ビデオや企業のインナービデオなど、プランニングを中心とした仕事をしている。現在はモンゴルにも会社があり、中国など海外の仕事が増えてきたと語ります。今日のゲストは株式会社シンク代表取締役の小泉良孝さんです。高校時代、学校の授業で「私は貝になりたい」を見てラジオドラマを作りたいと思った。上京しPAのバイトをしながら、憧れだったオールナイトニッポンの仕事も。ところが腰を痛めて札幌へ帰る事になり、縁あって映像制作会社で働いた。40歳で独立したのは、人に使われるのが嫌だったから。しかしリーマンショックや東日本大震災など、広告業界を揺るがす大きな出来事が起こるたび、同業の仲間に助けられてきたと振り返ります。



株式会社シンク

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)専門職

2018年09月17日

お知らせ

いつも札幌人図鑑をご覧いただきありがとうございます。先週は震災情報をお届けするため札幌人図鑑はお休みでした。このため、今週のWebの更新もお休みになります。来週からまた、元気にお届けいたします!どうぞ宜しくお願い致します。  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)

2018年09月12日

第1498回 ソムリエひげだるま先生 菅原明洋さん

カフェの夜時間を借り、ワインバーを開いてる。店にメニューはない。お出しするのはお客様の要望に合わせた「ソムリエ飯」だと語ります。今日のゲストはソムリエひげだるま先生の菅原明洋さんです。高校時代からお酒の世界で働きたくて、教科書よりもカクテルブックを猛勉強。丸暗記をして卒業と同時にフランス料理店に勤務した。そこでワインを覚え、ソムリエの資格を取得。32歳で独立し、ススキノで野菜料理とワインの店を10年経営した後、現在のスタイルに。野菜にこだわり道内の農家さんとの関わりが増えたある日、規格外で廃棄されるブドウがたくさんあると泣きつかれた。なんとか力になりたくて全部購入し、無添加のレーズンを作ろうと思いたつ。特殊な乾燥機を使って試作を繰り返し、酸化防止剤や防腐剤を使わない北海道産レーズンが完成。ワインによく合い、お客さまが喜んでくれると笑います。



ワインバー cafe & shop Seed

  

Posted by 福津京子 at 07:00Comments(0)飲食店食関係