さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


インタビュアー
福津京子
コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。札幌の魅力ある人材をインタビューして動画で配信。取材・撮影・編集・掲載まで、全部一人で行い、1年365日毎日更新、3年がかりで1000人のインタビューを達成。その後、2015年11月2日(第1001回 ゲスト:秋元市長)よりJCOM札幌にてめでたく番組化。月・火・水の放送で、現在も更新中。放送日の翌週、このサイトにアーカイブしています。第1211回以降、編集のみ外部スタッフが担当しています。
Facebook公式サイト
イイネ!よろしくお願いします。

*お願い*
出演者ご本人以外の、動画の無断転載はご遠慮ください。
福津へメッセージはこちら
カテゴリ
NPO (33)
福祉 (11)
NGO (1)
IT系 (37)
観光 (15)
医師 (13)
落語 (11)
札幌人図鑑 › 落語 › 第1636回 ときどき落語家 月の輪熊八さん

2019年08月21日

第1636回 ときどき落語家 月の輪熊八さん

高校教師を定年し、現在は北海道高等学校長協会事務局ほか、大学や専門学校で非常勤講師をしている。一方、ときどき飲食店で開催される寄席や町内会などからお声がかかり月に5〜6回高座に上がっている。懇親会でお客さんに小話など教えると、やたら盛り上がると笑います。今日のゲストはときどき落語家の月の輪熊八さんです。大学進学のため静岡へ。土地勘がなく心細いなか、下宿の隣の学生に誘われ連れて行かれたのが落研だった。最初に着物を作らなくてはいけなくて両親に泣きつくと、高校時代からは想像がつかないと驚愕されながらも買ってくれた。そこからは夢のような学生時代。老人ホームを慰問したり学内のイベントで司会をしたり。卒業して高校教師になってからもその楽しさが忘れられず、学内に落研を作り生徒たちに落語を教えた。思えば落語がなかったら、大人しかった自分は教師になっていなかったかもと振り返ります。



*お問い合わせは札幌人図鑑まで
 過去のイベントはこちら

第1636回 ときどき落語家 月の輪熊八さん

同じカテゴリー(落語)の記事
 第1495回 落語家 橘家富蔵さん (2018-09-05 07:00)
 第1299回 落語家 桂三段さん (2017-05-09 09:39)
 第840回 素人噺家 藤花亭梅殊さん (2014-10-18 11:41)
 第774回 噺家 春風亭柏枝さん (2014-08-13 13:47)
 第732回 しらぎく亭 舟見恭子さん (2014-07-02 09:35)
 第682回 素人噺家 綴家段落さん (2014-04-13 14:03)

Posted by 福津京子 at 09:56│Comments(0)落語
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
第1636回 ときどき落語家 月の輪熊八さん
    コメント(0)